虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
2022年は寅年 虎竹の出番!!
日本の夕涼み。



虎竹の里の風
虎竹の里の竹を使い、団扇を作ったらどんなものができるだろうか?数年前から、ささやかではありますが取り組んで来た国産の団扇作り。

竹はずっと日本人の近くにあって寄り添ってきた素材、身近な日本の竹をほんの少しでも見直してもらえたら嬉しい。 そんな思いで今年は新しい虎竹和紙団扇(うちわ)が誕生しました。地元高知の土佐和紙職人さん、うちわ職人さんと力をあわせ、自分達にしかできない自然な涼をお届けします。



虎竹和紙の製造
虎竹を原料にした竹和紙 虎竹を原料にした竹和紙
高知は豊富な水資源があり昔から手漉き和紙の盛んな地域として知られています。昔ながらの土佐和紙職人さんも沢山おられますので、竹虎も以前より竹和紙作りにはずっと取り組んできたのです。和紙作りの職人さんの長年と知恵と技術で原料となる虎竹を長期間水につけ込むなど、手間暇かけた竹和紙作りが始まりました。
「こりゃあ和紙にならんぜよ~」
今年は大きな誤算がありました。ある日、突然に土佐和紙製造会社の社長さんからある連絡を受けたのです。

「竹虎さん、おまん、こりゃあ和紙にならんぜよ~」

日本唯一の虎竹を和紙にするためには長期間水槽で水に浸けておき、柔らかくなった所で撹拌して繊維を取りだしていきます。ところが、今年の虎竹はどういう訳か、例年どうおりの製造工程では和紙素材に適した柔らかさにならないのです。
同じ性質の竹は一本もない。 同じ性質の竹は一本もない。
いつもと同じ原料の虎竹のはずなのですが竹には個体差があります。極端にいえば同じ性質の竹は一本としてなくて、丸い形や、伸び具合、曲がり、粘りなど一緒の竹林に育つ竹でもそれぞれ違いがあるのです。

今回の竹につきましては、虎竹和紙にする竹ですから全体からすると本当に極わずかな量、虎竹の里の大きな自然のバイオリズムの中で、少し硬い個性を持った性質の虎竹だったのでしょうか?
手作業で繊維質に
とにかく虎竹を和紙に漉ける細かい繊維質にしないといけませんでした。土佐和紙工場から、いったん持って帰ってきた竹素材を竹虎の職人たちが、木槌でひとつひとつ叩いて砕いていきます。
すでに柔らかくなっていて、手で強く握るとボロッと崩れるような竹もあります。しかし、これではまだまだ。和紙に漉けるような状態ではありません。半日がかりで細かい繊維質に叩き終えた頃にはクタクタ、手の感覚がなくなって言う事をきかないほどだったのです。
土佐和紙工場
丁寧に叩いて細かい筋状の竹繊維にしたところで、再び土佐和紙工場で和紙漉きの加工に入ります。

虎竹和紙作りをお願いしている和紙工場は、大型機械で大量に和紙漉きをする工場に比べると本当に手作りで受け継がれてきた伝統の技術が活きる職人の和紙漉きと呼ぶにふさわしいものです。何本もあるパイプからは近くを流れる仁淀ブルーの伏流水が溢れだします。こんな綺麗な水が豊富にある土地柄だからこその和紙漉きの伝統なのだと、つくづく感じます。
虎竹ゴールド、虎竹和紙。
竹繊維の残る素朴でしっとりとした風合い、パルプを混合して耐久性も申し分ない日本唯一の虎竹を使った和紙が漉きあがりました。

今回は、苦労の末の完成。漉きあがった虎竹和紙の黄金色の上品な色合いが南国土佐の陽射しをうけて、まさに虎竹ゴールドと呼ぶのにふさわしくキラキラと輝いて見えるのです。



虎竹和紙×柿渋
渋引仕上げ 渋引仕上げ
虎竹和紙団扇は、青い未熟のがら柿から採取する柿渋(渋引)を塗って仕上げています。柿渋を塗る事によって、防水、防腐、防虫効果が高まり、和紙が丈夫で長持ちするのです。また、長く使うほどに風合いが増してくる美しさは渋団扇ならではの魅力なのです。
経年変化の美しさ
100年前の団扇と、新品の団扇を見比べてみますと、渋引の色合いの深まりが一目瞭然です。

年月を重ねるごとに色合いと当時に愛着が深まる柿渋仕上げの団扇は、ずっと受け継がれてきた日本の古き良き生活道具そのものかも知れません。
耳紙張り 耳紙張り
傷みやすい団扇の縁部分には和紙を重ねて補強されています。長くご愛用いただける作りです。
竹虎ロゴマーク入り
竹虎ロゴマーク入り 竹虎ロゴマーク入り
虎竹和紙団扇には、二代目義治が考案して60数年使ってきた竹虎ロゴマーク入り。虎竹ゴールドに淡く浮かび上がる銀鼠(ぎんねず)と、桃花色(ももはないろ)の2色からお選びいただけます。
竹虎二代目義治
竹虎ロゴマークは、竹虎二代目義治が大阪天王寺の工場から日本唯一の虎竹の里に本社を移した後の60数年前からずっと使っています。竹虎にとって、とても想い入れの深い大切なマーク。
二代目を敬愛する竹虎四代目は、このマークが大好き。作務衣にも、首に巻くマフラー(タオル)にも、前掛けや持ち歩くバックにまで全て竹虎マーク入りなのです。



日本で唯一、土佐の虎斑竹(とらふだけ)
虎斑竹について
竹の刈りだし、選別
虎竹の山出し
虎竹の伐採
虎竹の選別作業
虎竹の製竹作業



竹の柄 竹の柄
団扇の柄は伸びのよい良質の真竹を使っています。竹表皮を綺麗に磨かれた柄部分は適度な厚みと幅で持ちやすく、手に優しくなじみます。



竹虎筆文字 竹虎筆文字
持ち手部分には「創業明治二十七年 竹虎」と記した筆文字。細部にもこだわったアクセントの効いた仕上がりです。



日本の職人力 日本の職人力
国内の竹職人の高齢化にともない思うようなモノづくりが出来なくなりつつあります。

以前紹介しておりました黒竹の丸竹をそのまま使う団扇も、粘りがあり節の多い黒竹を団扇用に加工するのは熟練職人さんしかできません。
日本の職人で創りたい。
しかし、まだまだ日本が長年培ってきた職人力は健在です。日本唯一の虎竹から和紙職人、団扇職人。ずっと日本で使われ続けてきた何気ない小さな団扇ひとつに自分達の思いをのせてお届けしたいと思っているのです。



黒竹団扇立て
黒竹団扇立て 黒竹団扇立て
厳選した黒竹を山の頂上に節をもってきます。細い黒竹は節の部分と節の間では硬さが違うので、熱の当て方に注意しながら、ゆっくりと曲げていく作業が腕のみせどころ。美しい円弧をえがく黒竹団扇立ては、竹の特性とクセを知り尽くした竹職人の匠の技なのです。
こまやかな気配り
足元の丸竹は通常そのままなのですが、ちょっと目隠しして竹の切断面にもオイルステンで塗るとスッキリ。目隠しには、虎竹を使いました。
横ヒゴと足部分 横ヒゴと足部分
うちわ立ての片側には柄をのせる横ひごがあって、うちわを置いた時の格好がより良いよう工夫がされています。横ひご、足部分の2本の張りとも太い竹をけずった竹ひごを黒目に染めています。



黒竹へのこだわり
黒竹製品へと生まれ変わります



夏の風



サイズ
サイズ



2015年7月23日 百年団扇
今度の虎竹和紙団扇は全体的な方がまずエイ、そして、持ち手の竹部分も、ふっくらと優しい作りで持ちやすく、暑い夜にゆっくり、ゆっくり扇いでも疲れにくそ
2015年6月12日 感激!虎竹和紙団扇の試作完成
5月30日のブログでもお話しさせて頂いちょりましたが、今年の虎竹は、どういう理由か分かりませんが和紙に漉ける繊維質になるのに普段の数倍の時間が
2015年5月30日 虎竹和紙作り
「竹虎さん、こりゃあ和紙にならんぜよ~」土佐和紙製造会社の社長さんに、こじゃんと怒られよりますぞね。虎竹を和紙にするためには長期間水槽で水に浸
2015年4月7日 虎竹和紙の新団扇(うちわ)
虎竹を繊維にして和紙にしているお話は前にもさせてもらいました。只今、製造中で出来上がりが、まっこと楽しみで待ち遠しいのですが、その和紙で前に作







虎竹の里の竹を使い、団扇を作ったらどんなものができるだろうか?数年前から、ささやかではありますが取り組んで来た国産の団扇作り。 竹はずっと日本人の近くにあって寄り添ってきた素材、身近な日本の竹をほんの少しでも見直してもらえたら嬉しい。 そんな思いで今年は新しい虎竹和紙団扇(うちわ)が誕生しました。地元高知の土佐和紙職人さん、うちわ職人さんと力をあわせ、自分達にしかできない自然な涼をお届けします。





高知は豊富な水資源があり昔から手漉き和紙の盛んな地域として知られています。昔ながらの土佐和紙職人さんも沢山おられますので、竹虎も以前より竹和紙作りにはずっと取り組んできたのです。和紙作りの職人さんの長年と知恵と技術で原料となる虎竹を長期間水につけ込むなど、手間暇かけた竹和紙作りが始まりました。


虎竹和紙作りをお願いしている和紙工場は、大型機械で大量に和紙漉きをする工場に比べると本当に手作りで受け継がれてきた伝統の技術が活きる職人の和紙漉きと呼ぶにふさわしいものです。何本もあるパイプからは近くを流れる仁淀ブルーの伏流水が溢れだします。こんな綺麗な水が豊富にある土地柄だからこその和紙漉きの伝統なのだと、つくづく感じます。



竹繊維の残る素朴でしっとりとした風合い、パルプを混合して耐久性も申し分ない日本唯一の虎竹を使った和紙が漉きあがりました。 今回は、苦労の末の完成。漉きあがった虎竹和紙の黄金色の上品な色合いが南国土佐の陽射しをうけて、まさに虎竹ゴールドと呼ぶのにふさわしくキラキラと輝いて見えるのです。






虎竹和紙団扇は、青い未熟のがら柿から採取する柿渋(渋引)を塗って仕上げています。柿渋を塗る事によって、防水、防腐、防虫効果が高まり、和紙が丈夫で長持ちするのです。また、長く使うほどに風合いが増してくる美しさは渋団扇ならではの魅力なのです。




100年前の団扇と、新品の団扇を見比べてみますと、渋引の色合いの深まりが一目瞭然です。 年月を重ねるごとに色合いと当時に愛着が深まる柿渋仕上げの団扇は、ずっと受け継がれてきた日本の古き良き生活道具そのものかも知れません。


傷みやすい団扇の縁部分には和紙を重ねて補強されています。長くご愛用いただける作りです。






虎竹和紙団扇には、二代目義治が考案して60数年使ってきた竹虎ロゴマーク入り。虎竹ゴールドに淡く浮かび上がる銀鼠(ぎんねず)と、桃花色(ももはないろ)の2色からお選びいただけます。




竹虎ロゴマークは、竹虎二代目義治が大阪天王寺の工場から日本唯一の虎竹の里に本社を移した後の60数年前からずっと使っています。竹虎にとって、とても想い入れの深い大切なマーク。二代目を敬愛する竹虎四代目は、このマークが大好き。作務衣にも、首に巻くマフラー(タオル)にも、前掛けや持ち歩くバックにまで全て竹虎マーク入りなのです。










団扇の柄は伸びのよい良質の真竹を使っています。竹表皮を綺麗に磨かれた柄部分は適度な厚みと幅で持ちやすく、手に優しくなじみます。




持ち手部分には「創業明治二十七年 竹虎」と記した筆文字。細部にもこだわったアクセントの効いた仕上がりです。




国内の竹職人の高齢化にともない思うようなモノづくりが出来なくなりつつあります。 以前紹介しておりました黒竹の丸竹をそのまま使う団扇も、粘りがあり節の多い黒竹を団扇用に加工するのは熟練職人さんしかできません。

しかし、まだまだ日本が長年培ってきた職人力は健在です。日本唯一の虎竹から和紙職人、団扇職人。ずっと日本で使われ続けてきた何気ない小さな団扇ひとつに自分達の思いをのせてお届けしたいと思っているのです。





厳選した黒竹を山の頂上に節をもってきます。細い黒竹は節の部分と節の間では硬さが違うので、熱の当て方に注意しながら、ゆっくりと曲げていく作業が腕のみせどころ。美しい円弧をえがく黒竹団扇立ては、竹の特性とクセを知り尽くした竹職人の匠の技なのです。




足元の丸竹は通常そのままなのですが、ちょっと目隠しして竹の切断面にもオイルステンで塗るとスッキリ。目隠しには、虎竹を使いました。


うちわ立ての片側には柄をのせる横ひごがあって、うちわを置いた時の格好がより良いよう工夫がされています。横ひご、足部分の2本の張りとも太い竹をけずった竹ひごを黒目に染めています。






天然素材を手作りしておりますので、形や色目、大きさが写真と若干違う場合があります。



虎竹和紙渋引団扇と黒竹団扇立てセット

商品番号 sa00408
販売価格 ¥ 7,900 消費税込 ¥ 8,690
[タイプ]お選び下さい⇒
  • 桃花色(ももはないろ)
  • 銀鼠(ぎんねず)
商品説明
虎竹和紙渋引団扇と黒竹団扇立てセットは、日本唯一の虎竹原料の土佐和紙を使った虎竹和紙渋引団扇(うちわ)と黒竹団扇立て。団扇は和紙が長持ちする柿渋仕上げと竹虎ロゴマーク入り。銀鼠(ぎんねず)と、桃花色(ももはないろ)の2色からお選びいただけます。
詳細情報

虎竹和紙渋引団扇と黒竹団扇立てセット

<虎竹和紙渋引団扇>
■サイズ:約幅26×長さ37cm
■素材:虎竹和紙、真竹、柿渋
■原産国:日本製・国産

<黒竹団扇立て>
■サイズ:約W22×H19.5×D7cm
■素材:虎竹、黒竹
■原産国:日本製・国産

5.00
1
  • 購入者
    東京都 50代 男性
    投稿日
    桃花色(ももはないろ)を購入しました。 和紙と渋みのある色合いが見事にマッチして風情とともに優しい涼しい風を味わっています。 使っていて気がついたのが扇ぐと骨の部分の竹が全体にしなってあまり力を使わないで済みます。 夏祭りでよく配られるようなうちわは骨の部分がプラスチックのものがほとんどでしなりが出ないのでだんだん扇ぐ事が疲れてきますが、竹虎製のうちわはあまり疲れないので驚いています。

関連商品

前へ

虎竹巾着籠

販売価格 ¥ 18,000 消費税込 ¥ 19,800
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)