豊かな竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
目利きの一枚。土佐龍×竹虎



目利きが厳選!土佐の自然に育まれた、四万十ひのき。
四万十ひのき 四万十川
  最近はよく目にするようになった「四万十ひのき」
そもそも名付け親はこの方、池龍昇さん。
竹虎が竹に情熱をかたむけているように、土佐龍の池さんが熱く語るのは「木」
特に四万十ひのきには台風の多い高知県ならでは。
しなりや油分が多いなどの優れた特徴があると言います。
標高何メートルのひのきがえい。 四万十川流域
  「はあ?」最初はびっくりしました。木は山にある、当たり前。どれでも同じかと思っていました、ところが違う。大違い。こりゃあ、たまげた。やっぱり土佐のいごっそうじゃあ。
高知は日本一の森林県 土佐龍
日本は世界で第2位の森林国というのはご存じでしたか?そして、高知は日本第1位の森林県。そんな高知にあって森と真剣にむきあう土佐龍さん。

土佐龍さんとは祖父の代からお付き合い。会社も近くてボクの母校明徳義塾の近くにあり、当然のようにお子さんも明徳、自分の後輩になります。そんな関係で会社にお伺いする事も多いのです。



池さんと話していたら、たまに思うことがあります。木のことばっかり話をしだしたら止まりません。あんな話、こんな話。次から次へと気がついたら夕方。けれど、一貫しているのが木への深い深い愛情なのです。
山の元気
  「木」と「竹」という違いはあれど、おなじ山の素材を扱うものとして、もっともっと山に活力をと思いを同じくするものとして、もう少しふみこんだモノがご紹介できないだろうかと考えました。それが、四万十ひのきのまな板。

デパートや催事などでは、まな板は人気で何百枚と持っていかれていたそうです。
そこでよく聞かれることが

「この中で、どのまな板がいいですか?」

そのたびプロの目利きとして池さんが選んでいたのが四万十ひのきの中心部、油分がより多い赤みがかったまな板。ラミネート包装しているとヤニがでてパッと見には汚れているかのような一枚こそ抗菌性が高く、防腐効果もあり衛生的に長く使えるものなのだそうです。



四万十ひのき自立型スタンドまな板の特徴
サッと水切りできる自立型まな板
スタンド詳細
この四万十ひのきのまな板の更にひと味ちがうところが、使ったらすぐに水切りできるよう自立型のスタンドを付けているところ。スタンドをクルリと回して使います。

また、スタンドとボタンには、水に強いため昔からお寺の廊下などにも使われることの多い山桜材を使用しています。
収納時の通気性を確保しました。 自立時には下部に隙間ができます。
  スタンドを立てると、この通り。
下の部分が浮き上がっていますので、清潔で衛生的なのはもちろん、通気性もあり水切れが早いのです。
四万十ひのきまな板 まな板いうたら絶対に「木」ぜよ。
包丁の刃をいためず長持ちさせるのでまな板は絶対に木じゃないとイカン。高級刃物メーカーやユーザーさんからの嬉しい声をいただくだけあって、池さん自信満々に力説する顔が輝いています。
四万十ひのきの香り 香りに癒されそう
  四万十ひのきにはフィトンチッドという癒しの香り成分が多く含まれています。リラックスした爽快感を感じるこの優しい香りには消臭、抗菌作用もあるのです。



土佐龍 池龍昇さん
土佐湾から浦の内の奥まった静かな入り江に面した土佐龍さん。沢山の四万十ひのきの材料が山のように積み込まれて潮風にふかれています。
目利きのプロ
  ずっと土佐の森を見てきた、この道一筋の職人気質。
池さんが元々油分の多い四万十ひのきの中から更に「油分の多い」特別な材料だけを厳選します。
製造工程
たくさんの四万十ひのきから厳選
  素材を厳選。
丸太を工場で板状に加工して保管しています。この中から元に近い中心部の脂分の多い赤みがかった部分を選んでいきます。
板状の四万十ひのき



四万十ひのきを荒削り
2人一組となり、厚みを整えていきます。
荒削り作業



サイズに切断
決められた長さに切断します。
切断作業



面取り作業 角を丸く面取りします。
手作業での面取り。
手にやさしい仕上がりとなるのです。
面取りの機械



仕上げの磨きをかけます。 磨き作業
仕上げには、更に目の細かいペーパーを使い、ていねいに表面を加工していきます。



ネジでスタンドを留めます。   スタンドの取り付け
山桜のスタンドとボタンを取り付け、焼き印を押して完成です。
スタンドと焼き印




3サイズ揃って更に使いやすくなりました。
ご家庭でも使い勝手のいいサイズから一人暮らしの方まで。
(大)(中)(小)全部で3種類の中からお好みのサイズをお選びいただけます。
自立させた時の安定感を考えて横置きタイプ。竹虎オリジナル横置きタイプ
  37センチ(中)、45センチ(大)のまな板(カッティングボード)は長さがあるため、スタンドで自立させたときの安定感を考えて横置きタイプにしてもらいました。
まな板は長い方が木材の縦方向なので、自立させた場合37、45センチのものは木目が横に向いてしまいますが、サイズ(小)と同様に水切れはまったく変わりませんのでご安心ください。



よくある質問
薬は使ってないですか
薬剤につきましては、全く使用しておらずひのき本来が持っている抗菌作用を利用しておりますのでご安心頂けたらと思います。

内祝いとしてふさわしいですか
ご購入下さるお客様で内祝いのお品にとお選び頂く方もいらっしゃいますので是非、ご検討頂けましたら幸いです。

耐久性
金具部分 スタンド部分の取り付けにつきましては、金具で取り付けておりますので、長くご愛用頂けるかと思います。なお、レビューに自立の部分から壊れていくというお声がございましたようですが、誠に申し訳ございませんが、当社ではスタンド部分から壊れたというお声は聞いたことがございません。しかし、スタンド部分が壊れてしまった場合は、破損状況により、メーカーさんの方でお直しできる事がございますのでその際はお気軽にご連絡頂けましたら幸いです。

重さを教えてください
サイズ(大)が約1.6kg、サイズ(中)が約1.3kg、サイズ(小)が約800gg程ございますので何卒よろしくお願いいたします。なお、自然素材のヒノキを使用しております為重さの違いがある場合がございますことをご了承頂きますよう何卒よろしくお願いいたします。

両面使えますか
両面のご使用は可能ですので何卒よろしくお願いいたします。ご愛用頂いておりますお客様の中には食材により表、裏と使い分けされていらっしゃる方もおられますし、水切れが良いというお声も頂いております。 裏面

熱湯消毒していいですか
熱湯消毒して頂いて大丈夫です。なお、当社でもひのきのまな板を愛用している社員がおりますが魚や肉など使用後は熱湯消毒しております、ご参考にして頂けたらと思います。

どのように洗えばいいですか
まな板ですが、職人に確認させて頂きましたところお手入れ方法につきましては、通常のまな板同様ご使用前に、一度、サッと水洗いして頂きご使用後は、洗剤、または水洗いで汚れを落として頂けたらと思います。






ギフトラッピングについて
手書きメッセージ



四万十ひのきまな板のサイズ



まな板の脂(ヤニ)について まな板の脂(ヤニ)について
四万十ひのきの脂(ヤニ)が写真のように出てくることがあります。特にラミネート包装されて時間がたつとこのように目立つのですが、実はこれが木が健康な証拠といわれています。

赤みの強いこのまな板は、一見汚れのように見えるヤニも特に多いのですが、実はこのヤニこそが雑菌の繁殖をおさえる抗菌力、防腐性も高い秘密なのです。お湯で洗うと簡単に流せますので全く問題ありません。ご安心ください。
ご注意ください。 ご注意ください。
乾燥等により、まな板の木口(断面部分)へ細かい割れが入る事がありますが、大きく割れになる事はなく、ご使用には差し支えありませんので何卒よろしくお願い申し上げます。



■脂(ヤニ)パワー
四万十ひのきのヤニは木が健康な証拠です。
ヤニは汚れではなく雑菌の繁殖を抑える抗菌力の固まりです。
ヤニが多いほど水に強くて板の黒ずみを防ぎます。
余分なヤニが出た場合は熱湯に浸けて洗い落として下さい。

■ご使用の前に
パッケージを開けますと天然のひのきの香りが漂います。
お使いいただくうちに、ひのきの香りは落ち着いてきます。
まな板は水にぬらしてからお使いいただくと、汚れやにおいが付きにくくなります。

■取り扱いのご注意
ご使用後は急な乾燥によるひび割れや反りを防ぐため、直射日光や温風などによる急激な乾燥は避けてください。
食器洗い機、食器乾燥機、電子レンジのご使用は避けてください。
ひのき自体に抗菌、抗カビ作用があり、水に強く黒ずみにくい素材ですが、ご使用後はすぐに洗って水をきり、風通しのいい場所で陰干ししてください。
長時間水に浸けた状態で放置したり、浸け置き洗いは黒ずみやひび割れなどの大きな原因となりますので、おやめください。
















この四万十ひのきのまな板の更にひと味ちがうところが、使ったらすぐに水切りできるよう自立型のスタンドを付けているところ。スタンドをクルリと回して使います。

また、スタンドとボタンには、水に強いため昔からお寺の廊下などにも使われることの多い山桜材を使用しています。






スタンドを立てると、この通り。下の部分が浮き上がっていますので、清潔で衛生的なのはもちろん、通気性もあり水切れが早いのです。





包丁の刃をいためず長持ちさせるのでまな板は絶対に木じゃないとイカン。高級刃物メーカーやユーザーさんからの嬉しい声をいただくだけあって、池さん自信満々に力説する顔が輝いています。



四万十ひのきにはフィトンチッドという癒しの香り成分が多く含まれています。リラックスした爽快感を感じるこの優しい香りには消臭、抗菌作用もあるのです。
















ご家庭でも使い勝手のいいサイズから一人暮らしの方まで。(大)(中)(小)全部で3種類の中からお好みのサイズをお選びいただけます。




37センチ(中)、45センチ(大)のまな板は長さがあるため、スタンドで自立させたときの安定感を考えて横置きタイプにしてもらいました。
























四万十ひのきの脂(ヤニ)が写真のように出てくることがあります。特にラミネート包装されて時間がたつとこのように目立つのですが、実はこれが木が健康な証拠といわれています。赤みの強いこのまな板は、一見汚れのように見えるヤニも特に多いのですが、実はこのヤニこそが雑菌の繁殖をおさえる抗菌力、防腐性も高い秘密なのです。お湯で洗うと簡単に流せますので全く問題ありません。ご安心ください。

乾燥等により、まな板の木口(断面部分)へ細かい割れが入る事がありますが、大きく割れになる事はなくご使用には差し支えありませんので何卒よろしくお願い申し上げます。



■脂(ヤニ)パワー
四万十ひのきのヤニは木が健康な証拠です。ヤニは汚れではなく雑菌の繁殖を抑える抗菌力の固まりです。ヤニが多いほど水に強くて板の黒ずみを防ぎます。余分なヤニが出た場合は熱湯に浸けて洗い落として下さい。

■ご使用の前に
パッケージを開けますと天然のひのきの香りが漂います。お使いいただくうちに、ひのきの香りは落ち着いてきます。まな板は水にぬらしてからお使いいただくと、汚れやにおいが付きにくくなります。

■取り扱いのご注意
ご使用後は急な乾燥によるひび割れや反りを防ぐため、直射日光や温風などによる急激な乾燥は避けてください。食器洗い機、食器乾燥機、電子レンジのご使用は避けてください。ひのき自体に抗菌、抗カビ作用があり、水に強く黒ずみにくい素材ですが、ご使用後はすぐに洗って水をきり、風通しのいい場所で陰干ししてください。長時間水に浸けた状態で放置したり、浸け置き洗いは黒ずみやひび割れなどの大きな原因となりますので、おやめください。



<土佐龍×竹虎>池龍昇さん厳選!
油の多い四万十ひのきだけで作った
スペシャルバージョン
目利きの専門家がイチオシする
サッと水切りできる
自立型のスタンドまな板(大)
竹虎オリジナル横置きタイプ

商品番号 hi00009
販売価格 ¥ 8,000 消費税込 ¥ 8,800
申し訳ございません。只今在庫がございません。
商品説明
四万十ひのきスタンドまな板は、水に強く、抗菌性の高い、まな板に最適な油分の多い四万十ひのきだけを厳選して作った、自立型スタンド付きまな板です。使った後は立てて収納。水切れがよく、いつでも清潔。四万十ひのきスタンドまな板(大)/約W45×H24×D3cm、約1.6kg
詳細情報

四万十ひのき自立型スタンドまないた(大)

■サイズ:約W45×H24×D3cm
■重さ:約1.6kg
■素材:四万十ひのき、サクラ
■原産国:日本製・国産

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 父の日ギフト
  • 虎竹四ツ目弁当箱
  • 竹かごバッグの魅力
  • 竹製大根おろし(おにおろし)と竹皿のセット
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)