虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
お部屋で深呼吸。



最近の環境の変化や住宅事情により、家の中はシックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドなど有害物質や花粉、ダニなど汚れた空気がまんえんしています。

こんなお部屋を竹林のような清々しい気持ちいい空気にしたい…。

そんな思いから竹のボディと竹炭を使うという竹にとことんこだわった空気清浄機が生まれました。

有害物質だけでなくホコリやチリ、タバコや生ゴミなどの生活臭まで吸い取ってきれいな空気にしてくれる空気清浄機です。

耳をすませば、竹の葉が風にそよぐ音。
遠くで聞こえる楽しそうな小鳥たちのさえずり。

ここは、別天地。

爽やかな心安らぐような虎竹の里の竹林の空気をそのままあなたに…。
竹のボディに竹炭たっぷり。竹にこだわった空気清浄機



きれいな空気が送られます。
竹炭のパワーを活用しました。
竹炭 竹炭の吸着パワー
カートリッジの中には、最高級竹炭を粒状にしたもが約2.5kg入っています。モーターファンで吸い込まれた空気は、竹炭の間を通りぬけ、ゼオライトフィルターを通ってきれいな空気になってお部屋に送られます。この竹炭を通るときに竹炭の無数の細かい孔によごれが吸着されきれいな空気となります。1グラムの竹炭の表面積は備長炭の3~5倍の何と約700平方メートルにも達しています。

竹炭は湿気の多いときには湿気を吸収し、乾燥してくると吸収した水分を放出して室内の湿度を調整する調湿機能に優れています。
竹風の構造
空気が上へいくほどきれいに



本格土窯作り 竹炭の秘密
竹炭職人 窯と語る 土窯の職人技
一言で竹炭といってもその品質は、原料の竹の性質(竹の品種と産地)、熱加工の過程(炭化方法と窯型式)、熱加工した最高温度(炭化の温度範囲)により、かなりの違いがあります。中でも窯の型式は竹炭の質を決定づける最重要な要因の一つですが、その窯は、土窯の他にも乾留炉、流動炉、キルン窯、耐火レンガ窯、移動式炭化炉などの種類があります。そして、土窯と言っても焼き方などにより白炭窯、黒炭窯があったり、鉄窯にしても工業用の炭化炉からステンレス製のもの、ドラム缶などを利用した簡易窯まで実に多種多様です。

しかし、色々な炭窯を見て回り、沢山の炭焼き職人の方とお話をさせて頂く中で最高品質の竹炭は、やはり土窯でしか焼かれないという結論に達しました。経験の浅い人でも、比較的安定した品質の炭を焼くことができる鉄製窯などに比べ、高度の熟練技術と経験を要求れさる土窯づくりの竹炭。温度センサーなど現代の科学も取り入れながらの窯との対話ですが、最後は職人の技。窯を訪れるたび古人から受け継がれた知恵の深さ、随所に見られる職人技にただ驚くばかりです。
無尽蔵の竹資源
孟宗竹の歴史は以外に浅く、江戸時代中頃だったと思いますが中国から伝わりました。初めて移植されたのが鹿児島とも京都とも言われますが、その太さ、長さから様々な有効利用(特に食用)に大変珍重され、又孟宗竹のたくましい生命力から瞬く間に日本全国に広まり、あたかも在来種であるがごときになっています。
竹は、”タケノコから10日で竹になる”と言われますが、何と!親竹と同じ大きさになるのに、わずか3ヶ月しかかかりません。その凄まじい成長スピードと、毎年生えてくるサイクルの早さは他の木材などと比べ類を見ない唯一の持続的天然資源です。環境問題が言われて久しい今日、この孟宗竹を原料とする竹炭は、エコロジカルな観点からも注目も集めています。
竹材料は、炭化度のバラツキを無くすため、割りそろえて約3ヶ月の間自然乾燥させ竹材含水率を調整させます。
竹
窯入れ(窯だて)
いよいよ窯入れ作業です。窯の奥から1束づつ丁寧に詰めていきます。
窯だてとも言うと聞いてなるほどと納得しました。

何気ない、こういった工程一つ取ってみても経験に裏付けされた、
上質の炭を焼き上げる為の竹炭職人の技が隠されています。
窯入れ
燻煙熱処理~火入れの大事
竹は表皮と内皮の比重の違いや、上下方向での含水率の違いがあり、これを均一にしておかないと炭にするプロセスで、ねじれや割れが発生します。燻煙熱処理は竹炭を焼く前に原料となる竹材をできるだけ均質なものにする為の非常に大事な工程です。200℃近い温度にした窯内で、理想的な炭材と言われる15%前後の含水率にするのは、まさに職人技。この作業は竹材の状態により3~5日に及びます。
燻煙熱処理後の火入れは、最後の精錬(ねらし)と並んで一番大事な工程です。炭材により、窯の状態により、季節、天候により、微妙な調整が要求され、24時間体制で窯に泊まりこんでの作業となります。
竹炭職人 精錬(ねらし)~窯入れから2週間
窯入れから2週間という時間をかけて焼かれる竹炭ですが、その間窯の温度管理を竹炭職人とともに見守るのがハイブリット記録計、職人の心強い味方です。
ハイブリット記録計
しかし、最重要な精錬(ねらし)のタイミングはやはり長年のカンが頼り。精錬はいかにガスを上手くぬいて大量の空気を窯内に入れるかにかかっているそうです。1000℃近い温度に上がった窯で約4時間、竹炭の品質がここで決まる職人技の見せ所です。焼き上がった竹炭を上の窯入れの写真と見比べて下さい、炭にすると重さにして約10分1の量に減っています。
土窯 極秘!土窯の秘密
最高品質の竹炭は、土窯でないと焼く事はできません。竹炭専用に作られた土窯には、隠れたノウハウと工夫が一杯です!銀色がかった、この竹炭をご覧下さい。
竹炭窯こそ竹炭職人の命とも言うべきものですが、窯内部にも公開できない秘密が詰まっています。昔、炭焼き職人が、窯を移動する時には他人にその技法を盗まれないように窯を壊して行ったというエピソードがあるくらいです。いや、炭焼きも知れば知るほど奥が深い。

数値的に炭の性質を把握する方法もあり、それが精錬度を測る方法です。一般的に炭化工程の終末期に煙突、窯口を大きく開けて通風量増やし未分解成分などを分解燃焼させます。燃焼温度は1000度C以上になる事もありますが、この高温熱処理の事を精錬(ねらし)と言います。精錬をかけることで炭素含有量や硬さが増して炭の特性のバラツキが少なくなる等、炭の品質が向上します。高温熱処理をするほど不純物は少なくなり、かつ、炭素化が進みますので電気抵抗が低くなります。

精錬度計での測定 炭化温度と電気抵抗との間には反比例関係が成り立つ事が確認されています。従って電気抵抗を測る事により炭化温度、炭化の進み具合を知ることが出来る訳です。
炭の電気抵抗を測り、その指数を精錬度と称しています。電気抵抗が低ければ精錬度も小さな数値となりますが、炭化材が同じであっても精錬度によって炭の吸着特性、電磁波遮断特性、ミネラル溶出などが変わってきます。使用目的にあった炭を選ぶには精錬度が一つの大きな指標となります。
精錬度計での測定
出来上がった竹炭をさっそく測定してみました。針が振りきってます~まさに最高級品!
精錬度計での測定



本体は全て天然竹。風合いが違います。
竹虎オリジナルの竹フォルム
竹風 本体はすべて竹の集成材で作りました。
機能性はもちろんのこと、今回空気清浄機は竹素材にこだわりました。竹虎ならではの竹の集成材を使用しています。お部屋のインテリアの一部としてお使いいただける高級感あるテイストです。
竹の美しさ、新発見。 竹集成材
竹ならではの清々しい色合いに集成材と節の独特の模様が美しく映えます。
竹の空気清浄機は蛍光灯の豆電球と同等の電圧です、電気代は1ヶ月50円程度と経済的。
竹集成材 竹集成材
竹を縦に分割して肉厚を整えて接着すると竹集成材ができあがります。木材を無駄なく有効利用するために、小さい角材の繊維方向を互いに平行にして接着した加工木材が集成材です。竹は非常に硬いため以前は加工の難しい素材でしたが工業技術の進歩によって竹にもこの加工技術を応用することが可能になりました。
家具にも最適な竹素材 家具にも最適な竹素材
竹の比重はナラよりも重く、頑丈でしかも弾力性があり曲げ、圧縮強度に優れています。竹の繊維は一定で、竹のものさしとして使われているように長さに対しての狂いがほとんどないのが特徴です。
竹について
竹は耐久性に優れているだけでなく、抗菌・脱臭効果があり、抗菌成分であるタケキノンは、杉、ひのきに比べ作用する菌の種類が多く、病原性大腸菌(O-157)や院内感染の元凶、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などへの抗菌効果も確認されていて、すでに病院などで使用されているところもあります。また、竹にはテルペンとよばれる芳香物質が含まれていてリラックス効果、精神安定作用を期待することも言われています。



VOC(揮発性有機化合物)除去性能



ホルムアルデヒドを98.5%吸着
財団法人ベターリビングによるホルムアルデヒドとトルエンの吸着試験を行ったところ、こちらの空気清浄機を使うと、

72時間でホルムアルデヒドを98.5%、トルエンを99.9%吸着

するという試験結果が出ました。空気清浄機でこのようなホルムアルデヒドの吸着実験を行い、確かなデータを出している空気清浄機は類をみません。


シックハウス症候群の要因物質である「ホルムアルデヒド」と「トルエン」を吸着
72時間でホルムアルデヒドを98.5%、トルエンを99.9%吸着
また、パワフル健康食品(株)による試験も行っています。(下グラフ参照)ホルムアルデヒドの他にもアンモニアにも驚くべき吸着結果が出ています。
データ
データ
特徴



12畳のお部屋まで対応です。
12畳のお部屋まで対応です。 お部屋の空気を巡回します
最大12畳のお部屋の広さまでお使い頂けます。お部屋が広くなるにつれて、通常本体も大きくなりますが、こんなにすっきりサイズの空気清浄機です。

また、こちらの空気清浄機は上部から空気を送り出します。壁ごしに置かれる際は後ろからも空気が出ますのでぴったりとひっつけず少し壁と距離をあけて置いてください。


1ヶ月の電気代は約50円、とっても経済的。
電圧は、蛍光灯の豆電球とほぼ同じくらいです。ですので1日24時間つけっぱなしでも電気代は1ヶ月約50円前後と省エネです。こちらの空気清浄機の本体の保障期間の5年間ずっとつけっぱなしでも合計3000円の電気代となります。これなら電気代を気にすることなくお使いいただくことができます。

1ヶ月の電気代は約50円、とっても経済的。



リビングや寝室、くつろぎの空間に…
くつろぎの空間作り
あなたやご家族が楽しくおつくろぎいただけるように、24時間とぎれることなく、ゆっくりゆっくりと自然な感じで空気を循環、浄化させてくれる空気清浄機です。家族団らんの場所、リビングやくつろぎたい時は寝室、また臭いの気になる場所に置いて下さい。
和室に♪



お客様の声を頂きました!
喫煙者が多く、以前からたばこの臭いが充満していました。
たばこをすっている人がいなくても部屋に入るなり、
その悪臭はむせ返るほどのすさまじいものがあり、
髪や洋服にまで臭いが染み込むほどでした。

こちらの清浄機を設置し翌日出勤したとき
昨日までの悪臭がすっかり消えていたのには驚きでした!

寝たきりの母を介護しています。
アンモニア臭や、老人特有の臭いが部屋ばかりでなく、家中漂っていました。

年頃の娘が友達を家に入れたがらなくなり、思い切って使ってみたところ、
臭いは本人の部屋だけに留まり、玄関先まで臭わなくなりました。
娘も友達を呼べるようになり、大変助かっております。

喘息の娘がいます。季節の変わり目、気温の変化などに敏感に反応し
発作を起こしますが試しに清浄機をリビングに置いて生活したところ、
ゼーゼーという発作前の症状はでるものの、それ以上ひどくはなりませんでした。

その半年後今度は寝室に置いてみました。
症状が出始めると寝室へ行かせ、新鮮な空気を吸わせています。
夜はぐっすり眠れています。

寝室の空気に動きがあり、以前より爽やかに変わっていると実感できます。

クローゼットの湿気やカビの発生の防止にも今後役立ってくれることを
期待しています。竹虎の里の風のお裾分けを頂いたようで満足しております。
( T 様 )




カートリッジ交換の目安は約半年です。
カートリッジ カートリッジは耳付き
カートリッジには耳付きでスムーズに出し入れ出来るように工夫されています。
カートリッジは半年に一回交換して下さい。
カートリッジの交換目安は約6ヶ月です。交換の際は上の写真のようにフタをはずし、中にあるカートリッジを取り出して交換して下さい。交換した後のカートリッジは、中に竹炭が入っていますので土壌改良や生ゴミ、玄関の靴箱の消臭として再利用することができます。身近なことからエコ生活がはじまります。



テレビで紹介されました
テレビで紹介されました
テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」老舗の大英断のコーナーで、空気清浄機「竹風」を紹介いただきました。
竹炭を使った意外な商品として、所ジョージさんや出演者の皆様に竹風を注目して頂き、感動もひとしおだったのです。
「所さんのそこんトコロ!」タイガー・タケトラお詫び >>>



雑誌に掲載されました!



空気清浄機「竹風」のサイズ







最近の環境の変化や住宅事情により、家の中はシックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドなど有害物質や花粉、ダニなど汚れた空気がまんえんしています。こんなお部屋を竹林のような清々しい気持ちいい空気にしたい…。

そんな思いから、竹のボディと竹炭を使うという竹にとことんこだわった空気清浄機が生まれました。有害物質だけでなくホコリやチリ、タバコや生ゴミなどの生活臭まで吸い取ってきれいな空気にしてくれる空気清浄機です。

耳をすませば、竹の葉が風にそよぐ音。遠くで聞こえる楽しそうな小鳥たちのさえずり。

ここは、別天地。

爽やかな心安らぐような虎竹の里の竹林の空気をそのままあなたに…。













カートリッジの中には、最高級竹炭を粒状にしたもが約2.5kg入っています。モーターファンで吸い込まれた空気は、竹炭の間を通りぬけ、ゼオライトフィルターを通ってきれいな空気になってお部屋に送られます。この竹炭を通るときに竹炭の無数の細かい孔によごれが吸着されきれいな空気となります。1グラムの竹炭の表面積は備長炭の3~5倍の何と約700平方メートルにも達しています。

竹炭は湿気の多いときには湿気を吸収し、乾燥してくると吸収した水分を放出して室内の湿度を調整する調湿機能に優れています。



























機能性はもちろんのこと、今回空気清浄機は竹素材にこだわりました。竹虎ならではの竹の集成材を使用しています。お部屋のインテリアの一部としてお使いいただける高級感あるテイストです。






竹ならではの清々しい色合いに集成材と節の独特の模様が美しく映えます。



竹の空気清浄機は蛍光灯の豆電球と同等の電圧です、電気代は1ヶ月50円程度と経済的。

















財団法人ベターリビングによるホルムアルデヒドとトルエンの吸着試験を行ったところ、こちらの空気清浄機を使うと、

72時間でホルムアルデヒドを98.5%、トルエンを99.9%吸着


するという試験結果が出ました。空気清浄機でこのようなホルムアルデヒドの吸着実験を行い、確かなデータを出している空気清浄機は類をみません。また、パワフル健康食品(株)による試験も行っています。(下グラフ参照)ホルムアルデヒドの他にもアンモニアにも驚くべき吸着結果が出ています。


























最大12畳のお部屋の広さまでお使い頂けます。お部屋が広くなるにつれて、通常本体も大きくなりますが、こんなにすっきりサイズの空気清浄機です。また、こちらの空気清浄機は上部から空気を送り出しますので、壁ごしに置かれる際は後ろからも空気が出ますのでぴったりとひっつけず少し壁と距離をあけて置いてください。








電圧は、蛍光灯の豆電球とほぼ同じくらいです。ですので1日24時間つけっぱなしでも電気代は1ヶ月約50円前後と省エネです。こちらの空気清浄機の本体の保障期間の5年間ずっとつけっぱなしでも合計3000円の電気代となります。これなら電気代を気にすることなくお使いいただくことができます。













カートリッジには耳付きでスムーズに出し入れ出来るように工夫されています。



カートリッジの交換目安は約6ヶ月です。交換の際は上の写真のようにフタをはずし、中にあるカートリッジを取り出して交換して下さい。交換した後のカートリッジは、中に竹炭が入っていますので土壌改良や生ゴミ、玄関の靴箱の消臭として再利用することができます。身近なことからエコ生活がはじまります。









空気清浄機「竹風」

商品番号 su00214
商品説明
竹炭を使った竹虎自慢の竹の空気清浄機です。お部屋のイヤなニオイ、シックハウスの原因と言われるホルムアルデヒドの吸着に除湿、調湿、消臭、脱臭。雑誌掲載多数!
詳細情報

空気清浄機「竹風」

■サイズ:W32×H53.5×D25cm
■適用床面積:~12畳
■消費電力: 2.3/2.5(W)/h
■ファン耐久時間:4万5千時間連続使用可
■重量:11.5kg(カートリッジをセットした状態)
■カートリッジの交換目安:約6ヶ月
■最高級竹炭粒約2.5kg入り

※毎日のお手入れは柔らかい布で乾拭きしていただく程度で結構ですが、ひどい汚れの場合は中性洗剤で汚れをお落とし一度拭き取った後乾拭きしてください。シンナー、ベンジン、アルコール類はご使用にならないでください。

関連商品

前へ
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)