創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     

竹虎2015

≪ 年賀状2014年 | 年賀状一覧 | 年賀状2016年 ≫

大きな鬼になれ、
大きな金棒を持て。



大きな鬼になれ、大きな金棒を持て、とは何ぜよ!?
彼は、高知県は須崎市安和の海に浮かぶ「鬼ヶ島」に住む赤鬼四代目。お気に入りの虎柄パンツをはいて、毎日気ままな暮らしを楽しんでいます。そんな彼の元に桃太郎からある挑戦状が届きます。「大きな鬼になれ、大きな金棒を持て」と...?。
何故大きくなければ駄目なのか、なぜ大きい金棒が良いのか赤鬼四代目には意味が分かりません。桃太郎の言う「大きな鬼になれ、大きな金棒を持て」とは一体どんなメッセージが込められているのでしょうか?しかし挑戦を受けてたった以上、引き返すと赤鬼がすたります。「大きな鬼と大きな金棒はどこじゃー!」答えを求めて三千里、赤鬼四代目は鬼ヶ島を後にするのでありました...。
答え求めて竹虎へ...
向かった先は、日本唯一の虎竹の里にある創業明治27年という老舗竹屋の竹虎です。ここでは昼夜を問わず熟練の竹職人やスタッフが、虎竹の製竹作業や商品作りに精を出しています。高知の田舎にあるものの日本でここにしか無い虎竹があり、長い伝統と歴史に支えられた竹材店。竹に関することなら全国どこにでも負けない!何でも聞いて下さい!そんな意気込みで全員が働いていますが、果たして「鬼と金棒」に関する答えを教えてもらう事は出来ますでしょうか...。
どうして竹虎へ?パンツが虎竹と同じ虎模様だ
赤鬼四代目は、なぜ竹虎へ答えを探しにきたのでしょうか。その理由はなんと自分の愛用している虎柄パンツにありました!ここにしかいない日本唯一の虎竹に浮かぶ美しい虎模様と自分の虎柄パンツが同じだからです!同じ虎柄同士、心惹かれるものがあったのかもしれません。




竹虎での答え探しは難航...!
意気揚々と竹虎へ乗り込んだものの、竹虎スタッフは大忙し。答え探しどころではありません。(むしろ大切な虎竹と見ず知らずの鬼のパンツが「同じ!似てる!」と一緒にされて怒っている様子...?)。このままでは昔話よろしく、鬼退治をされかねない雰囲気です。



 
ちょっと、赤鬼四代目さん!「鬼に金棒」の話はあの方じゃないと語れませんぞね。ネッツトヨタ南国のあの方の所に行かないと!!!
鬼と金棒の話はこの方なくしては語れません!!
株式会社ネッツトヨタ南国取締役相談役 横田英毅氏
株式会社ネッツトヨタ南国取締役相談役 横田英毅氏
株式会社ネッツトヨタ南国取締相談役 横田英毅氏
1980年にトヨタビスタ高知株式会社(現ネッツトヨタ南国株式会社)発足と同時に副社長に就任。2010年、同社取締役相談役に就任し現在に至る。ネッツトヨタ南国を強い企業体質に育てあげ、リーマンショック直後の苦戦を続けていた自動車業界の中、1社だけ売上を伸ばし、突出した業績を上げて周囲を驚かせた。

経営における重要テーマを「人材」と考え、同社、同グループのみならず高知県産業界の材問題の解決にあたるべく、「土佐経済同友会」「高知県パワーカンパニー会議」「高知県経営品質協議会」などの代表幹事、「土佐の教育改革」委員などを務める。

著書に「会社の目的は利益じゃない 誰もやらない『いちばん大切なことを大切にする経営とは』」がある。また坂本光司著『日本で一番大切にしたい会社 2』、天外伺朗著「『教えないから人が育つ』横田英毅のリーダー学」でも取り上げられるなど、雑誌やテレビにも頻繁に登場する。



いざ愛車でネッツトヨタ南国へ!
桃太郎の助言を受けた赤鬼四代目は早速、愛車でネッツトヨタ南国へ向かいます。何を隠そう赤鬼四代目の愛車もネッツトヨタ南国さんでお世話いただいたもの。

「ついでに点検でもしてもらうかにゃあ」赤鬼四代目がつぶやきます。
竹虎からネッツトトタ南国へ
青空にネッツトヨタ南国!
竹虎から愛車を飛ばして行くと高知の真っ青な空に爽やかなネッツブルーの看板が見えてくるのです。周りには自慢の格好良い車がズラリと勢揃い。思わず見とれてそのまま通り過ぎそうになりつつも、スタッフさんに丁寧に誘導されて無事にネッツトヨタ南国さんに到着です。
「答えを探してココまで来たぜよー!」
いよいよ鬼と金棒の答えを握る超重要人物、横田英毅相談役の元までやって来ました。鬼ヶ島まで轟く高名な方ではありますが、今までお話させて頂く機会はありませんでした。一体どんなお方なのだろうか? 期待に胸ふくらませる赤鬼四代目です。
ネッツトヨタ南国とは
新車・中古車の販売および自動車整備、損害保険・生命保険代理などを展開する自動車ディーラー。「お客様満足を追求し続ける」という信念にもとづき、四国自動車博物館、モータースポーツ場「モーターランドたぢかわ」の運営をするなど、既存のサービス概念を越えたビジネスモデルを実践している。2002年、日本経営品質賞を受賞。2010年にはビスタワークス研究所を開設した。常に進化し続ける自動車ディーラーとして地元、高知県を問わず全国から注目を集めている。 赤鬼四代目曰く「高知にあって奇跡の会社」。
顧客満足度連続No.1!!
なんと現在、ネッツトヨタ南国株式会社は日本全国のトヨタ販売会社(約300社)の中でお客様満足度ナンバーワンを12年連続で達成しているとの事。これは凄いです!車の購入にとどまらず車関連の相談の際には是非一度、ここげ足をお運び下さい。スタッフさんの素敵な笑顔とハツラツとした挨拶...顧客満足度連続ナンバーワンはココに来て体感してみないと分かりません!
ネッツトヨタ南国 >>>
注目を浴びつつ店内へ
突然の赤鬼四代目の来訪にスタッフさんはじめ、お客様は大驚き。「何で鬼が!?」「ママ怖いよ~!」と広い店内に小さなどよめきが起こります。しかし実は赤鬼四代目もネッツトヨタ南国さんのお洒落な店内や社員さんの素敵な笑顔に非常に驚かされていたのです。
「すぐに横田を呼んでまいりますので、今しばらくお待ちください。」と奥の席に通されます。本当に皆様、突然の来訪にはお騒がせしました!
お客様に愛想をふりまく赤鬼四代目く
横田相談役のご登場ぜよ!!!
横田相談役のご登場ぜよ!!!
う...後光がまぶしい!




 
この瞬間を今か今かとお待ちしちょりました!さっそくですが「大きな鬼になれ、大きな金棒を持て」をご教示くださいませ!!
お任せください。簡単にいうと鬼と金棒は「時代が求める人物像」を象徴しているんです。鬼が強くなるために金棒は欠かせません。ですが、強くなるためにはもっと大切なものがあるんです。それが、より大きな鬼になること。
大きな鬼になれ、大きな金棒を持て。
大きな鬼になれ、大きな金棒を持て。
大きな鬼になれ、大きな金棒を持て。
鬼は「人編本来の力」金棒じゃ「スキルや資格」
知行合一、時代が求める人物像
例えばコミュニケーション力です。国語力や知識がどんなに大きくとも、表情や理解力、信頼心など人としての魅力がなければ相手は心を開いてはくれないでしょう。
従来の教育方針は金棒だけを大きくすることだけに注力しがちなのかもしれません。必要なことは「知行合一」、鬼と金棒がうまくバランスをとれていることです。

仕事が楽しい、失敗を恐れない...これからの時代が求める人物像とは、大きい金棒を持った大きい鬼と言えます。



なるほど納得!
竹虎で修行の日々開始!
「大きな鬼になれ、大きな金棒を持て」の意味を知った赤鬼四代目は、さっそく竹虎に舞い戻ります。そして、大きな金棒を持つ大きな鬼になるべく猛特訓の日々を開始するのです。果たして赤鬼四代目は立派な竹の知識や技術を身に着け、社員に親しまれるような存在になれでしょうか!?


竹林からお客様へ...
竹虎で猛烈に働きだした赤鬼四代目。老舗竹屋の仕事は虎竹の竹林から工場の製造、そしてお客様まであれや、これやの大変さ、近所の番犬に吠えられる事にもめげず頑張ります。竹虎スタッフたちとコミュニケーションを築いたり切磋琢磨していく日々が楽しく感じられる毎日です。


仕事のやりがいが一番幸せ!
日本唯一の虎竹の仕事は楽ではありません、しかし修行を重ねるうちに 自分達にしか作り出すことのできない笑顔があるのでは?と気付きます。それは竹虎スタッフから全国のお客様へ広がる笑顔、赤鬼四代目は気ままな鬼ヶ島暮らしよりも、虎竹の里の人々と一緒に働くことの方に楽しさとやりがいを感じるようになってきました!


新春動画2015年はこれじゃあ!!






New Year Interview
新春インタビュー



鬼に金棒の話 鬼に金棒の話
山岸:今日は横田相談役に色々お伺いしたいと思いよりますので、どうぞ宜しくお願いします!実は僕は横田相談役のご講演をなんと今までに3回も聞いちゅうがですよ!

横田:ええ、そうなの?
山岸:そうながです、もうそのたびに鬼の話を聞いて感動して感動して...このお話はご自分で考えられたんですか?
横田:あれは昔からある話なんだけど、あまりスタンダードになってないね。

山岸:いつか、この鬼の話しを紹介できる機会がないかと思いよったがです。
横田:ははは、そうですか。



山岸:今朝もご講演されていたがですよね?一体どちらで?
横田:桂浜荘です。熱心な方々が14~5人ほど集まって合宿してるんですよ。メンバーは県内外問わず。夜は遅くまで話して呑んで、そんな合宿です。

山岸:僕達e商人養成塾がやりゆう9月合宿と似てますねえ~!
第8回高知e商人養成塾9月合宿 >>>

山岸:横田相談役は、もう呼ばれたら全国どこにでもご講演に行かれるんですか?

横田:どんな所でもお話しますよ。年間セミナーやグループなんかで70回、県外は40数回ほどかな?
山岸:さすが精力的にやられよりますねえ!



講演の話は必ず一番前で聞く
山岸:実は僕は横田相談役の講演の時、あまりにも近くで話を聞きたくて舞台のそでに上げさせてもらったことがあるがです。その時、ちょうど一番前の席が空いちょりませんで...けんど、どうしても一番前で聞きたくって。舞台まであがってすぐ横の袖でお話を聞かせてもらいました!

横田:本当!?

山岸:これは別の方に教えて頂いた事でもあるがですけんど、一番前で聴くのと、一番後ろで聴くのとは10倍違うそうながです。そう聴いてから、ずっと実践しゆうがです。社員にも「話は一番前で聞かんとイカン!」って言い聞かせちょります。



あこがれのツーショット あこがれのツーショット
ネッツトヨタ南国スタッフさん:あの~ネタバレにならない程度に本日のことを、弊社のHPに載せても良いですか?
山岸:全然エイですよ~...って、ええ!?載せていただけるんですか!?嬉しいちや!
横田:ネタバレはしませんから(^^)
山岸:ネッツトヨタ南国さんに載せていただけるなんて...ほいたらちょっとツーショットを撮らさせていただいても!?
横田:どうぞどうぞ♪
山岸:いやあ、僕がずっと昔から憧れちゅう方と写真がとれるなんて...はいチーズ!今度はポーズを変えてっと...はいもう一枚!!

横田:そういえば、こんな衣装どこで買ったんですか?
山岸:インターネットです。
横田:こんなの売ってるんですね~、まさかその姿でここまで運転してきたんですか?
山岸:はい、運転してきました!!
横田:それはそれは、対向車の方はビックリしたでしょうね...
山岸義浩氏×横田英毅氏
山岸義浩氏×横田英毅氏
「きょうのVISTANETZ」事件
実は今回は恒例の年賀状プレゼントページにて、竹虎四代目のシルエットクイズを公開する予定でした。しかし横田相談役とツーショットが撮れると言う喜びのあまり、その旨を伝えることをうっかり失念していた竹虎メンバーたち。見事に「ネッツトヨタ南国 きょうのVISTANETZ」にて、赤鬼姿を先行初公開されるという珍事件が起こってしまいました。
ネッツトヨタ南国 きょうのVISTANETZ「節分ではありません」 >>>

竹虎四代目から2015年の年賀状をお届け! >>>



きっかけは日本経営品質賞受賞
横田:その姿は年賀状のためですよね。どれくらい出されるんですか?
山岸:だいたい3500枚ほど出してます。
横田:まるで有名人のような枚数ですね!

山岸:そんな大層なものではないがです。自分は県外から来られちゅう生徒の多い明徳中学高校卒業です。そして大学を卒業する時にも仲間が全国へバラバラに離れるじゃないですか、そこで県外にいる友人達に一年に一度、一枚の写真にその一年の事、あるいは次の一年の事を自分なりに報告をしようと思ったのがきっかけながですよ。
横田:なるほど...じゃあその3000名の凄い方に私を紹介していただけるんですね(笑)

山岸:いえいえ!横田さんは、こじゃんと有名ですので、すでに経営者の方は皆さんご存知です!!ご講演や研修などの依頼も多いと聞いちょりますが。



横田:きっかけは2002年に日本経営品質賞(中小規模部門)を受賞したことです。2~3年は各地へ呼ばれたけど、数年後には減ってくるかと思ってたら、学びを感じてくれることがあったのか減るどころか、どんどん呼んでもらえて...。

山岸:高知にあって全国から注目されるような凄い会社は聞かないですからね。

横田:四国で受賞したのはウチだけです。2002年の時は、大阪より西側での受賞は無かったんです。



15年ぶりの再会 15年ぶりの再会
山岸:僕は中学校の時から、ずっとヨサコイ祭りをやっていて社会人になってからも大学のチームでやりよりました。もう15年くらいずっと離れちょりますが、ある日ネッツトヨタ南国さんに立ち寄った時の事ながです。そしたらキャビンアテンダントさんみたいな、こじゃんと綺麗な方は話しかけて来てくれたがです。「山岸さん、お久しぶりです!」って。まっこと全然見覚えなくって誰やろう思いよったら、なんと当時のヨサコイに参加されていた方やった!本当に見違えて別人でした。

横田:そんなこともあるんですねえ。
山岸:ネッツトヨタ南国さんから「優秀な人は採用しない。1~2番目に優秀な人は地元の会社に行ってもらって、下にお人を引っ張る会社にする」っていうお話を聞いたがですよ。

横田:そうしたいと思ってるだけで、まだまだですけどね(^^)
山岸:「あの人がこんなに美しいたたずまいの方に成るのか~」って驚きました。さすがネッツトヨタ南国さんです。




会社と社会
会社と社会



モノを売るのではなく、夢を売る会社に
山岸:ネッツトヨタ南国さんは業績も年々伸びちょりますよね。

横田::いや、業績は全国1位ではないんです。でも顧客満足度はトヨタの販売店300店の中でずっと1位。12年間ずっと1位をキープしています。

山岸:僕も車をコチラで買わさせて頂きゆうがですけど、実は忙しい事もありあまり車の説明は受けちょりません。まあ、担当の下村さんから買うなら間違いないと思って...(笑)余所にはない、ネッツトヨタ南国さんにある車が欲しいと思ったがです。
横田:ネッツトヨタ南国は、モノを売る会社じゃないからね。もっと別のモノを売る会社が作りたい。
山岸:何を売りゆうがです?
横田:会社の...ネッツトヨタ南国が持っている夢、かな?一言で言うと夢を売っているし、車じゃなくて下村幸一を売っているこの会社の物語、金棒ではなく鬼の大きい人間を作ろうとしているという物語を売っています。
山岸:凄いです。
横田:車が売れるというよりも、この話を聞いた人が「ここで買おうかな?」ってなる。それは物語が売れたことになりますよね、そういう話です。



社会貢献は、社員を幸せにすること
山岸:車の販売会社は、社員さんの定着率が良くないと聞きますが...。
横田:あまり良くないですよ。ウチはまだ良い方だけど業界としては決して良くない。
山岸:それを変えるために人の教育にご熱心になられたがですか?

横田:社員が辞めない会社を作ろうというのは目標でしかないからね。目標よりも目的の方が大事です。目的は、社会貢献。
山岸:社会貢献ですろうか?

横田:社会貢献の中にある、一番身近な社会とは何かと言うと実は「社員」なんですよ。普通はね、お客様やビジネスパートナーや社員の後に「社会」がきます。私はね会社も社会の一員、なら社員も社会の一員と思っているんです。
横田:社会貢献活動と言うと、自社のイメージアップのために社会貢献をアピールするじゃないですか。だから利益が出たら何らかの形で社会に還元するのが一般的ですけど、それは自分たちとお客様とビジネスパートナーを除くものなんですよね。

私はココを切り離すべきではないと思うんです。だって自分たちがいるから社会があるんですから。社会の中で一番身近なのは社員、だから社会の中の社員に貢献する。社会の中のお客様に貢献、社会の中のビジネスパートナーに対する貢献なんです。
お客様が幸せでも、社員が幸せじゃなかったら意味がない
山岸:社員に対する貢献は、どんなことを??

横田:社員を幸せにすれば良いです。社会を良くすることと、社員を幸せにすることは一緒なんです。社会の中の一番身近なところに社員がいるのだから。社会を良くしようと思ったら、まず一番先に身近な社員に貢献しないと。世の中は社員が犠牲になって貢献しがちですよ。「ワーク=ライフ、ライフ=ワーク」。一体としてみなすべきだと私は思う。
横田:少し深く考えたら誰もが気づくことじゃない?社会貢献は社員貢献。企業の存在価値を一言で言うと「社会貢献」になるよね。社会の一番身近にいるのが社員、次がビジネスパートナーで、3番目にお客様と。

山岸:社員、ビジネスパートナー、お客様の順に幸せですか!?まずはお客様がきそうですが...。

横田:いくらお客様が幸せでも、社員が幸せじゃなかったら意味がないですよ。たぶん私の考え方は、もの凄い常識なんです。でも多くの人が気付いてないだけ、全然特殊じゃないんです。

山岸:特殊じゃないけれど、中々出来ないことばかりじゃないですか。
横田:出来ないんじゃなくて、やってないだけかな。どうやったら良いかを考えないから、やらないだけなんですよ。




社員を日本一幸せにしたい




社員を日本一幸せにしたい
山岸:横田さんは、どんな所を目指されゆうがですろうか?
横田:良い会社。
山岸:何かいつも変えなさいって言われているじゃないですか。経営なんかもとにかく変えろって。それでエイ会社っていうのは...これから目指すエイ会社っていうのはどういう...?

横田:エイ会社っていうのは目指すべき方向なので方向は変わりません。永遠とまっすぐ行ってるだけ。
山岸:どういう方向ながですか?
横田:エイ方向!
山岸:...横田さんの考えられるエイ会社ってのはどんな会社なんですか?
横田:凄くエイ会社、凄く凄くエイ会社!
山岸・横田:あははははははは(笑)

横田:まず社員ひとりひとり全員が日本一幸せな会社。
山岸:社員が日本一幸せですか。
横田:全員というのがひとつの大きなハードルですし、日本一というのも大きなハードルです。だから100年そこらじゃ到達はしないでしょう。だからひとつ、そっちの方向を向いて進めたら良いなかって。
山岸:凄いです。「社員ひとりひとり全員が日本一幸せな会社になる」ですか。遥か彼方...考えたこともなかったです。



幸せ=やりがい 幸せ=やりがい
山岸:横田相談役の社員は幸せですね~!
横田:そりゃそれを目指してますから!仕事中は社員が幸せなら、それで良いんです。それ以外は知りません。

山岸:仕事中だけ?

横田:仕事中の幸せと言うのは「やりがい」なんです。やりがいとは何だと言うと、人によって色々ありますし差もありますが、一言で言ったら「幸せなのはやりがいを感じること」。



横田:社員は家族じゃありません。家族なら、いざという時も一緒に連れていきますよね?でも会社がいよいよになったら、やっぱり社員は切り捨ててしまう。そんな甘い優しさは会社にはいりません。

...そうなんですが、ウチの社員は忘年会や社員旅行に家族を連れてきたがるんです。社員は家族だと言っている会社は、家族を無理やり連れてくるでしょう?そうじゃないんです。家族じゃないけど、社員が別の社員の子供の面倒を見たりとか...いつの間にか家族のようになっている。

山岸:そういう経営者が増えると良いですね。

横田:そういう考え方ばかりの人になると、日本の中小企業は大きく変わるでしょうね。
幸せ=やりがい
横田:ここには幸せはあるけれど、満足はあまりないんです。幸せと満足は、全く別のモノですから。満足だと幸せ、幸せだと満足、何だかゴチャゴチャにしがちですけどね。

例えば、旨いモノや好きな酒をガブガブ飲んで、怠惰な生活を送れたら大満足ですよね?でも体を壊して不幸せになれば、満足はなくなります。満足ってね、追い求めると幸せが遠ざかっていくんです。幸せがどんどん遠ざかっていって、最後には満足もなくなるんです。そういうメカニズムになってるんですよ。

だから幸せを追及すれば良い。幸せを追及すれば、幸せって割と簡単に手に入るんです。朝起きて「良い朝だな~」って叫んだら、もう幸せになる。幸せになる手段はいくつもありますよ。仕事中に幸せを実感している集団は、仕事が面白いから一生懸命働くし自分を高める工夫をします。そうするとその集団は業績があがる、業績があがると給料も賞与も沢山もらえる、休みも増える。あまり残業しなくてよくなる、そういうのは満足要因です。ネッツトヨタ南国にはまだまだ満足要因は足りないけれど、幸せ要因はあります。

山岸:幸せの後から満足がついてくるってことながですね。
横田:働く人の幸せはやりがい。人がどんな時にやりがいを感じるかと言うのはいくつかあるけれど、ソレを良い方向に変えていくようにしてやれば良いんです。




僕は僕は人を見る目がないんです



社員の「上」ではなく「横」にいる社長になる
横田:(竹虎スタッフに向かって)会社、毎日面白いでしょう?社長がまず面白いですもんね。

山岸:そんなことないです!!(笑)ネッツトヨタ南国さんのように面白くしたいんですが中々...やっぱり社長の力以上に、会社は伸びないと言われちょりますので...僕は社長の器では無いがですよ。

横田:私も「社長を越える会社はできない」って、この会社を始める前に知ってたんですよ。出来ないとしたら自分がただの社長のままの会社では限界がある、それじゃ面白くないって。そんなの世の中の常識ですよ、常識通りだと面白くないから破るんですよ。非常識ですね。「この人は変わってる、変わり者だ」って言われるんです。

そうやって考えた結果、俗に言うリーダーシップをとらなければ良いって答えになりました。リーダーシップをとってしまうと頂点に落ちてしまう。自分で考えて、自分の考えで一番大事な所をああしろこうしろって言ってしまうと自分を頂点にした会社ができてしまう。だから自分は横にいようと考えたんです、上ではなく横にいればいいと。社員に「どうしたいの」って聞いて「じゃあそれで行こうよ」って。
山岸:それであの大原光秦さんのような凄い方がいらっしゃるようになったがですね!
横田:そういうこと(^^)
山岸:自由にあなたのやり方でやりなさいって言ったら、大原さんのような方ができた?
横田:簡単に言えばそういうことです。こういう会社じゃないと、ああいうのは出てこないと思う。




思うようにならないから面白い!
山岸:僕も一生懸命はやりよりますが経営は、それでも難しいんですよね...。
横田:思うようになったら経営は醍醐味がない、思うようにならないから面白い!

山岸:社員の手前、聞きにくいがですが僕は採用でも人を見る目がないと言いますか...。

横田:見る目がないなら、山岸さんが選ばなかったら良いんです。社員に社員を選ばせてください。社長ってのは見る目がないんです、人を見るために社長になった訳じゃないんですから。

山岸:ハッ!それは確かに!

横田:人を見る時は、年齢が近い方が正しく見えるんです、遠いと見えません。上から下を見るのも正しく見えません。「上司、部下を知るのに3年。部下、上司を知るのに3日で知る」。下から上は見やすいけれど、上から下は見えくいんですよ。だから組織の上にいる人が社員を選んでは駄目。2~3年ほど会社にいる社員が選んだ方が良いですよ。
山岸:なるほど、良い考えですね!!
横田:その方が性格も合います。採用は経営者の仕事なので、それを担う一社員も経営者の様になります。
山岸:全社員が経営者のようになると良いですよね。

横田:自分が選んだ社員だから自分も一生懸命、面倒をみるようになるんですよ。辞めたら自分の責任だから(笑)
山岸:良い事づくめですね。

横田:若手社員や一般社員に会わせると、会社の姿が見えるんです。それなら相手はこの会社に会うか否かを自己判断します。社長は世間話をしながら一緒に食事するだけ。こんな会社にしたい...そんな夢を語るくらい。それ以上はあんまりしないんです。



休日の過ごし方は?
山岸:お休みって何されてます? 横田:休日は子供っぽい遊びを少し...あ、写真見ます??
山岸:おお!ラジコン!本格的ですねえ!よく仁淀川の河口のとこで飛ばしよりますね。

横田:ジェット機なんですよ、ジェット機なんですがモーターでタービンをまわして飛ぶがです。今は本物のジェットエンジンのやつもありますよ、実物のジェット機と同じような音がします。コッチの写真はヘリコプターです。
山岸:ヘリコプターは操作が難しいと言いますよね。僕はプロペラがついたモノしか見たことなかったのでジェットは初めて見ました。

横田:ジェットも電池とモーターで飛ぶんですよ。音もなかなか本物に近くって、キーンと音がする。最近は電池が凄く高性能になって、昔の電池の4倍くらいパワーがあるんです。
山岸:結構、高価なんじゃ?

横田:これは実は発泡スチロールで出来ていて精密に出来てるんですけど意外と安いんですよ。



山岸:ラジコンをやり始めて何年ほどに?
横田:二十歳くらいから。昔はスタント機やってました。スタント機は空に自由にフィアーを描くんです。フィギアスケートと同じ、まっすぐ進むかと思ったらUターンして回転したり...空に自由に絵を描くんです。
山岸:そんな前からですか!確か昔、コーラの当選でもらえる、紐のついたところを回すラジコンが...。
横田:ユーコンですね。今は技術がもの凄い進んで、機材も安くなってますから。見えない所まで飛んでいって、PCで設定したその通りに飛んでいくんですよ。操作がいらないんです、例えば火山の火口の撮影とか...。

山岸:面白そうですね~。休みの過ごし方で、その人の価値がはかれたりしますよね。
横田:そうかなあ?でも休日の過ごし方で「この人は凄いかも!?」って思ったりはしますね。茶道とか高尚なやつ、まあ一概には言えませんが(^^)




大阪からポップコーンパパ参上!!
大阪からポップコーンパパ参上!!



大阪からはるばる車を買いに!? 大阪からはるばる車を買いに!?
横田:あ、あの人たち県外からきた人です。皆さ~ん!大きな金棒を持った、大きな鬼さんですよ~!
(一同、大笑い)
山岸:県外の視察の方か、何かですか?
横田:今朝の勉強会の4人です。大阪の人達ですけど、今日うちで車買うそうです。 山岸:ええっ!?県外の方が買うんですか...普通はありえないですよね?県外で買うと色々不便じゃないですか。大阪でも同じ車を売りゆう販売店が、近くに沢山あるろうに。



横田:ウチで車を買うために千葉から飛行機で来られる方もいました。そして、1ヶ月点検の時に12~3時間かけて千葉から運転して来るんです。

山岸:普通は絶対にないでしょうね~。

横田:ネッツトヨタ南国のファンになってるんです。その方は12ヶ月点検でも、ちょっとした板金塗装でも車を持ってきました。それで飛行機に乗って千葉へ帰るんです。1週間後に点検が終わったら、また飛行機に乗ってココまで来て、その車に乗って12~3時間かけて千葉に帰っていきましたよ。



山岸:凄い話ですね...。
横田:その方は変わってますけどね、普通はいません。ネッツトヨタ南国で車を買ってもメンテナンスは余所ですよ、普通は。
山岸:変わってますね。県外からわざわざ車を買うらあとは初めて聞いたがです。
パパさんからサプライズプレゼント♪
ポップコーンパパさんにご挨拶させて頂いた後日、なんと社長の宮平さんが竹虎まで自慢のポップコーンをサプライズでドドーンと送って下さいました。偶然のご縁を大切される姿勢や、思いたったら即実行の素早い行動力に感激です。本当にありがとうございました!
ポップコーンパパ >>>




物を売るバカ
物語を売る人



別のモノを売ると言う考えが大事 別のモノを売ると言う考えが大事
横田:そうそう!ネッツトヨタ南国ファンの方が転勤する時にもね、ウチで車を買ってから転勤していったんです。
山岸:やっぱりコチラで買いたいってことですよね。車自体は何処でも売りよりますから。
横田:そう、だからモノを売るんじゃないんです。別のモノを売ると言う考えが大事。そういうことを分かりやすく書いた本がありまして「物を売るバカ 売れない時代の新しい商品の売り方」。
山岸:僕もモノではなくて竹虎の伝統とか四代続く歴史とかを買うて頂きゆう思う時があるがです。



横田:名刺に24時間体制と書いてますが何をやっているの?
山岸:それは...成功される方が皆やっていると教えて頂いて、真似して書きました!そうやって書いちょっても誰も夜中の2時に仕事を持ってこないから、書くだけ書けと。自分の携帯電話の番号も、絶対書いちょかなイカンって。
横田:そこまでしますか。

山岸:竹を皆様に忘れられかけてしもうて竹虎は経営がこじゃんと苦しゅうて半分以上倒産しかけちょったがです。今でもそうですが、ボクは田舎者で頭も悪いし、自分で考えてもエイ事はありません。教わった事はまず、何でもやってみようと思いゆうがです。



横田:ところで、虎斑竹ってそんなに有名なんですか?
山岸:え!虎斑竹をご存知ない!?
横田:聞いたこともない(笑)

山岸:イギリスのBB放送が取材にきて、ユニクロともコラボしたがです!この虎模様の竹を見かけたら全国どこであったとしても虎竹の里の竹です!1.5キロ間口の谷間でしか育たないがです!山の際から頂上まであるがですけど、この間口の内側にしか生えなくて久礼の方や須崎の方まで峠を越したらもう生えてない!そんな不思議な竹ながです。

土佐虎斑竹という命名の父が世界的植物学者であられた牧野富太郎博士ですけんど五台山の牧野植物園には博士が土質を研究した地図があるがです、それによると安和の谷間だけ土質が違うので独特の虎模様が浮き出るのもそのせいじゃないかとも言われちょります!あとは京都大学の研究機関が2回ほど来られたがやけんどその時には土中の特別な細菌がおるき、その作用じゃないかとの事でした!



 
横田:へええ~!
山岸:まあ、ハッキリしたことは何ちゃあわかってません。けんど横田相談役もご存知ないとは、やっぱりPR不足やにゃあ~。この間会った高知森林組合の方も知らなくて、意外と知られてないんだな...と驚きましたちや。

横田:この虎模様は余所に植えたらどうなるの?
山岸:模模様は出ません。牧野植物園がリニューアルする時も20株ばあ植えましたけんど、しばらくしたら普通の竹に戻っちょります。
横田:ああ、やっぱりその谷独特のがあるんだねえ。
虎斑竹とは? >>>   ユニクロ×竹虎 >>>



facebookの活用
横田:facebookに今日のお話は載せるんですか。
山岸:ええ、載せれたらと思いよります。

山岸:ネッツトヨタ南国さんは企業用としてfacebookは使われよりますか?
横田:いやあ~、ないねえ。
山岸:それやったら絶対するべきやと思います、ネッツトヨタ南国さんのような会社は!
横田:そう?

山岸:絶対やるべきです。リアルのイベントもよくやられよりますろう!?ファンは沢山おられるしfacebookユーザーもおると思います。インターネットとリアルの素晴らしい相乗効果が期待できると思うがです。

横田:やり方を勉強します、わからんかったら聞きますね。



虎斑竹専門店 竹虎facebook
虎斑竹専門店 竹虎facebook >>>
竹虎四代目facebook
竹虎四代目facebook >>>
日本唯一虎竹部facebook >>>
日本唯一虎竹部facebook >>>
「リアルを大切にしている会社は絶対にfacebookを活用するべきなんです。」



山岸:けんど横田相談役がもし情報発信されたら、沢山の人が反応してもの凄い良いツールになるがじゃないですろうか。講演もそうですけんどファンの方は必ず見よります。ネッツトヨタ南国さんのページを作れば、コチラでしか出来ない活用の仕方が広がると思うちょります。

横田:車の販売活動にも使えそう...あ、それよりイベントの案内に使いたいなあ。
山岸:こじゃんと使えると思います!インターネットはもう何年も前にパソコンから飛び出しちょります。人そのものと言うても構わんと思います、人間力のツールですきにネッツトヨタ南国さんにはピッタリです。ほいたら横田相談役、今日は、まっことありがとうございました!
横田:いえいえ(^^)
山岸:色々教えていただきまして、ありがとうございます!!
横田:お疲れ様でした~。




変えられる。
変えられる。
怖かった。
僕は横田さんの事をずっと前から知っちょりましたがお会いする事が出来ませんでした。仕事の合間をぬって講演を3回も聴くほどやったのに個人的にお話するのが怖かったがです。田舎の小さな竹屋、頭も悪く、会社の経営らしい事は何ちゃあ出来ていない、こんな男がお会いさせて頂いても申し訳ないと思うてきました。

こんなお話を聴いたことがあります。ある有名な経営者の方が1000人の社長さんの前でお話ししたそうです。質疑応答の最後に 「よい会社を作るには、どうしたら良いか?」そんな質問が出ました、会場の皆さんが注目するなかその方は 「よい会社にしたいと思う事ですな。」と言われたそうです。1000人の中で一人の聴講者の方がその言葉で「思い」の大事さを知り、今では世界にも名前の轟く大企業を作られちゅうそうです。
無限の可能性。
ネッツトヨタ南国さんは高知県にあって奇跡の会社様ではないかと思うがです。この方は凄いと尊敬する経営者の方に出会いお話していると、いつも社名が出てきます。それでも今日も、今に満足される事なく更に高みを目指して躍進されゆうと思いますが、こんな素晴らしい会社も横田英毅氏の、たった一人の「思い」から出来ちゅうことに無限の可能性を感じるがです。

自分は小さく、弱い、けんど明日も明後日も同じやろうか?
竹を愛したい。
僕はまったく自慢出来る事もなく、横田さんやネッツトヨタ南国さんと比べると取りに足らない男であり、会社ですろう。けんど自分は変えられる。明日は変えられる。

本気で日本の竹を変えたい、本気で竹を信じたい、命を賭して竹を愛したい。

その腹が座った時に、ようやく、この方にお会いする勇気が出たがです。ちっくと時間がかかりすぎたし、遠回りもしたがですが早すぎる事もなく、遅すぎる事もない、ちょうど今しかない最高のタイミングでお会いできたと思うちゅうがぜよ。
竹虎四代目




2018年4月23日 雲の上、別天地に灯る竹照明
高知県に梼原町という少し面白い町があるのです。平家の落人伝説の残る町は須崎から距離にしたら43.5キロと特別に遠い所ではありません  
2018年4月21日 続・虎竹コーヒードリッパー
一杯取りの小さいな物がイメージです、素材は蓬莱竹を使って網代編みされた塩取り籠タイプを試作してもらいます。何個か試作している時に、  
2018年4月20日 虎竹コーヒードリッパー
  昔から使われていた籠の中で塩取り籠という、あまり一般的には聞きなれない籠があります。これは円錐形をした網代編みの竹籠で、使用時に  
2018年4月19日 京の絶品、カツサンド
  「ちょっと面白いカツサンド出します」言うて京都・木屋町にある、もち料理 きた村のご主人さんが出してくれたのがコレだったのです。最  
2018年4月18日 腰に小さな魚籠ひとつ
  職人が、あめご釣り用に大事にしていた魚籠は、かなり色合いも良くなっていますが同じような形でありながら数段小さく編んだ魚籠があるの  

30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」 >>>



竹虎四代目年賀状一覧


















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご