虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)

年越し特集

年越し

ゆく年くる年は、縁起の良い竹を。

今年も残すところあと少し。年越しの準備は万全でしょうか?竹は松竹梅と言われるように、竹は成長が早く一年を通して青々とした生命力にあふれていることから縁起の良い植物とされています。大掃除や年越しそば、年末年始の家族団らんに…年越し特集では、一年の幸せを願うお正月だからこそ是非使っていただきたい竹製品を集めました。

  • 大掃除の道具
  • 年越しそば、おせち料理
  • 年始のご挨拶に
  • 新年の正月飾り

昔ながらの一本。大掃除の道具たち

棕櫚箒 棕櫚箒

棕櫚箒(シュロほうき)

棕櫚箒(シュロほうき)は、掃除機のように電気を使う事なくエコな上に音もせず静かにお掃除できると見直されています。棕櫚箒は、お手入れ次第で末永くご愛用いただける逸品。20~30年もご愛用いただけると言われています。

マンションやアパートにお住まいの方、帰宅の遅くなる方には、掃除機のように音がしないので深夜でも気兼ねなくお掃除できるのがお気に入りの理由。 気になるところだけササッと掃けてスピーディー、電気も使わず経済的なところも嬉しいのです。

棕櫚箒

フローリングや板の間に最適

細く丈夫な繊維質の束のため小さなホコリやゴミも逃さない箒にピッタリです。しなりがある棕櫚繊維はフローリングのお掃除に最適の箒です。杉や檜材の床掃除に使いますと棕櫚の油でツヤもでると言われます。

年越しそばの定番、国産竹ざる

磨き当縁ざる 磨き当縁ざる

水切りが抜群、磨き当縁ざる

磨き当縁(あてぶち)ざるは、竹表皮を薄く剥いだ「磨き」と呼ばれる竹で縁を飾った竹ざるです。時間が経つほどに色合いが深まり、より愛着の湧いてくる竹細工のひとつ。

一本一本の竹ヒゴは平らではなく厚みを持たせたカマボコ状の竹ヒゴです。水切れが抜群ですのでザル蕎麦を盛り付けたり野菜の水切りなどにも適しています。

磨き当縁ざる

鍋料理やすき焼きの盛り皿にも

清々しい青竹の磨き当縁ざるは、ざる蕎麦だけでなく鍋料理やすき焼きの野菜などの盛り付けにもピッタリ。 磨き当縁ざる(大)は家族3人前、サイズ(小)は1~2人前となっています。ご夫婦など2人前の量を盛り付けるのに丁度の大きさです。

年始のご挨拶を印象付けるパートナー

虎竹名刺入れ 虎竹名刺入れ

虎竹名刺入れ

日本唯一の虎模様の浮き上がる不思議な虎竹、しかし全てにその色づきがあるわけではありません。虎竹名刺入れは色づきの良い竹を厳選して使用する事によって虎竹の模様がそのまま楽しめるように製作しています。虎竹の里に広がる美しい竹林、優しく差し込む陽の光、吹き抜ける清々しい風を持ち歩けたら…そんな思いを込めました。

使えば使うほどに醸し出されてくる色艶、深まる愛着、一生涯大切にお使いいただきたい逸品です。

虎竹名刺入れ

約70枚をたっぷり収納

革を立体的に設えることによって左右それぞれ35枚ずつ合計約70枚もの名刺を収納することができます。新年会や営業先への挨拶周りなど、忙しいビジネスパーソンにも自信をもってオススメです。

一生使えるからこそ「相棒」

自然素材のいいところは、使うほどに深まる風合いと愛着です。来年も再来年も虎竹名刺入れと一緒に新年を迎えられる。一生使えるからこそ相棒と呼びたいのです。長くご愛用いただけるよう、修理もたまわります。使えば使うほどに味がでて風合いが増し手放せなくなる虎竹名刺入れです。どうぞ安心して毎日ご愛用ください。

新春の空気を清々しくする最高級竹炭

虎竹名刺入れ 虎竹名刺入れ

日本唯一の飾り竹炭

日本唯一の虎竹の中でも色づきの薄い白い虎竹が、土窯でじっくり焼き上げられ、インテリア用の飾り竹炭として生まれ変わりました。 自然そのままの虎竹を焼き上げた飾り竹炭は、1本1本に割れや曲がれがあり表情豊か。凛とした竹炭の美しさに見ているだけで心が癒されます。飾り竹炭のあるお部屋で、過ごす時間はきっと一際楽しいものです

虎竹名刺入れ

炎の芸術、銀の光沢

竹の節をそのまま、割れや、曲がり、ひしゃげなど1本1本が高温の炎により個性的に生まれ変わりました。高温で焼き上げられた竹炭の表面はなめらかで艶があり、高級感のある銀色の光を放ち輝きます。

現在登録されている商品はありません。

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 杉蒸篭(せいろ)
  • 竹炭温感サポーター
  • 名人作 真竹しなり耳かき
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)