桝網代編み

2017年11月24日

竹,編み方,網代網,桝網代編み


久しぶりに網代編みを編みました。網代編みは竹細工を始めた頃から好きな編み方で、オーソドックスな長桝網代をはじめ、その編みヒゴの幅を変えながら編むだけで編み目が波模様に見える波網代、六角形の底になるクモの巣網代など、網代編みの籠ばかり作っていた時期がありました。


網代編みは基本的には3本すくって3本押さえるといった基本形があり、それを少し変化させたり、編み替えたりしながら思った形や模様にしていきます。編み方はワンパターンながらも、隙間の無いように編み、模様を綺麗に見せるために細いヒゴを使うことが多いため、ヒゴの本数がどうしても多くなる編み方でもあります。


またぴったりと編み目を詰めていくにはある程度のヒゴの薄さが要求されるため、0.05ミリ単位での精度でヒゴを取る必要があります。割り剥ぎの段階で出来るだけ薄く剥いでおき、銑と呼ばれる片刃の刃物のついた道具で、ヒゴの裏の厚みを取りながら厚みを揃えていきます。


今回は網代にしては少し幅の広い5ミリ幅のヒゴでしたので、厚みは0.45ミリのヒゴを取りました。あまりやらない桝網代編みという中心がはっきりしていて、周囲に向かって桝目が広がっていく編み方で編みました。


単純で正方形に編める編み方なので、何も考えずに編め、やりながら、やっぱり網代編みって好きだなと再確認した桝網代編みとなりました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹釘

2017年11月 9日

竹釘,袖垣,


直径7mm、長さ500mmの竹の丸棒が届きました。竹虎でも丸竹串を販売していますが、直径は約2.5mmほどですので、これはかなり大きなものと言えるでしょう。実はこの丸棒は15cmほどにカットし、先を削って尖らせて竹釘にするのです。


虎竹玉袖垣などの袖垣は孟宗竹と虎竹の丸竹で骨組みを組んでおき、それから格子を組んだり、孟宗竹の上に割った虎竹を貼りつけたりして完成させます。その最初の骨組みを組む時に、中が空洞の竹と竹を止めるのにこの竹釘は必要となるのです。


竹は中が空洞で身の部分は薄いので、木材のように普通の釘を打ち込むと、まず竹自体は割れてしまいますし、効きません。そのために竹に下穴を開けておき、その穴よりほんの少し大きな竹釘を打ち込んで、かっちりと固定するのです。


虎竹枝折戸などの丸竹で組むものも同様で、その竹の大きさに合わせて細い竹釘を用意しておき、同じ要領で組んでいきます。竹の格子を組む場合も動かないように所々竹釘を打ち込んで固定したりもします。同じ材質の竹ですので、違和感なく目立たないのも利点です。


言われなければわからないほどに目立ちませんし、丈夫さでは鉄の釘に到底かないませんが、竹と竹を組むためには、この竹釘は必要不可欠な脇役なのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)




このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.