虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
製造しておりません。他のタイプはこちら
昔ながらの豆腐かご



昔ながらの伝統の技とうふかご
豆腐かごは昔ながらの伝統の技で一つ、一つ職人の手作り。
清々しい白竹の風合いはピクニックバスケットとして、楽しい行楽のお弁当箱として大活躍してくれそうです。



職人の技
 豆腐かごのような四角い形の竹細工は「角もの」と呼ばれます。ずっと先代から角もの専門の匠の職人。正確さを要求される細工ですが、寸分の違いもない熟練の技です。




使い込むほどに飴色に深まる風合いと愛着。豆腐かご
自然素材のよさは使うほどに、それぞれ使う方なりの風合いの深まりがあるところだと思います。
白竹も年を重ねるごとに深い飴色に変わってきて、何ともいえない艶がましてきます。
数十年、大切に使っていただき、手放せない逸品としていただければ嬉しいのです。



豆腐かごの開閉について。
まず持ち手を両側に開きます。
 持ち手は両サイドに簡単に開きます。持ち手をひろげた後に、縁フタを開閉させてください。 
フタを開きます。
蝶番金具にもさりげない職人の心遣い。
蝶番や釘など金具類は、竹の素材感をできるだけ活かすように目立たない色目のものを使用し、自然な感じに仕上げています。



底部分について。内底底
たっぷり入れても大丈夫なように、底部分は幅を広くとった竹割ひご(ひしぎ)を使って編まれています。縦、横に交互にヒゴが通っていて、しっかりした作りの豆腐かごです。



曲げ加工曲げ加工持ち手、本体の角部分の焦げ目。
持ち手、本体の四隅の角部分は、1本の竹を直角に曲げて細工しています。竹は熱を加えて曲げ加工していきますので、竹の材質や職人により、焦げ目が薄くついたり、濃くついたりしています。



ご注意ください。
竹素材の白竹は表皮の美しいものばかりではなく、多少のシミやキズ等がある事もありますが、天然竹の風合いとしてお楽しみください。 また、フタと本体に若干の隙間ができる事がありますので何卒よろしくお願いいたします。



サイズ
サイズ




豆腐かご(角物/角かご)中

商品番号 sa00561
商品説明
豆腐かごは昔ながらの伝統の技で一つ、一つ職人の手作り。清々しい白竹の風合いはピクニックバスケットとして、楽しい行楽のお弁当箱として大活躍してくれそうです。
詳細情報

豆腐かご(中)

■サイズ:約W24×H13×D18cm
■素材:白竹

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 杉蒸篭(せいろ)
  • 竹炭温感サポーター
  • 名人作 真竹しなり耳かき
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)