豊かな竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
黒竹番蛇の目傘
雨、雨。降れ、降れ。,作務衣,さむえ,SAMUE



黒竹番蛇の目傘 伝統の和傘について
和傘は竹が多用された昔ながらの生活道具のひとつです。竹虎も百年前の創業当時は和傘の材料を大量に扱っていたと言う事で傘との縁は浅からぬものがありますが 現在の生活では軽く、丈夫で機能性にも優れた洋傘が沢山あって和傘を使う事は、ほとんど無くなっているのではないでしょうか。

自分は竹といえば目のないほうですし、 当時は本店でも和傘は普通に販売されていた事もあり 実は20代の頃に母のおさがりの和傘を使っていました。



今にして思えば細身で比較的軽いものでしたがやはり使い勝手や携帯には決して便利が良いとはいえず常に車に積んで手ぶらの時にだけ使用していたのです。

それでも少しくらいボロボロになっても醸し出す風合いが良く結局ずっと長く愛用させてもらいました。

竹虎本店でも扱う事のなくなった、この和傘ですが ご縁があり今回は少し無骨な男性向きの番傘を 別誂えで見た目にもお洒落な朱胴にしそして、特産の黒竹を柄に使い特別に製作していただく事になったのです。
黒竹番蛇の目傘,竹虎四代目(山岸義浩、YOSHIHIRO YAMAGISHI、TAKETORA)



蛇の目模様の番傘
傘の白抜き模様の輪が蛇の目のように見えることから「蛇の目」と呼ばれます。さて、蛇の目傘、番傘は和傘の中でも比較的よく聞く言葉です。一体どこが違うのかと言いますと蛇の目傘は作りが繊細で番傘に比べて約200グラムほど軽量、一方番傘は持ち手も太く、どちらかと言うと男性向けの和傘と言えます。



黒竹番蛇の目傘 朱胴
竹の傘骨部分の蛇の目部分を朱色に塗りあげた仕上げなので傘を広げたら白い蛇の目模様が現れ、傘を閉じると胴の一部分が朱色に見える朱胴のあしらいです。



黒竹番蛇の目傘



竹の骨 竹骨48本
和傘ならではの伝統の繊細な細工は、48本の竹骨に集約されているように思います。惚れ惚れとするうつくしさからは、閉じたり開いたりする確かな機能性を感じるのです。



黒竹柄
高知県特産の黒竹を丁寧に真っ直ぐに矯め直しています。自然な竹の油で拭き上げられた渋い光沢を放ちます。
削り部分 黒竹柄の削り部分
和傘の構造上、黒竹柄の一部分の表皮は薄く削られています。
ハジキ 黒竹番蛇の目傘のハジキ
傘が閉じないように留めているのがハジキ。黒竹番蛇の目傘には金属製のハジキが付いています。上下2カ所に上ハジキ、下ハジキと付く傘もありますが、ハジキは一カ所だけに付いています。



黒竹へのこだわり
黒竹製品へと生まれ変わります



カッパ 黒竹番蛇の目傘
頭部分にはカッパと呼ばれる布が、取り付けられています。つり紐は持ち歩きの際や、ぶら下げて保管する場合に使います。



黒竹柄の番傘
もともと番傘は実用性が第一で一般的に使われる普及品というイメージがあり作り自体も、どちらかと言う
と粗い作りものだったようです。
より趣深い番傘に 試作
通常の番傘に黒竹の柄を取り付けていただいた試作品も素晴らしい出来映えですが、せっかく持ち手が渋い色合いになったので、もう少し高級感のある特別な番傘にしたいと思いました。



雨が恋しくなる。,竹虎四代目(山岸義浩、YOSHIHIRO YAMAGISHI、TAKETORA)
久しぶりに手にした和傘。黒竹を使い色合いも別誂えにしてもらった、こだわりの一本。見上げれば青い空…雨が恋しくなる不思議な気持ちなのです。



サイズ



※黒竹番蛇の目傘のお手入れ方法
使用した後は黒竹持ち柄を下にして水切りをして開いて日陰干しをしてください。長期間使用されない場合には年に数回程度は開けて風をいれるのが長くお使いただくコツです。







和傘は竹が多用された昔ながらの生活道具のひとつです。竹虎も百年前の創業当時は和傘の材料を大量に扱っていたと言う事で傘との縁は浅からぬものがありますが 現在の生活では軽く、丈夫で機能性にも優れた洋傘が沢山あって和傘を使う事は、ほとんど無くなっているのではないでしょうか。自分は竹といえば目のないほうですし、 当時は本店でも和傘は普通に販売されていた事もあり 実は20代の頃に母のおさがりの和傘を使っていました。

今にして思えば細身で比較的軽いものでしたがやはり使い勝手や携帯には決して便利が良いとはいえず常に車に積んで手ぶらの時にだけ使用していたのです。それでも少しくらいボロボロになっても醸し出す風合いが良く結局ずっと長く愛用させてもらいました。竹虎本店でも扱う事のなくなった、この和傘ですが ご縁があり今回は少し無骨な男性向きの番傘を 別誂えで見た目にもお洒落な朱胴にしそして、特産の黒竹を柄に使い特別に製作していただく事になったのです。






傘の白抜き模様の輪が蛇の目のように見えることから「蛇の目」と呼ばれます。さて、蛇の目傘、番傘は和傘の中でも比較的よく聞く言葉です。一体どこが違うのかと言いますと蛇の目傘は作りが繊細で番傘に比べて約200グラムほど軽量、一方番傘は持ち手も太く、どちらかと言うと男性向けの和傘と言えます。





竹の傘骨部分の蛇の目部分を朱色に塗りあげた仕上げなので傘を広げたら白い蛇の目模様が現れ、傘を閉じると胴の一部分が朱色に見える朱胴のあしらいです。








和傘ならではの伝統の繊細な細工は、48本の竹骨に集約されているように思います。惚れ惚れとするうつくしさからは、閉じたり開いたりする確かな機能性を感じるのです。














頭部分にはカッパと呼ばれる布が、取り付けられています。つり紐は持ち歩きの際や、ぶら下げて保管する場合に使います。









久しぶりに手にした和傘。黒竹を使い色合いも別誂えにしてもらった、こだわりの一本。見上げれば青い空…雨が恋しくなる不思議な気持ちなのです。







黒竹番蛇の目傘

商品番号 ma00002
  • 送料無料
販売価格 ¥ 32,000 消費税込 ¥ 35,200
送料込
商品説明
黒竹番蛇の目傘は高知県特産の黒竹を柄にあつらえた、昔ながらの伝統的な和傘です。48本の竹骨で丈夫に仕上げ、通常の番傘よりも200グラムほど軽い作りのため機能性にも優れています。美しい蛇の目模様に、思わず雨が恋しくなる一本です。
詳細情報

黒竹番蛇の目傘(かさ/カサ)

■サイズ:約直径120×長さ約75cm
■重さ:約700g
■素材:竹、黒竹、和紙
■原産国:日本製・国産

5.00
2
  • 購入者
    熊本県 30代 男性
    投稿日
    前回購入した番傘がそろそろくたびれて来たので、二代目が欲しく注文しました 番傘を普段使いしている私にとっては、竹虎さんの番傘は持ち手の部分の風合いが凄く楽しく、雨が待ち遠しい感じです いつもお世話になっております。
  • 購入者
    神奈川県 60代 男性
    投稿日
    ネットで「黒竹番蛇の目傘」を一目見た時から、ずっと欲しいと思っていましたが、経済的理由で購入できませんでしたが、ついに購入できて感激です。届いたものを慎重に扱いながら、竹骨の微細な匠の技に魅せられ、案の定気に入りました。梅雨真っ只中の今、この「黒竹番蛇の目傘」を差して、古都鎌倉のアジサイ寺を散策しました。普通なら雨の日の散策は嫌ですが、「黒竹番蛇の目傘」を差していたので、傘に当たる雨音を楽しみながら、心はウキウキ、ワクワクでした。古都の雰囲気にもピッタリで、他の観光客の視線に何とも言えない一種の優越感のようなものも感じて楽しい一日でした。「黒竹番蛇の目傘」さん、ありがとうと感謝しました。

竹虎のおすすめ商品

商品カテゴリ

  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • 虎竹四ツ目弁当箱
  • 竹かごバッグの魅力
  • 竹製大根おろし(おにおろし)と竹皿のセット
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 杉蒸篭(せいろ)18cm2段ガスコンロ・IH対応鍋つきセット
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • 無料サンプル
  • プレゼント
  • プレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
土・日曜定休AM9:00~PM5:30