虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)

姿を消す伝統の竹細工たち。

竹籠や竹ざる、竹箸など、竹は日本人にとって昔から暮らしの中でなくてはならない身近な素材でありました。現代でもその存在は多くの人を支える一方で、近年のライフスタイルの変容や新素材の登場、海外輸入品の流通、職人の後継者不足により姿を消しつつある竹細工もあります。日々の生活を支え続けてきた竹たちを、これからも少しでも伝えていきたい、そんな思いで現在は製造できなくなった竹細工をこちらに掲載しています。

虎竹飯かご



虎竹めしかご 饒舌に語る美しさ。
美しいデザイン、均整のとれた形が職人の確かな手業を饒舌に物語ります。手にしっくりくる質感、驚くほど堅牢な編み込み、飯かごとして使うのがもったいなくなるような虎竹飯かごです。
飯かご



虎模様 独特の虎模様と匠の技
虎竹の渋みのある虎模様が食卓を彩ります。卓越した職人の匠の技と共に、二つと同じ風合いのない自然の意匠をお楽しみいただきたいのです。
匠の技



日本で唯一、土佐の虎斑竹(とらふだけ)
虎斑竹について
竹の刈りだし、選別
虎竹の山出し
虎竹の伐採
虎竹の選別作業
虎竹の製竹作業



内側部分 内側に虎模様
本体を両手で押してみても、びくともしない程頑丈な本体かご部分。上蓋をのけると、竹の一番丈夫な表皮を内側にむけて編み込んでいます。



二重の編み込み
  本体部分は丁寧にヒゴ取りされた虎竹を表皮を内側にして編み込み、さらにその外側を高台からのびた六ツ目編みで覆う、特有の形になっています。



座りのよい高台 高台部分
芯を交互に巻き付けた高台が、しっかり本体をささえます。
底部分
渦巻き模様が美しい底部分。



虎竹飯かごのサイズ


※虎竹飯かごのお手入れ方法
日常のお手入れは堅く絞った布などで軽く拭く程度にしてください。汚れがひどい場合にはサッと手早く水洗いして、完全に水分をふき取ったあと、直射日光をさけて風通しのよい場所で十二分に乾燥させてください。浸け置き洗いや食器洗い機などのご使用は絶対にお避けください。

※虎竹飯かごの保管方法
保管の際には直射日光を避け、風通しの良い場所でお願いいたします。ビニール袋など通気性の悪いものにいれての保管はカビの原因となりますのでご注意ください。

※丁寧にヒゴ取りして編まれていますが、細い竹の毛羽立ちが出ている場合がございますのでお取り扱いにはご注意ください。




虎竹飯かご

商品番号 sa00559
商品説明
虎竹飯かごは、手にしっくりくる質感、驚くほど堅牢な編み込みから、飯かごとして使うのがもったいなくなるような竹かごです。虎竹の、渋みのある虎模様が食卓を彩ります。卓越した職人の匠の技と共に、二つと同じ風合いのない自然の意匠をお楽しみください。
詳細情報

虎竹飯籠(かご/カゴ)

■サイズ:約直径23×H13cm
■素材:虎竹
■原産国:日本製・国産

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 調湿竹炭パック
  • 竹炭温感サポーター
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • たけまが無料登録
  • 竹虎倶楽部
  • インターンシップ
  • 求人募集<竹虎>
  • 会社概要(The company explanation)
  • Tiger Bamboo's New Yorker bag
  • 第11回世界竹会議

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)