豊かな竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
日本唯一の虎斑竹ならではの独特の美しい虎模様を活かしたサイフで、竹と牛革で仕上げた虎竹二折財布 虎竹二折財布、さいふ、サイフ、二つ折り、二つ折れ、竹製、虎斑竹、とらたけ、たけとら

竹が主役の虎竹二折財布

竹を編んだり染めたりして形に手を加えるのではなく、自分たちの古里の山そのままの虎竹にできるだけ近く、虎竹が主役の財布が出来たらと思ったのです。竹の表皮は硬いので、ジーンズの後ろポケットも、この通り。スーツの内ポケットや鞄に入れてご愛用いただくのがオススメです。

虎竹二折財布、虎模様、とらふだけ、虎斑竹、とらたけ、トラタケ、色、模様、日本唯一

日本唯一の虎竹模様

虎模様の竹は日本でも安和の虎竹の里でしか成育しない不思議な竹。この自然の美しさを、いつも身近に感じてシンプルに楽しんでもらいたい、そんな思いが形になりました。

虎斑竹

日本で唯一 土佐の虎斑竹(とらふだけ)

「虎斑竹(虎竹)」は淡竹(ハチク)の仲間に分類され、高知県須崎市安和の虎竹の里でのみ、稈の表面に虎模様が浮かぶ不思議な竹です。この模様は、幹に付着した寄生菌や潮風の作用によるとの学説もありますが、科学的には未だ解明されていません。実際に各地方に移植を試みましたが、何故か模様が付く事はありませんでした。

明治44年、当時日本最高の植物学者達が絶滅寸前の虎斑竹の保護のために、建白書を時の政府に提出しました。これが今日の天然記念物条例発布の導火線となり、天然記念物保存法が発令され虎斑竹はその第一号の指定を受けたのです。

虎竹の油抜き,虎竹の里

イギリスBBC放送も取材に来た「ミラクルバンブー」

左の写真が、自然に生えている状態の虎竹です。この虎竹をガスバーナーで炙り、竹自身から出る油分で拭き上げると右の写真のように虎模様がはっきりと浮かび上がります。この珍しい虎竹(Tiger Bamboo)を取材するためにイギリスBBC放送までもが虎竹の里を訪れ神秘的な虎竹に「ミラクル!」を連発されていました。

竹職人と虎竹

竹職人達の想いが繋ぐ虎斑竹

竹は秋から1月下旬までが伐採のシーズンです。虎竹もこの期間に一年分をまとめて伐ります。竹職人達は急勾配の山道を運搬機と共に分け入り、一日中重たく長い竹を切り運び出すのです。そして、大きさや品質で選別したのち、ガスバーナーによる油抜き、矯め直しという製竹作業を行います。一本一本の個性を最大限に生かすために、熟練した職人の手で竹を炙り、まっすぐに矯正されるのです。こうして製竹された虎竹が、様々な竹製品へと生まれ変わります。

虎竹二折財布、改良、お札入れ、マチ、収納、内装

改良点

革の財布と違い竹の財布は硬さがありお札が取り出しにくい欠点がありましたので、お札をいれる部分の片方にマチをいれ使いやすく改良しました。

静かな竹工房

虎竹、竹工房、竹職人

一つ一つ手作り

竹にひたむきに向き合う心地よい緊張感に包まれた竹工房には、手仕事の音だけが聞こえます。

虎竹、竹職人、革、厚み、縫製、ミシン

革の厚みと縫製

革を折り返して縫製する部分は二重になり厚みが出てしまいます。そこで折り返しの部分は革の裏部分を丁寧に薄く削りとっていくのです。完成された製品からは伺い知る事のできない職人の手作業です。そして竹工房には珍しい革縫製用のミシン。小物類の革の縫製には全てこのミシンが使われているのです。

虎竹、竹職人、角、革細工、職人技

難しい角部分

竹細工の箱物なども角の部分に職人の技量が表れますが革細工も同じようです。細かい部分は非常に難しいのですが、長年のカンと高度な技術で角のあしらいも見事に処理されています。

虎竹、竹職人、革削り、接着、革細工

革削り

革には専用の接着剤もありますが、そのままだと接着が不完全なため、わざわざ表皮部分を薄く削られて接着されます。

虎竹二折財布、さいふ、サイフ、二つ折り、二つ折れ、竹製、虎斑竹、とらたけ、牛革、手縫い

竹職人が仕上げる革のあしらい

丁寧な仕事ぶりが自慢の職人が丁寧な手縫いで革を見事にあしらっています。

虎竹二折財布、マチ、小銭入れ、コインケース、札入れ、内装、竹素材、まち、仕切りなし

マチ

仕切りなしのシンプルな札入れの片方にはマチを入れています。硬い竹素材でお札を取り出しやすいようにした工夫です。小銭入れも取り出しやすいようにマチをいれています。

虎竹二折財布、さいふ、サイフ、二つ折り、二つ折れ、竹製、カード入れ、カードホルダー、収納、ポケット

カードホルダー

左側にカードを3枚収納できるカード入れをつけました。

虎竹二折財布、さいふ、サイフ、二つ折り、二つ折れ、竹製、虎斑竹、とらたけ、経年変化、長年、愛用、変化、色

経年変化

右写真の二つ折れの虎竹財布、現在は販売されていないタイプなので恐らく7~8年以上はご愛用いただいているのではないかと思います。修理のために竹虎に戻ってきたのですが長年ご愛用いただいて風格が増していました。虎竹二折財布もご愛用の方が年齢をとるのと同じように一緒に歳を重ね、歴史を刻んでいくのです。

お客様からのお手紙

虎竹二折財布、お客様の声、韓国

一目惚れして以来、待ち焦がれていた虎竹財布!

韓国のお客様より、心のこもったお手紙が届きました。「財布の色の変化も自分の人生と共に楽しんで行きたい宝物のような存在」との嬉しいご感想をいただいております。

【有料】名入れをしてお届けします。

刻印のご注文について

有料刻印,名入れ

3つの書体から選べます

漢字、ひらがな、カタカナ…楷書体、明朝体、ゴシック体
ローマ字…斜体、明朝体、ゴシック体
12文字以内ならメッセージも承ります。

※書体のご指定が無い場合、ひらがな・カタカナ・漢字の場合は楷書体にて、ローマ字の場合は斜体にて刻印させていただきますので御注意ください。

▼ひらがな、カタカナ、漢字の場合

ひらがな、カタカナ、漢字の刻印

▼ローマ字の場合

ローマ字の刻印

画数が多い場合

画数の多い場合は刻印がうまく出来かねる事がございます。この場合には、「ひらがな」での名入れをおすすめしております。

ロゴマーク刻印

ロゴマークの刻印

ロゴマークのデータは【白黒2色】【縮小してない元の画像サイズ】でお願いいたします。データは商品ご注文完了後、下記の【ロゴデータ送付】ボタンよりメール添付にてお送りください。ご質問、疑問点などございましたらお気軽にお問合せくださいませ。(推奨データ:illustrator・PDF、画像・photoshop等は解像度350dpi以上)
※円柱形の商品はレーザー刻印の特性上、デザインに歪みがでる場合があります。

お届けまでに余分に約2日ほどお時間をいただきます。

名入れサービス等の関係で、在庫がありましてもお届けまで余分に約2日ほどお時間をいただいております。その都度ご連絡させていただきますので、何卒よろしくお願い致します。

無料ギフトラッピング

虎竹二折財布、ギフト専用箱有り

贈り物の際にはギフトラッピングを無料サービスで承け賜ります。包装紙には、日本唯一の虎模様の美しい虎竹があしらわれています。
※専用のギフトボックスがございます。

メッセージカード、熨斗について

熨斗(のし)、メッセージ対応をご希望の場合は、ご注文の際ショッピングカート内のご記入欄に、メッセージ、熨斗の表書き・お名前をお書き添えください。
※ご用命のない場合にはメッセージカード、熨斗はお付けしません。メッセージカードはその時々で変わります。
詳しい熨斗の種類はこちら >>>

虎竹二折財布、サイズ、さいふ、サイフ、二つ折り、二つ折れ、竹製、虎斑竹、とらたけ

サイズ

天然素材を手作りしておりますので、形や色目、大きさが写真と若干違う場合があります。

※ご注意ください

虎竹二折財布、模様、色、ご注意

ふたつとして同じ色柄のない自然の虎竹を使用しています。色目の濃いもの、薄めのものなど色々な柄がございますのでご了承ください。

※虎竹二折財布の保管方法
保管の際には直射日光を避け、風通しの良い場所でお願いいたします。ビニール袋など通気性の悪いものにいれての保管はカビの原因となりますのでご注意ください。

※竹の細部のあしらいや、革質、革色を変更する場合がございます。

虎竹二折財布
虎竹二折財布

虎竹二折財布

商品番号 st00005
  • 送料無料
販売価格 ¥ 27,000 消費税込 ¥ 29,700
送料込
刻印を希望する場合のみご記入ください。
商品説明
虎竹二折財布は、こだわりを持つ方におすすめの竹と牛革で仕上げた財布(二つ折り)。日本唯一の虎斑竹ならではの独特の風合いを活かしたサイフで、自然の美しさをいつも身近に感じてお楽しみください。使うほどに色艶が深まり、長年ご愛用いただける逸品です。
詳細情報

虎竹二折財布

■サイズ:
<開いた状態>約W22×H9.5cm
<二つ折りの状態>約W10.5×H9.5cm
■素材:虎竹、牛革
■原産国:日本製・国産

関連商品

前へ

虎竹万年筆

  • 送料無料
販売価格 ¥ 150,000 消費税込 ¥ 165,000
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 名人作 真竹しなり耳かき
  • 虎竹四ツ目弁当箱
  • 虎竹茶
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)