創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     

竹虎2018

≪ 年賀状2017年 | 年賀状一覧

年賀状2018
年賀状2018



勝負の2018年
新年明けましておめでとうございます。今年の竹虎四代目の年賀状テーマは「オンリーワン」。「竹」+「二人」で「笑」という文字になりますが、今年は戌年だけに「竹」+「犬」になっています。四代田辺竹雲斎作の虎竹付け耳鼻、写真家ミナモトタダユキ氏撮影で勝負の2018年にかける意気込みを表しています。今年も虎斑竹専門店 竹虎を何卒宜しくお願い致します。



世界竹会議(World Bamboo Congress)という世界中の竹研究者、竹業界、竹関連に従事される竹に関心を持つ方々が集まる竹の祭典があります。3年に一度世界各国の様々な国や地域で開催される、まさに竹のオリンピックのような大イベントです。

2018年8月14日(火)~18日(土)にメキシコのハラパ(Xalapa)で開催される第11回世界竹会議に竹虎四代目がKeynote Speaker(基調講演)として登壇します。もちろん、日本唯一の虎竹で製作しました電気自動車「竹トラッカー」も一緒!
第11回世界竹会議
竹トラッカー国境を越えて
皆様にご協力頂きクラウドファンディングで完成した虎竹電気自動車「竹トラッカー」。はるか遠いメキシコではありますが竹トラッカーをご覧いただいて日本唯一の虎模様の竹でしか伝えられない事があります。虎竹の里から世界へ発信する大切なメッセージなのです。


竹虎四代目と竹職人
虎竹は独特の美しい虎模様が珍重され江戸時代には土佐藩山内家への献上品として記録が残ります。ごく狭い虎竹の里でしか成育しない不思議さは現代の科学をもってしても解明されない謎ですが、近年この虎模様が付かなくなってきています。

「霜が降りると虎模様が付く」

これは昔から言い伝えのように古老の職人から聞いていた言葉です。地球温暖化など自分たちのような小さな田舎には関係がないと思っていたらいつの間にか大きな時代のうねりに巻き込まれようとしている虎竹がありました。
竹虎四代目と竹職人
日本唯一の虎竹と自分達が出会ってから100年、これからの100年も同じ虎竹の里であるように、毎年この時期になれば竹を伐る音の響くにぎやかな山々であるように今自分たちが出来る事。竹虎の持続可能(Sustainable)とは?










2018年10月19日 時代と共に移ろう青物竹細工
底を角くした椀籠は立ち上がりの部分が難しいと職人は口を揃えます。特に椀籠の場合には水をはじく竹表皮部分を内側にして編むので急角度で  
2018年10月18日 いよいよメキシコから凱旋!日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」
世界竹会議に出陣していた日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」がいよいよ帰ってくる事になりました。メキシコからの出国で何かあった  
2018年10月17日 強力青竹踏みの割れ
普通、青竹踏みは身の厚い一本の孟宗竹を半割にして使うのです。ところが、もっとガツンと来る青竹踏みが欲しいと言う社員の要望に応える形  
2018年10月16日 日本唯一の虎竹、竹のサンクチュアリ
「うわーっ、これはヤバイ!」 後ろからついて登ってくる方の弾んだ声に思わず振り向きます。目がキラキラ輝いて、ワクワクされているのが  
2018年10月15日 大きな蓬莱竹とアンパンマン列車
自然豊かな風光明媚な所ほど災害になると被害が大きいそうです。高知の場合は、山が高く、平野部が少ないから川の流れが速い。大雨が降った  

30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」 >>>



竹虎四代目年賀状一覧


















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご