虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
ネコポスで送料無料
虎竹炭パウダー(10ミクロン)( Bamboo charcoal powder)は、希少な淡竹の虎斑竹を高温の土窯で焼き上げ微粉末にした食品添加用の竹炭粉です。 淡竹の虎竹炭パウダー

希少な虎斑竹の国産竹炭微粉末(食品添加用)

虎竹炭パウダーは模様の色付きの薄い虎竹の「白」を有効活用するために誕生した特別な淡竹の竹炭パウダーです。「白」の虎竹を利用することで虎竹林の保全にも繋がります。また、通常の孟宗竹の竹炭パウダーとは含まれる成分がほんの僅かに違いますが、基本的に大きな違いはございません。

希少な日本唯一の虎斑竹を高温の土窯で焼き上げ、微粉末パウダーにしています。粒の大きさは10ミクロン(0.01mm)と非常に細かく、無味無臭。パンやケーキ、クッキー、麺類など幅広い食品に黒い色付けをお楽しみいただける食品添加用の竹炭粉です。

便通,お通じ,便秘,腸内環境

竹炭パウダーの効果

竹炭パウダーは人間の体内ではつくりだすことができないミネラルを豊富に含んでいるため、身体の体調を整えると古くから言われています。また竹炭パウダーは栄養素のある食べ物ではなく「竹炭100%(炭素)」のため、無味無臭です。

竹炭パウダー

効果1 天然ミネラルを手軽に補給!

竹炭には、目に見えない細かい孔(あな)がたくさんあります。1グラムの竹炭の表面積は、備長炭の何と3~5倍!約700平方メートルにも達しています。竹炭の孔の中には、竹が地中から吸い上げたカルシウム、カリウム、ナトリウム、鉄分などの天然ミネラルが豊富にバランス良く、水に溶けやすい状態で含まれているのです。

竹炭パウダー

効果2 腸内環境や便秘改善などデトックス効果を期待!

「炭職人に胃腸の悪い方はいない」と昔から言われており、調子の悪い時には炭職人さんは、炭窯でそのまま炭をかじっていたそうです。また昔の忍者が解毒のために炭粉末を持ち歩いていたという話もあります。

竹炭には吸着効果があります。昔から炭を食べることが民間療法とされていたように、炭の吸着効果は、腸にたまった老廃物を吸収し、そのまま体外へ排出してくれます。そのため竹炭には腸内環境を整え、便秘改善やデトックス効果が期待できると言われているのです。

竹炭パウダー

竹炭パウダーの使い方と摂取目安量

パン生地など全体量に対し、竹炭パウダーを全体量の1~3%を目安にお使いください。もちろんお好みによって量を調節していただいてもかまいません。お水やコーヒーなどの飲み物に混ぜたり、直接飲んでいただくこともできます。

また竹炭パウダーを食べ過ぎるとよくないということは特にありませんが、竹虎では1日の摂取目安量として耳かき2~3杯程度をオススメしております。一度の使用でティースプーン1杯程度を服用される方も多くおられます。
※耳かき3杯が約0.2g、ティースプーン1杯が約2gです。

虎斑竹

日本で唯一 土佐の虎斑竹(とらふだけ)

「虎斑竹(虎竹)」は淡竹(ハチク)の仲間に分類され、高知県須崎市安和の虎竹の里でのみ、稈の表面に虎模様が浮かぶ不思議な竹です。この模様は、幹に付着した寄生菌や潮風の作用によるとの学説もありますが、科学的には未だ解明されていません。実際に各地方に移植を試みましたが、何故か模様が付く事はありませんでした。

明治44年、当時日本最高の植物学者達が絶滅寸前の虎斑竹の保護のために、建白書を時の政府に提出しました。これが今日の天然記念物条例発布の導火線となり、天然記念物保存法が発令され虎斑竹はその第一号の指定を受けたのです。

虎竹の油抜き,虎竹の里

イギリスBBC放送も取材に来た「ミラクルバンブー」

左の写真が、自然に生えている状態の虎竹です。この虎竹をガスバーナーで炙り、竹自身から出る油分で拭き上げると右の写真のように虎模様がはっきりと浮かび上がります。この珍しい虎竹(Tiger Bamboo)を取材するためにイギリスBBC放送までもが虎竹の里を訪れ神秘的な虎竹に「ミラクル!」を連発されていました。

竹職人と虎竹

竹職人達の想いが繋ぐ虎斑竹

竹は秋から1月下旬までが伐採のシーズンです。虎竹もこの期間に一年分をまとめて伐ります。竹職人達は急勾配の山道を運搬機と共に分け入り、一日中重たく長い竹を切り運び出すのです。そして、大きさや品質で選別したのち、ガスバーナーによる油抜き、矯め直しという製竹作業を行います。一本一本の個性を最大限に生かすために、熟練した職人の手で竹を炙り、まっすぐに矯正されるのです。こうして製竹された虎竹が、様々な竹製品へと生まれ変わります。

虎竹炭パウダー誕生秘話 虎竹の虎と白

虎竹の「白」をご存じですか?

虎竹の里の虎斑竹(とらふだけ)。日本でもここにしか成育しない不思議な虎模様がつく竹ですが、実は全ての竹に美しい模様がついている訳ではありません。日当たりや山の様々な条件により色つきの良い竹、色つきの良くない竹それぞれなのです。

虎模様の良く出た虎竹を親竹として残しながらも、色つきの良くない竹は間引く必要がありますので山から伐り出される虎竹が全て一級品として製品にできる竹という事ではありません。虎竹は「虎」、色つきが無かったり品質が悪い竹は「白」と呼ばれ、土場で色つきと太さ別に細かく選別されています。

虎竹

有効活用への道

色づきの良い竹は製竹され、竹細工として加工されるのですが、色つきが悪く「白」として選別された竹は製品にする事ができません。かっては「白」も壁竹用の割竹や箒の柄など様々な加工材として全国の竹メーカーさんに出荷したり、自社製品として使ったりしていました。

ところが、ご存じのように近年は土壁の住宅が減っり需要が少なくなった上に、海外からの輸入竹材が増えています。色つきの良くない虎竹材の使われていた昔ながらの竹製品の多くは、輸入商品に取って変わってしまいました。虎竹を山から伐りだすためにはどうしても虎竹のB級品とも言える「白」が出てしまいますが、この「白」の活用方法がなくなっています。 色づきの良くない竹をどうやって有効に活用していくか?竹虎にとっては大きな課題なのです。

山出し

虎竹の里も温暖化!?

かつて古老の山の職人は言いました。「虎竹は霜がおりると色が出る。」暖かな南国高知ですが、冬場にはキリリッと肌を刺すような冷たい日があります。自分の小さい頃には雪合戦ができるくらい雪の降る事もありました。そんな冷え込みが竹の色づきを助けると言われています。

科学的に根拠があるものではありませんが、自分たちの経験からも近年の温暖化は、虎竹への色づきに多少なりと影響があるように感じるのです。冬の寒さかが無くなりつつある分、色づきも良くなくなってきて土場に運ばれ、選別される虎竹の中で「白」の割合が、どんどん増えてしまっています。

虎竹

虎斑竹100年計画

竹虎は「虎斑竹の製造をこれからの100年もずっと続けていきたい」「日本の伝統文化を守り続けていきたい」そう考えています。虎竹の生産を続けるためにどうしても出来てしまう、この「白」を、何とか竹資源を無駄にせず有効利用する方法はないものだろうか?虎竹ばかり伐採して品質の悪い竹の間引きができないとしたら、虎竹の里の虎竹はどうなるのか?

毎年沢山育つ虎竹の白もどんどん有効活用していく、これが竹虎の課題です。模様が少ないからと言って、伐採しなかければ虎竹の竹林は「白」ばかりが増えてしまいます。しかし、そんな竹達を伐採しても製品加工できなければ後世に竹文化を伝えていく事はできません。100年後の虎竹を守ることは難しいのです。

虎竹炭パウダー

竹炭に活用

虎模様の少ない白ですが、虎竹の里で温かい陽射しをいっぱい受けてのびのびと育っています。土中からカルシウムやマグネシウムをたっぷり吸収して伸びる幹の中はミネラル分を豊富に含んでいます。そして竹は、消臭・抗菌作用も言われている…。色々な可能性を秘めた竹の事を、ずっと考え続けたどり着いた答えのひとつが虎竹炭であり、微粉末にするパウダーでした。

漢方薬に用いる生薬のひとつである竹茹(ちくじょ)や、竹を炙った時に出でくる竹瀝(ちくれき)は淡竹が原料です。虎竹(淡竹)には、日本唯一の独特の虎模様の他にも淡竹ならではのパワーが秘められているのではないかと考えています。

【国産】竹炭の製造とこだわり

本格土窯

なぜ「土窯」なのか

一言で竹炭といってもその品質は、原料の竹の性質(竹の品種と産地)、熱加工の過程(炭化方法と窯型式)、熱加工した最高温度(炭化の温度範囲)により、かなりの違いがあります。中でも窯の型式は竹炭の質を決定づける最重要な要因の一つです。窯は、土窯の他にも乾留炉、流動炉、キルン窯、耐火レンガ窯、移動式炭化炉などの種類があります。そして、土窯と言っても焼き方などにより白炭窯、黒炭窯があったり、鉄窯にしても工業用の炭化炉からステンレス製のもの、ドラム缶などを利用した簡易窯まで実に多種多様です。

最高品質の竹炭は土窯でしか焼かれない。

しかし、色々な炭窯を見て回り、沢山の炭焼き職人の方とお話をさせて頂く中で最高品質の竹炭は、やはり土窯でしか焼かれないという結論に達しました。経験の浅い人でも、比較的安定した品質の炭を焼くことができる鉄製窯などに比べ、高度の熟練技術と経験を要求れさる土窯づくりの竹炭。温度センサーなど現代の科学も取り入れながらの窯との対話ですが、最後は職人の技。窯を訪れるたび古人から受け継がれた知恵の深さ、随所に見られる職人技にただ驚くばかりです。

本格土窯

窯入れ(窯立て)

竹材料は、炭化度のバラツキを無くすため、約3ヶ月の間自然乾燥させ竹材含水率を調整させます。窯入れ作業は、窯の奥から1束づつ丁寧に詰めていきます。窯だてとも言うと聞いてなるほどと納得しました。何気ない、こういった工程一つ取ってみても経験に裏付けされた、上質の炭を焼き上げる為の竹炭職人の技が隠されています。

燻製熱処理

竹は表皮と内皮の比重の違いや、上下方向での含水率の違いがあり、これを均一にしておかないと炭にするプロセスで、ねじれや割れが発生します。燻煙熱処理は竹炭を焼く前に原料となる竹材をできるだけ均質なものにする為の非常に大事な工程です。200℃近い温度にした窯内で、理想的な炭材と言われる15%前後の含水率にするのは、まさに職人技。この作業は竹材の状態により3~5日に及びます。燻煙熱処理後の火入れは、最後の精錬(ねらし)と並んで一番大事な工程です。炭材により、窯の状態により、季節、天候により、微妙な調整が要求され、24時間体制で窯に泊まりこんでの作業となります。

燃焼温度

摂氏800~900℃

竹炭は土窯で焼かれる温度によって、その性質が大きく変わります。調湿用の場合は多くが低温で焼かれますが、食用竹炭の場合、800度以上の高温で焼かれたものでなければなりません。低温で焼いたものは、デトックス効果やミネラル補給といった竹炭ならではの効果が期待できないのです。

練らし

精練(ねらし)

窯入れから時間をかけて焼かれる竹炭ですが、最重要な精錬(ねらし)のタイミングはやはり長年のカンが頼り。精錬はいかにガスを上手くぬいて大量の空気を窯内に入れるかにかかっているそうです。1000℃近い温度に上がった窯で約4時間、竹炭の品質がここで決まる職人技の見せ所です。

虎竹炭選別作業

最高数値の精錬度

急激に炭化させると軽く、柔らかな炭になりますが、窯の中の水蒸気が急激な炭化を抑えます。反射熱、金属イオンの面からも、やはり土窯が群を抜いています。土窯で焼かれた竹炭の品質証明とも言える精錬度を測定すると当然ですが、最高の数値!土窯と精錬度、この2つがワンランク上の国産(日本製)の竹炭です。

竹炭粒

色々なサイズの竹炭粒は穴の大きさの違う選別機を通して選り分けられます。

成分

安心・安全へのこだわり

原料に使用する良質の国産虎斑竹(淡竹)は筍から親竹に成長し伐採にいたるまで一切の薬剤、農薬、化学肥料等を使用していません。安心安全な竹炭を皆様にお届けするためにも国産・日本製、そして無農薬の竹にこだわります。

虎竹炭パウダーの包装

虎竹炭パウダーの包装について

虎竹炭パウダーは、それぞれ重さにより開封部分がチャック式になったアルミスタンドパックに入っています。

竹炭についてもっと詳しく見る

  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹炭の使用量と有効期間
  • 竹炭のよくあるご質問
  • 竹炭パウダーの効果と使い方
竹炭のお声
虎竹炭パウダー(10ミクロン)50g
虎竹炭パウダー(10ミクロン)50g

【国産・日本製】無味無臭の食品添加用虎竹炭微粉末、チャコールクレンズでデトックス♪ 淡竹の竹炭
送料無料【ネコポスでお届け】
日本唯一の虎斑竹(淡竹)を
昔ながらの土窯で高温で焼き上げました
虎竹炭パウダー(10ミクロン)50g
一回のご注文で数量3個まで

商品番号 su00333
販売価格 ¥ 1,296 税込
1,200円(税抜)~
[送料] (必須)
数量3点までのご購入で注文画面で
【メール便(ネコポス)を選択した場合】
のみ送料無料
お一人さま3点限り

※【送料無料・配送方法について】

  • 一回のご購入につき数量3点まで送料無料。
  • 上限個数で複数回購入は可能です。
  • 通常配送と同じ配達スピードで郵便ポストまでのお届けとなります。
  • お届け日・時間指定、代金引換でのお支払いは出来ません。
  • 他の宅配便商品と同梱、また宅配便を選択された場合は通常配送となります。
Pin it
商品説明
虎竹炭パウダー(10ミクロン)は、日本唯一の虎斑竹(淡竹)を高温の土窯で焼き上げた竹炭を微粉末にしたものです。粒の大きさが10ミクロン(0.01ミリ)と、とても細かくパンやケーキ、クッキー、麺類など色々と使える食品添加用の竹炭粉です。
詳細情報

■サイズ:約W12×H21.5cm(※袋のみのサイズ)
■内容量:50g
■材料:虎斑竹(淡竹)
■原産国:日本製・国産
■賞味期限:製造日から2年

竹炭を粉末にして10ミクロン (1340メッシュ)の大きさにそろえています。

Bamboo charcoal powder,Moso bamboo,edible,detox,extract detoxify,food,face,health products,good for health,Japanese,for cooking,how to use,recipe,eating,drink,bread,online,made in japan,Japanese,moso
虎竹炭パウダー(10ミクロン)50g

関連商品

前へ

【国産・日本製】無味無臭の食品添加用竹炭微粉末、
チャコールクレンズでデトックス♪
お試し送料無料【ネコポスでお届け】
創業明治27年竹虎
竹炭パウダー(15ミクロン)80g
一回のご注文で数量3個まで
チャコールクレンズを美容健康に
四国産孟宗竹使用、無味無臭の
活性炭チャコールダイエット、デトックス
モノクロスイーツ、お菓子作りに

販売価格 ¥ 1,080 税込
次へ
  • 空気清浄機「竹風」8~12畳用

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 調湿竹炭パック
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 【限定別規格】杉中華蒸籠(セイロ)18cm2段身蓋セット
  • 竹ライフ
  • キャッシュレス決済使えます
  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • 工場長ブログ
  • スタッフブログ
  • たけまが無料登録
  • 竹虎倶楽部
  • インターンシップ
  • 求人募集<竹虎>
  • 会社概要(The company explanation)
  • Tiger Bamboo's New Yorker bag
  • 第11回世界竹会議

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)