創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     


トップページ 会社概要 支払い方法・送料 メルマガ お客様の声 よくあるご質問 虎竹の里より お買い物カゴを見る
お風呂グッズ 竹炭枕
在庫のある商品は即納発送! AM9:00までのご注文分は、在庫がある限り の出荷が可能です。(到着ナビはこちら)
竹虎の商品検索

商品一覧
竹虎新商品

竹皮草履応援団プロジェクト竹皮草履(ぞうり)
虎竹の里ミニ竹炭石鹸
伊達巻き卵用巻きす
杉蒸篭(せいろ)
安心の竹酢液
定期購入
竹ライフ 竹炭の洗水

商品メニュー
竹炭
竹炭
竹酢液
竹酢液
竹皮草履/スリッパ
竹皮草履/スリッパ
虎竹/竹皮下駄
虎竹/竹皮下駄
箸/カトラリー/弁当箱
箸/カトラリー/弁当箱
キッチン道具
キッチン道具
竹ざる
竹ざる
竹かご
竹かご
竹バッグ/買い物かご
竹バッグ/買い物かご
文具/小物
文具/小物
孫の手/青竹踏み
孫の手/青竹踏み
竹のインテリア
竹のインテリア
竹の縁台/竹垣/すのこ
竹の縁台/竹垣/すのこ
炭ペット
竹炭ペット
花かご/竹の虫かご
花かご/竹の虫かご
竹材/竹の素材
竹材/竹の素材
竹布
竹布

シーンに合わせて
食を楽しむ
食を楽しむ
お風呂で
お風呂で
スキンケア
スキンケア
健康・冷えに
健康・冷えに
おやすみに
おやすみに
竹を履く
竹を履く
竹を身につける
竹を身につける
お掃除で
お掃除で
お洗濯で
お洗濯で
収納・整理に
収納・整理に
消臭・防臭に
消臭・防臭に
竹でなごむ
竹でなごむ
四代目おすすめ
四代目おすすめ
刻印
刻印

3,000円未満
〜5,000円
〜10,000円
10,000円以上
お歳暮    ・お中元
結婚祝い  ・誕生日祝い
新築祝い  ・内祝い
就職、昇進、退職祝い

竹工芸
竹工芸
季節の特集
季節の特集
別注商品
別注商品
大口注文
大口注文
アウトレットセール
アウトレットセール

竹虎四代目がゆく
竹虎工場長ブログ
竹虎スタッフブログ

プレゼント
日本唯一虎竹部
竹虎チャンネル
竹虎公式Twitter
竹虎公式インスタグラム 竹虎公式ピンタレスト 竹虎公式LINE@
虎竹の里コンテンツ
無料サンプル


竹虎のスタッフ
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください
----------------------
<電話番号>
0889-42-3201
(平日9時〜17時)
----------------------
<メールアドレス>
info@taketora.co.jp
----------------------
<ファックス>
0889-42-3283


たけまが無料登録
竹虎倶楽部
求人募集 <竹虎>
竹虎四代目への道
会社概要(The company explanation)
Tiger Bamboo's New Yorker bag
Bamboo charcoal >>>
Bamboo charcoal powder>>>
Bamboo charcoal Water Filter>>>

トップ > 食を楽しむ > くつろぎのティータイム > 日本唯一の虎竹の里からほのかな甘さと竹の香り憩いのひとときを届ける虎竹茶

日本唯一の虎竹茶



竹に囲まれた静かな里から日本唯一の虎竹のお茶をお届けします。
竹の葉をちぎり、こげないように注意しながら軽く炙ると、甘い香りが漂います。来店されたお客様にもお出しすると大好評だった虎竹のお茶。もっと沢山の方に喜んでいただきたくてパック入りのお茶にしました。



田舎のお茶会で虎竹茶を出してみました
こりゃあ、こじゃんと美味しいよ!
田舎のお茶会、おばちゃんも絶賛
田舎のおばちゃん 畑仕事の合間にひらかれる田舎のお茶会。「スッキリしちょって飲みよい」「香りがええちゃ」と大好評、ワイワイガヤガヤ今日の世間話は一段とにぎやかです。
この竹の葉がお茶になっちゅうかね? 竹の葉
身近な竹の葉が、こんな美味しいお茶になっていることに、虎竹の里のおばちゃんたちもビックリ。



心熱くなる思い出。
幼いころの思い出。 竹の工場
竹の工場に足をふみいれたら、そこは見上げるくらいの竹、竹、竹でした。

奥のほうから、あちらから、こちらから聞こえてくる、

竹を切る音
竹を割る音
機械のまわる音

裸電球で照らされた薄暗い構内を進むと、
竹を肩にかたいで運びこむ数人のはちまき姿の職人さん。
一束、また一束とトラックから竹をおろすたびに、少し湿った竹の葉が、
パサーッ、、、ヒラヒラと舞っています。

その竹の葉から

あっ…、甘い香り

ボクはこの竹の香りが大好きだったんです。
職人たち 大好きな祖父、職人さん
右に少し曲がった所には竹を横倒しにして山のように積み上げられた一角があり、そこに大好きな祖父がいました。

「ヨシヒロ、来てるんか?気ぃつけなあかんで」

じっとご主人様の仕事が終わるのを待っている愛犬のアトマも地面をするように尻尾を少しだけ振ります。


川に突き出すように作られたその作業場では、竹を色々な長さに切断する仕事をしていました。
明るい日差しと心地よい風が吹きこんでくるたび、いつも竹のほのかな甘い香りがする、自分の家族の働く工場の香り。
生まれた時からずっとある香りだと思っていました。


「ヨシヒロちゃんが来ちゅう」

口々に笑いかけてくれる、ほおかぶりしたおばちゃんたち。

「お菓子いらんかね」

色落ちしてボロボロになった前かけにも、指先に穴があきそうな軍手にも、竹の粉やら細い繊維やらがいっぱい。

手ぬぐいで汗をぬぐうそのおばちゃんたちの後には、いろいろな太さの竹が、長いもの、短いもの、様々なサイズに切りそろえられて束になり、天井近くまでうず高く積み上げられています。
竹の甘い香りが誘う、懐かしい時 湯抜き
チカチカする蛍光灯の下を歩いて向こうを見ると、もくもくと湯気があがっていて、何人もの職人さんが中腰になって脇目もふらず布で竹を拭いています。

お湯で竹の油分をふき取る湯抜きという作業でした。
数メートルもある長い釜から竹がとりだされるたび、
竹からもフワッ〜と湯気がたちのぼり

それと同時に、何とも甘い竹の香りが、また工場内に立ちこめるのです。


汚れたランニングシャツに地下足袋の職人さん。
木製の電信柱に錆びたトタン屋根。
台風のたびにどこかが飛ばされるようなボロボロの工場だったけれど

あたたかな大人たちが沢山いて
笑顔がいっぱいあって
いつも幸せだった幼い頃。

竹に囲まれ大好きな家族や職人さんと、
虎竹の里の大きな愛情につつまれていた懐かしい時。

竹の甘い香りがそんな古い時代にいざなってくれそう。
老舗竹屋の思い出を形にしたくて、虎竹のお茶をつくりました。



満たされる一服のために。
虎竹の葉を原料としている虎竹茶は材料集めから大変です。

竹の葉は沢山あるように見えますが、いざ、集めようとすると1本の竹からも本当にビックリするくらい少量しか集められません。竹林からトラックで運んで来るときにも非常にかさばるので、何度も何度も往復しないといけないのです。

集められた竹の小枝から竹葉を一枚、一枚手作業で摘み取っていくという、非常に手間のかかる作業を経て茶葉加工です。

そして、竹の葉をお茶用に粉砕するのが又なかなか大変です。通常の茶葉にくらべて竹は芯が硬かったり、そうかと思えば軽かったり、天然素材のため大きさも形もなかなか均一という訳にはいかず、普通のお茶用の粉砕機では加工できないのです。

美味しい虎竹茶葉に加工するために、地元高知からはじまり静岡から京都、九州、また、静岡…。全国のお茶どころを転々と探して回りました。あちこちを探しまわり、ようやく経験豊かで実績のある自然茶製造工場さんに出会うことができました。

製茶工場でこだわったのは焙煎温度。あまい竹の香りが漂う最高の状態に近づくように焙煎温度別の竹茶を用意してもらい、何度も、何度も試飲を重ねました。正直、どれも美味しい。それぞれに風合いがあると感じるものばかりでしたが、その中でもボクが一番だと思うものをひとつだけ選びました。

フワ〜っと香り立つ湯気のむこうに、幼い頃の活気にあふれる竹工場が見えてきそうな、そんな一服だと思っています。



これが日本唯一の虎竹茶。,作務衣,さむえ,SAMUE,竹虎四代目(山岸義浩、YOSHIHIRO YAMAGISHI、TAKETORA)



竹葉集め 1.竹葉集め
晩秋から1月までが年に一度の虎竹の伐採シーズンです。虎竹茶の材料集めも、この季節にあわせて枝打ちされた竹枝や竹葉を集めます。
枝打ちされた小枝から竹葉を一枚、一枚手摘みしていきます。見上げると沢山あるように思える竹の葉の量が伐り倒してみるすと意外に少なく非常に手間がかかる工程なのです。 一枚、一枚手摘み
竹葉摘み作業を手伝います
社員総出の竹葉摘み 社員総出の竹葉摘み
竹の小枝から竹葉を摘む作業は、とても手間のかかる仕事です。竹葉をフレッシュな状態のまま製茶工場に持っていくために短期間に竹葉摘みをせねばなりません。そこで、社員総出の竹葉摘みとなりました。
貴重な虎竹茶の材料
一年でも、この時期にしかできない虎竹葉の収穫が終わりました。機械化された製茶工場では、どうしても最低ロットがあり、必要な量を集めないと製茶が出来ません。ところが虎竹茶の材料もいくらでもある訳ではない貴重な材料です。製茶工場さんに無理を言って、なんとか少ない量で加工していただけるようにお願いしているのです。
お茶工場 2.粉末〜焙煎〜袋詰め加工
自然茶専門に製造していてるお茶工場で加工をお願いしています。特注の最新機械がならぶ衛生的な環境で袋詰め加工されます。
沢山の試作を重ねました 試作
自然の虎竹葉をどうしたら一番美味しく味わって頂けるのか、焙煎時間を変えた試作を作り試飲を重ねます。虎竹の竹林にいるような清々しい味わいや、幼い頃から親しんできた竹の心地よい香りを全国にお届けしたい一心なのです。
ワンランク上の風味を目指して 虎竹茶
そして、更に今回、ワンランク上の風味のある虎竹茶の味わいを目指して、製茶工場さんと何回も打ち合わせして変更追加した工程が「蒸らし」の工程でした。緑茶の製造などには蒸しの工程は一般的に広く使われている技法。虎竹茶の甘み、うま味を最大限に引き出すためひと手間かけた新しいお茶を完成させました。
生しい葉と乾燥した葉 生しい葉と乾燥した葉
竹葉はそのままでは、すぐに乾燥してしまい干からびてしまいます。寒い季節なら青々しいまま少しは保管しておけますので、短い期間にできるだけ竹葉を摘み取り集めます。生しい竹葉は素晴らしい竹の香り、山から集められてきた虎竹葉をそのまま瑞々しい良い状態に保ちながら工場まで届けるのです。
まるで新緑の竹林の香り まるで新緑の竹林の香り
新しく出来上がったばかりの虎竹茶を手にして思わず香りを試してみました。アルミパックを開けた途端、新緑の竹林にいるかのような素晴らしい香りに包まれます!「蒸らし」の工程を入れたお陰で前とは全く違う香り立ちに仕上がっています。
虎竹茶と竹虎四代目 若葉のような美しい彩り
さっそくお湯を沸かし煮出して入れてみた虎竹茶を見てまず一言
「まっこと綺麗な色合い、若葉の彩りぜよ」
蒸しの工程のせいか、少し緑茶にも近いような鮮やかな色合いに
感激しながら湯飲みを口に近づけると
フワッ〜とした、竹の甘い香り。
その瞬間心は幼い頃の懐かしい時間へと飛んでいきそうでした。
虎竹茶が完成。
沢山の人と時間をかけて、ようやく虎竹茶のできあがり。
大切に手の平に取ってみると、何となく愛おしいのです。
無漂白の袋を使用しています。 ティーパック
1パック4グラム入りのティーパックにしています。不織布の袋は無漂白の袋を使用しました。 ノンカロリー、ノンカフェインなので、小さなお子様からお年寄りの方まで安心して毎日ご愛飲いただけます。
ノンカロリー、ノンカフェインぞね。



パンダの主食である笹や竹は中国において漢方薬として古くから庶民に利用されてきた歴史があります。ハクチ(淡竹)やマダケ(真竹)の竹葉は熱病で衰弱した身体の余熱をとりながらさっぱりと回復させる作用を有することから人々の様々な生活条件の中で有効に利用されてきました。

この度、ハクチ(淡竹)を利用した『虎竹茶』が最先端の焙煎技術によって味と風味ともに優れた天然焙煎竹茶として誕生しました。『虎竹茶』が21世紀を生き抜く人々にとって健康維持飲料として大いに愛飲されることを期待したいと思います。
医学博士・薬学博士 岩倉 泰一郎
2009年6月5日
日本健康科学研究センター所長
医学博士・薬学博士 岩倉 泰一郎



ようこそ、新虎竹茶の時間ぞね。




  前回の虎竹茶よりも格段に香りがよくって、甘いにおいにワクワクしました。
一口のんでみると甘さはほんのり控えめで
生茶の様に葉(笹)の味が良く出ていると思います。
さっぱりスイスイ飲めるお茶です。
   
  きれいな黄緑色で香りも良くさっぱりとした喉ごし。
飲んだ後も口の中に香りが残る。誰でも飲みやすいと思います。
   
  以前の虎竹茶は冷やして飲む方が好みだったんですが、
新しくなった虎竹茶は断然温かい方が好きです。とってもいい竹の香りがして、
味はほんのり甘いのですが後味は残らず、すっきりしています。
温かい虎竹茶を飲みたいので飲みたくなったらその都度作るのですが
一人分をいれる時にはティーバッグを破って少量ずつ使っています。
   
  待ちに待った虎竹茶の出来上がりです。
白い湯飲み茶碗に入れると、何と綺麗な若草色!
蒸らし加工が加わったことにより香りも味も深みを増しています。
クセが無く優しい味なので、ごくごく飲めますし、お茶が余計な主張をしないので
食事やおやつ等、どんなお供でも相性が良いところが気に入っています。
   
  香り豊かな、ほっとするお茶です。
ご飯時でも、おやつ時でも場面を選ばず飲めると思います。

  煮出している時のやかんから漂う、優しい甘い香り。
温かい時だけ香るのかと思っていたけれど、冷めても優しくほのかに香ります。
以前の虎竹茶と違い、色合いが綺麗。緑茶が配合されているのでは?と思う程、鮮やかな色。
虎竹茶葉だけでこんなに綺麗な色、香りが出るなんて予想外。
お茶特有のクセもなく、甘みがあるので子供も「美味しい」と言って飲んでいます。
   
  冷たいと気付かないけど、温かいと虎竹の笹の葉のにおいが口から鼻へと広がります。
竹虎からのアロマです。
   
  飲めば気持ちが優しくなる、ちょっと心が軽くなる、そんな一杯です。
私はあったかいのも好きですが、個人的には少し冷たい虎竹茶が
より清々しくってお気に入りです。
   
  竹のお茶は自慢じゃありませんが、自社製品のお茶しか目にした事がないし、飲んだ事もありません。
当社自信作第二段、虎竹茶。白い茶器にそそがれた色の鮮やかな事。
黄を帯びた鶯色。なんとも清々しい色彩です。
一口飲むとさわやかな香り、口に含むと竹藪をイメージする涼やかな味わい。
飲み干した後の甘みが口の中に広がります。
100%竹の笹のお茶を飲むと、気持ちがさわやかになり気が引き締まる思いにさせられます。
どちらかと言うと、コーヒー紅茶の代わりにホッとさせられる一時を得たい時に飲みたいお茶。
その一時は優雅な時間に私を変えてくれます。



虎竹茶を楽しむ!!
虎竹茶を楽しむ!! >>>

動画で詳しく見る。







うん、蒸らしが違う
うん、蒸らしが違う


テレビで紹介されました
テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」老舗の大英断のコーナーで、虎竹茶をご紹介いただきました。
ノンカフェインで体に優しいお茶として、所ジョージさんや出演者の皆様に虎竹茶をお味見して頂き、感動もひとしおだったのです。

「所さんのそこんトコロ!」タイガー・タケトラお詫び >>>



日本唯一の虎竹の里からほのかな甘さと竹の香り憩いのひとときを届ける虎竹茶

日本唯一の虎竹の里から
ほのかな甘さと竹の香り
憩いのひとときを届ける虎竹茶

商品番号 ks00002

販売価格1,500円(消費税込:1,620円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.50

faqよくいただくご質問をまとめました>>>



■虎竹茶
■内容量:48g(12袋)
■素材:虎竹葉100パーセント
■原産国:日本製・国産

※ノンカロリー、ノンカフェイン

柳&#17731;さん(2件) 購入者

京都府/男性 投稿日:2016年12月24日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

竹の香りがしてすっきり飲みやすいのですが、一回に入れる量が多くカップ一杯分というわけにいかず、夏向き。熱湯で少量でも入れられるものがあるとありがたいと思います。

きたぼうさん(1件) 購入者

岡山県/40代 投稿日:2014年03月17日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

お試しで購入してみたのですが、飲みやすい。香りが笹?竹?の感じで全身に行く届くような感じでした。嫁にも進めたところ、とても喜びこれはいいねと…。体の中もきれいになった感じで、体調も良くなったと勝手に思い込んでいます。間違いなくリピしちゃいますね。パッケージもよく次は何買おうかと嫁と相談中です。





私のフレーバーティー


私は、ハーブティーが好きで頻繁に飲んでいるのですが、香りが強いものが多いためご飯ものとは合わず、食後にひっそり飲んでいました。どんな時にも良い香りのお茶でリラックスしたいと思った矢先、虎竹茶が登場したのです。

まるで、竹の葉をそのままもぎ取ってきたようなフレッシュな香りといえば伝わるでしょうか。最初に虎竹茶を口にした瞬間、香りいっぱいに包まれその心地の良さに驚きました。お茶と言えば香りを楽しむこともありますが、虎竹茶の場合は特に意識しなくても良い香りが自然と立ち込めてきます。一瞬、フレーバーティー?と思ってしまうほどです。

見かけは緑茶のように濁りない黄色でとても綺麗なのですが、飲んでみると竹茶独特の味がします。気になるお味ですが、ほのかに甘くて香ばしく口当たりはやさしいように思いました。私は一気に飲めてしまいます。少し豆茶に近い気がしました。から揚げなどのような油っこいものを食べた後に、虎竹茶を飲んでみますと口元がさっぱりします。また、カステラなど甘いお菓子と一緒に飲んでみますと、同じようにこれまたさっぱり。そんな虎竹茶は、冷めても美味しく感じます。新しい私のフレーバーティーに加わりそうです。



虎竹茶でいつまでも元気に


今回リニューアルされた虎竹茶は、香りの良さが際立っています。竹林の緑が映えるパッケージ袋を開けるとふわっと虎竹茶の香りがしました。食事の際に飲むだけではなく、クッキーなどのお菓子にも合いそうな気がします。甘いものや辛いもの、虎竹茶に一番相性のいい食べ物を探してみるのも面白いかもしれません。

今までの虎竹茶も美味しく好きな味だったのですが、新しい虎竹茶は前のものとはまた別の味わいです。同じ虎竹100%なのに、作り方に変化を加えるだけでこんなにも違いが出て来るものなのかとビックリしました。また、味だけではなく、色もとても澄んでいて、とてもきれいです。私は、伐採された竹の枝から、竹の葉を手摘みして集めるお手伝いをさせてもらったのですが、自分が集めた竹の葉が、こんなに美味しく飲めるようになって驚いています。少しでも、製造に携わった物が商品となることは、とても不思議な反面、嬉しい気持ちでいっぱいです。夏場等は冷やして飲むのも良いかもしれませんが、私は少し熱めかな、と思うくらいの温度で飲むのが好みです。作り方は、やかんに入れて煮だすだけなのでとても簡単。

私は祖父母と共に暮らしているのですが、2人とも毎日緑茶を欠かさず飲んでいます。そんなお茶好きの2人に、今度虎竹茶をいれてあげようと考え中です。休みの日にみんなでのんびりお茶を楽しむ時間を作ってみるのも楽しそうです。虎竹茶を飲んで、いつまでも丈夫で元気に過ごしてほしいと思います。



ほんのり甘みのある虎竹茶が大好きです。


我が家には2歳の息子がいますが、ほんのり甘みのある虎竹茶が大好きです。私も味はもちろんですが、虎竹茶を沸かすとほのかに竹の香りがするところも気に入っています。我が家では息子が飲むこともあり、少し薄めに作るため、水が約1.5リットル入るやかんに1パック入れて沸かします。冷蔵庫で冷やしてアイスで飲むこともありますが、息子のおなかのことを考えて常温で飲むことが多いです。

息子は赤ちゃんの頃からあまり水分を取ってくれず、汗をかきやすいと思われるお昼寝の後やお風呂上がりなど、定期的に水分を取らせるようにしていました。また、私の中で赤ちゃんはよだれを垂らすもの、という勝手なイメージがありましたが、息子はよだれをほぼ垂らすことがなく、水分不足で口が渇いて垂らさないのかと心配になり、小児科の先生に相談したこともあったほどです。

ミルクを飲んでいるうちは水分も一緒に取れるから気にしていませんでしたが、大人と同じご飯を食べるようになってからも水や麦茶などはあまり飲まず、野菜ジュースや牛乳なら飲んでくれる状態が続いていました。そんな時、久々に遊びに行った竹虎実店舗、店長が出してくれた虎竹茶を飲ませてみたところ、数回に分けてですが全部のみ、おかわりしたほどでした。それから虎竹茶を買い、毎日ではありませんが虎竹茶の時はやっぱり飲む量が違います。実際言葉で感想を聞くことはできませんが、嫌な事ははっきり「ヤーッ!!」と言ったり首を振る子なので、気に入って飲んでくれているのだと思います。

カフェインが入っていないこともあり、小さいうちから飲ませることもできたので、もっと早く気づいて試していたら水分不足の心配をしなくても良かったのにと思っています。お子様が水分補給をされず、お困りのお母様方には是非一度お試し頂きたいと思っています。









商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご


カートへ