台風一過の虎竹の山

2017年10月26日

台風,高知,竹林,虎竹の里


超大型の台風21号が過ぎ去りました。高知県内でも道路の冠水や、強風による住宅の屋根やビニールハウスの破損など、たくさんの被害があったようです。すぐ前が海という立地の竹虎本社工場も以前の台風では屋根が飛ばされたり、雨が吹きこんだりと何度も被害に遭いましたが、今回の台風では大きな被害もなく安心しました。


とはいえ、台風当日が衆議院選挙投票日ということもあり、テレビが開票のニュースばかりで各地の被害が分かりにくかったのですが、県内はもとより、全国各地で大きな被害が出ているようです。改めて自然の怖さを感じた台風となりました。


台風が過ぎ去った後、被害がないかと自宅やそれぞれの会社を見回ることだと思います。農業をされている方は、畑やビニールハウスや農作物の被害がないかと見回ることだと思います。自分は竹屋ですので、当然竹林を見て回ります。


台風,高知,竹林,虎竹の里


ほんの1週間前に2日かけて重機を入れての山の道の整備をしたばかりでしたので心配していましたが、道はこのように綺麗なままです。しかしあちらこちらで竹が倒されています。根を大きく張り、また竹はしなやかでなかなか折れたりしないのですが、これを見ると山はなかなか強い風が吹いたのだと感じます。


実はこの山には崩れそうな山肌など心配をしていた場所が2か所ほどありました。しかし雨が少なかったこともあり、崩れることもなく、土砂災害的な大きな被害はなかったように思います。


これからが竹を伐るシーズンです。竹を伐る前にまず、倒れた竹や雑木などの整理をすることから始めます。今週末も台風が接近する恐れがあります。どうかそれますように、また他の地域にも何も被害がないようにと願うしかありません。












| コメント(0) | トラックバック(0)


菊割りの修理

2017年10月12日

菊割り,修理


菊割りとは丸い竹をその刃の枚数に均等に割る道具です。竹の大きさや割り幅によって割り枚数を変えるために、竹虎にも3枚割から22枚割くらいまで、多くの菊割りがあります。その菊割りの手が折れてしまいました。


金属で出来たこの菊割りの手が折れるというのはよっぽどのことのように思えるのですが、これまでにも数回折れたことがあります。この菊割りは鋳物で出来ており、鋳物で出来たものは折れたり、割れたりするということを経験上知っています。


鋳物とは金属をとかし、その形に作った鋳型に流し込んで作る製造方法です。詳しい事はよくわかりませんが、その製造方法で作ると鉄の中に炭素が多く混ざり、その炭素量によって鉄の持つ性質が変わるため、この製造方法で作る鉄のことを鋳物と呼ぶようです。


その性質の最も大きな差が鉄の強度や硬度などの材料としての強さの性能だそうです。炭素が多いと材料は硬くなりますが、反面、粘り強さが落ちてきます。硬いものは限度を超える力がかかると折れることがあります。


鉄は固いというイメージがありますが、よく考えてみると鉄板などの薄い物は手で容易に曲げられます。違う製造方法で作られる、いわゆる一般的な鉄には炭素含有量が少なく、どちらかというと硬くはないが、粘りがあるということなのでしょう。


それを考えると、なぜこの菊割りが鋳物で出来ているのかが、推測されます。竹は杉などの木材よりも固く、孟宗竹など身の部分の厚いものを割るのには大変な力が必要です。鉄でできた菊割りで割っていると、少し違う方向に力がかかったりすれば、薄い刃の部分が曲がったりしてしまいます。


その点、炭素含有量の多い鋳物は固く、曲がったりはしません。だから竹虎に昔からあり、ずっと使ってきている菊割りはほとんど鋳物で出来ているのです。手が折れたといっても、その炭素含有量のせいか、鋳物は普通の溶接では強くくっつけることができず、また別の特殊な溶接が必要なようです。


この菊割りが鋳物で出来ている理由がその硬さゆえなのかは自分の推測でしかないのですが、昔からある道具にはそれなりの理由があり、先人の知恵の積み重ねの結晶だと思うのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)




このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.