灰吹

灰吹 灰筒 茶道 お茶 抹茶


灰吹は灰筒ともいい、煙管の灰を落とし入れるための竹の筒で、一服後に煙管の先を下に向けて、灰吹の縁にコツンと当てて吸い殻を落とす、いわば灰皿のような道具です。紙巻きタバコの普及で、今は煙管でタバコを吸う人をほとんど見なくなりましたが、時代劇などで、そのような場面を見た方も多いのではないでしょうか。


今の時代では考えられませんが、江戸時代には「客あればお茶より先に煙草盆」と言われるくらいに、お客さんをもてなす道具であった煙草盆の中に煙草に火をつける火入れや、煙草入れ、そして灰皿代わりの灰吹がセットされていたようです。


茶道では三か所にこの煙草盆が置かれるそうで、灰吹は茶席では通常竹が用いられ、直径一寸五六分(約45mm)の青竹を高さ四寸(約120mm)から四寸五分(約150mm)に切ったものが使われるようです。


青竹の灰吹をお探しのお客さまからのご依頼でしたが、正式ではないのでしょうが、虎竹の里ならではの虎斑竹で灰吹を製作させていただきました。直径と高さは規格通りにしっかり選別し、真っ直ぐ立つように底面をきっちり揃え、面取りをしてケバ立ちをおさえました。


この灰吹もそうですが、竹トラッカーや虎竹バックニューヨーカーなど、虎竹の里からは日本唯一の虎斑竹で作られた製品とともに、自慢の虎斑竹が世界中に旅立っているのです。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹格子化粧版

施工 蘭 ショールーム 虎竹格子


ランを展示販売されているショールームに、虎竹で格子を組んだ化粧板を取り付けさせてもらいました。以前は立て簾を日よけ代わりに立てかけていましたが、竹の大好きな施主様になんとか虎竹を使って造作ができないかと声をかけていただきました。


最初は丸い竹を立て簾代わりに編んで、立てかける案で進んでいましたが、光の調整ができないことや、重量の問題などの理由で計画を変更し、この虎竹の格子の製作となりました。


何度か足を運び、虎竹格子化粧板の高さや格子の幅、間隔、そして虎竹の色目、格子を縛る四万十カズラ、シュロ縄飾りなど、詳細に話を詰め、実際にサンプルを2枚作って見てもらってから、この虎竹格子化粧板の仕様に決定しました。


化粧板の上に取り付けるブラインドも同時進行で進んでおり、ブラインド設置は前日にやっと終わったところでした。ブラインドを化粧板の後ろに垂らすために、虎竹化粧板の取り付け位置がはっきりしてなく、また取りつける場所が直線ではないために、正確な大きさが出せず、ある程度作っておいて、現場で合わせながらの製作、施工となりました。


施工 蘭 ショールーム 虎竹格子


全長18mの場所になんとか取り付けた後、施主様からは「震えがくるくらい良い」とお褒めの言葉をいただき、ショールームの担当者さんからも、「今日お休みの別の担当者さんが明日出社したらびっくりして喜びます」と嬉しいお言葉をいただきました。


ブラインドとの関係や虎竹化粧板のサイズや施工、何よりお客様に出来上がりを満足してもらえるどろうかと、いろいろ心配もあった施工でしたが、喜んでいただけて、ほっと一安心した虎竹格子化粧板の取り付けとなりました。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


新入社員が入ってくれました。

朝礼 挨拶 職人 竹虎


新しい年度に入り、竹虎本社に新入社員が入ってくれました。この春に高校を卒業したばかりのフレッシュな新入社員です。新入社員はもちろんのこと、新しい人が入ると職場の空気が変わるので、それをいかにプラスの方向に変え、いい雰囲気でみんなが気持ちよく仕事できるようにと、当たり前ですがいつも考えています。


初めて覚えてもらう仕事は一番大事な朝礼です。朝礼の中に竹虎のすべてが入っていると言っても過言ではありません。すべてがお客様に喜んでもらうにはどうすればいいか、そのためになにができるか、竹虎はどこに向かっているのか、そして自分たちはそのために何をするのか、ということを毎日の朝礼の中で確認し合い、学び合い、そしてその練習の場にもなるのが自分の考える朝礼です。


今回、新入社員が来てくれたことを機に、どうしてもマンネリになりがちな朝礼をもっともっと意味のある朝礼にしていこうと、あいさつに磨きをかけることにしました。


磨きをかけるとは意識的に心を込めるということです。毎朝のあいさつの練習もただの朝礼の中の習慣のようになってきています。それをどこまで心を込めてやっていけるかによって、感謝の念も強くなり、あいさつも本物になり、意識も上がり、そのあとの連絡事項やいろんなお客様対応についても本気で考え、取り組んでいけると思うからです。


いろいろな課題やいたらない部分もたくさんありますが、今できることをきっちりやっていくことで少しずつ何かが変わり、それがお客様にも必ず伝わると信じています。


それは工場の職人も同じことです。大きな声を出したり、きっちり動きを合わせることなど、本気でやろうと思えば今すぐできることをしっかりやっていく意識を持ち、確実にやっていかないと次の進歩はありません。


新入社員がどう成長できるか、そして自分も含め、今までいた社員がどれだけ当たり前のことに磨きをかけていけるか。工場の職人たちがどのように変われるのか。新しい年度を迎え、新しく仲間に入ってくれた社員に負けないように、一緒に成長したいと思うのです。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


竹虎スタッフの通勤バック

竹虎スタッフの通勤バック


スズ竹市場かごは主に東北地方などの寒冷地で育つスズ竹という、鉛筆ほどの大きさの笹のなかまの竹を使って編まれた、竹虎の商品の中でも人気の高い買い物かごです。腰の強い、粘りのあるスズ竹を使って編まれたこのかごは丈夫で軽く、竹という素材の魅力満載のかごと言えるのではないでしょうか。


それがゆえに、竹虎のスタッフにもファンが多く、通勤用のバックとして、多くのスタッフが愛用しています。お弁当や、水筒などを入れて出社し、帰りはそのまま買い物バックとして活躍しているようです。


底には力竹という補強用の竹を入れてあり、また手には柔らかいビニールホースを使っているため、重い物を入れてもびくともせず、手も痛くありません。野菜などをたくさん買ってもどっしりと安定感があるため、車の助手席に置いても倒れることがなく、本当に使いやすいかごです。


竹虎スタッフの通勤バック


それでも毎日、何年も使っていれば補修が必要な場合もあります。あるスタッフの市場かごの手が傷んでしまったので、修理をしました。といっても手部分のヒモがほつれたくらいで、かご自体は全く傷んでいません。


修理ができたことで喜ぶスタッフの笑顔を見て、喜んでもらえる仕事のありがたさを感じたとともに、改めてこの市場かごの丈夫さを感じた修理となりました。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


竹と向き合う

竹と向き合う


虎竹は山から刈りだされた後、土場で1本1本大きさや色つきごとに選別され、それから竹虎工場にトラックに積み込まれてやってきます。それをまた大きさや色つきによっていろいろな規格の長さに切断していきます。


その後、竹をガスバーナーであぶる油抜きという作業をして、竹の中の油分をしみださせ、竹の表皮についている油分と汚れを溶かして拭き取って綺麗にしていきます。


竹は真っ直ぐに伸びているイメージがありますが、立っているときは分かりにくいですが、倒して横にすると思った以上に曲がっています。竹は熱することで柔らかくなるので、油抜きの時の熱を利用して、同時に曲がりを矯正する、矯めるという作業をすることがあります。


竹細工用に割ったり、短くして使う分には構わないのですが、建築材料や加工材料として使う場合は、真っ直ぐに矯正しておかないと使いにくいために、この矯める作業というのは竹材を扱うものとしては当然必要な、大変重要な作業の一つです。


矯める作業というと、油抜きされた虎竹を矯め木と呼ぶ大きな穴の開いた木に差し込んで、真っ直ぐに矯正していく作業ですが、その作業が出来るように、虎竹をバーナーで炙り、油分と汚れを綺麗に拭き取り、そして竹を柔らかくするために適度に熱を加えるという作業も重要です、


油抜きだけの作業であれば、必要以上に竹に熱を加える必要はありませんが、竹を矯めれるくらいに柔らかくするのには、ある程度の熱入れが必要です。しかしあまり火を入れ過ぎると焦げてしまったり、竹の節の中の空気が膨張してパンと破裂してしまうことがあるので、そうならないように気をつけなければなりません。


竹は1本1本すべて曲がりや大きさや身の厚さ、乾燥具合や性質が違います。1本の竹でも先の方と根元の方でも身の厚みが違いますし、節間の長短によっても破裂する限界は違います。


持った時の竹の重さ、あぶった時の油の出具合や質感、虎竹の模様や色の変化などから、その竹の乾燥具合、身の厚さ、固いか粘りがあるかなどを見極め、竹の曲がりも見ながら、その竹のあぶり具合を判断して適度に熱を入れなければなりません。


油抜きの作業自体は毎年のインターンシップ生に体験してもらっているように、教えてもらえばそこそこやることはできます。それを綺麗に、早く、そして1本1本竹を見て、わかって、それに応じて熱を入れていくためには油抜きの作業をうまくなるのではなく、竹を知ることです。


1年目の新入社員はまだまだ全くわからないようで、何本も破裂させてしまいます。もう30年もやっている職人でさえ、その判断は難しく、たまにパンっと破裂させてしまいます。しかし難しいですが、難しい事を当たり前にできてこそ職人ですし、そうありたいと思います。


そのためにもまず竹をもっと知り、竹にもっと向き合い、まず竹の職人にならないといけないと思います。職人の仕事にゴールや完璧や満足はありません。竹虎の職人が得意とする矯めるという作業1つとっても、いろんな意味でまだまだだと、パンっと竹が破裂する音を聞くたびに、そう感じるのです。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


山にある道

山にある道


虎竹の里の山といっても、いくつもの自分など名前もしらない山が連なり、またその山の中にも谷があり、小さな川があり、またその山は一般の土地と同じようにたくさんの人の所有に分かれています。虎竹の生えている場所もその山の杉や桧の林の中に、あちこちに分かれて点在しています。


そのあちこちに点在している虎竹の山を呼ぶ場合は、どこそこの、誰だれさんの山、どこそこの2段目、どこそこの奥の端、などと呼んでいます。またその虎竹の山でも、「今年は南斜面を切る」、「去年は下を切ったので、今年は上を切る」などと、虎竹を伐ってくれている切り子さんとはいつも話をしています。


虎竹の色つきの良し悪しは日当たりにも大きく影響されていて、その山がどちらの方向を向いているのか、日当たりはどうなのか、どんな竹が生えていて、どんな感じの色つき具合なのか、など、実際に見ておかなければ話が分からず、以前は相談もしてもらえませんでした。


自分は役目柄、虎竹の里から伐り出された虎竹を一本一本すべて選別するために全部の竹を見ています。山を見ずに出てきた虎竹だけを見て、いろいろ言うわけにもいけないために、出来る限り山に入って、山に生えている状態を見るようにしています。


それでも虎竹の出ていない山に行くことはそうそうなく、まだ入ったことのない山もまだまだたくさんあります。しばらく竹も出ていない、初めて行く山に上がっていくと、尾根にはこんな立派な山道があることに驚くことがあります。


今のようにトンネルもない時代に山道を上がったり下りたりしながら隣町に行くのは遠いけど、尾根伝いにいくと近い、と切り子さんに聞いたことがあります。確かに尾根伝いに歩くとすぐ隣町が下に望めます。


山の中でこんな立派な道になるまで、どれだけの人がここを通っただろう、この道を歩いていた人はどんな人たちだろう、と長い年月と先人たちに想いを馳せずにはいられません。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


職人への道

若い職人


先日のブログで刃物の研ぎ方の話をしましたが、若い職人に刃物の研ぎかたの基礎を教えました。自分のやり方が本当に合っているのかわかりませんし、一度やっただけでは何もわからないと思うので、基礎を踏まえながら少しずつ自分のものにしていけばいいなと思っています。


1702104001.jpg


研いだのは竹割り包丁と切り出しナイフでした。竹割り包丁は読んで字の如く、竹を割ったり剥いだりする刃物です。竹を割るときに刃がひっかからないように、綺麗に研いだ刃を少しつぶしてから使います。


またあまり綺麗に薄く刃先を研いでしまうと、割っている最中に刃をこねたりした際に刃こぼれの原因にもなりかねず、研ぎ具合は本当に微妙で難しいものとなります。


逆につぶしずぎてしまうと、最初に竹に割り込みを入れる時に刃先を竹に入れにくくなってしまいます。今回初めて竹を割った職人は、まず最初の竹に割り込みを入れることに苦労していましたが、これは包丁の切れ具合ではなく、竹に刃先を入れるコツがまだまだわからない様子でした。


刃物の研ぎ方も、割ったり剥いだりすることも別々の作業ではなく、すべて繋がっています。研ぎ方が悪ければ効率も悪くなりますし、いくら綺麗に研げてもやり方が悪かったり、腕が悪ければ効率も上がりません。それ以前に職人の気持ちの持ち用も技量の上達や効率には大きく影響してきます。


まだまだ先は長く、いつになるかわかりませんが、本当の意味で職人と呼ばれるような職人に自分をはじめ、竹虎本社工場にいる全員でなっていかねばと思うのです。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹の身の厚み

1701264000.jpg


竹は丸く、中が空洞になっているため、しゃもじなどの平たい物や、お箸などのある程度厚みあるものを作る場合は大きいもので直径が15cm以上もあり、厚みのある孟宗竹が材料として使われることが多いです。


虎竹はハチクの一種ですので、孟宗竹のように大きくはならず、大きいものでも直径8cmほどの竹です。また竹の身の厚みも他の竹に比べると薄く、大きくて、身の厚みがあり、綺麗な色がついた虎竹は伐り出される虎竹の中でもほんの一部しかありません。


それでも虎竹は日本唯一の竹であり、その自然の美しい模様で作られたお箸などは、竹虎でも人気の商品の一つとなっており、材料となる、大きくて厚みのある竹の確保は、虎竹の入荷最盛期の今が一番大切な時期でもあるのです。


名人作 虎竹耳かきもそんな材料が必要なものの一つです。持ち手の厚さによって持ちやすさは大きく違ってきます。耳を掻くという大変デリケートな道具だけに、持ちやすさにこだわり、出来るだけ厚みのある材料だけを使って製作しています。


今年も少しでも多くのお箸や虎竹耳かきなどを製造できるようにと、一本一本選別された虎竹の中から、またさらに用途に合わせて細かく選別しています。そしてその虎竹を無駄にしないように、大事に製作に取り掛かるのです。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


砥石の面直し

1701124000.jpg


入社3年目と1年目の竹虎の若い職人にも、少しずつ竹を割ったり剥いだりすることを教えていくことになりました。教えると言っても自分もまだまだ未熟で、どれだけ教えられるかわかりませんが、ちゃんと教えられるように、基本にそってもう一度一緒に勉強しようと思っています。


竹を割ったり剥いだりするには、まず刃物の研ぎ方を覚えなくてはなりません。これは刃物を使う仕事の人はまず最初に覚えることだと思います。実際に刃物を使わなくても、機械に刃物がついている道具を使う場合も同じではないでしょうか。


竹を剥ぐ機械もありますが、その機械の刃の位置や角度の調整と共に、その刃の切れ具合とのバランスで綺麗に剥げるかどうかが決まります。その調整などもやはり経験は必要で、自分などはまだまだ正解がわかっていないのが現状です。


基本的に竹を割ったり剥いだりする刃物は、切れすぎると刃が竹に食いこんでしまうために、綺麗に研いでおいてから刃先を少しつぶします。綺麗に研ぐのも難しいですが、その潰し加減も微妙で、使いながら自分のものにしていくようになります。


そしてその刃物を研ぐ前にまずやることが、刃物を研ぐ砥石の面直しです。刃物を砥石で研いでいると砥石の中心が凹んできます。そんな砥石で研いでも刃先を同じ角度で砥石に当てることができなくて綺麗に研げないので、研ぐ前には必ず砥石を平面にすることが何より重要で基本です。


とはいえこの面直しはすごくめんどうであまり好きな作業ではなく、ついつい怠ってしまうことが多いのですが、今回はきっちりと教えていこうと思います。以前は平らな目の細かいコンクリートブロックに砥石をこすりつけて砥石を平らにしていましたが、今は研ぎたい砥石より荒い砥石を使って砥石の面を平らにしています。


面直し砥石という砥石の面を平らにする砥石もあるようなので、この機会にいろいろと試してみようと思っています。いい仕事のできる職人は道具を大事にするとはよく言われることですが、少しの切れ具合の違いで能率が悪かったり、うまくいかないことも多いものです。


自分の刃物を持ち、研ぎ、使ってみながら、いろいろなことを感じ、考えていくことも職人になる第一歩です。また割り剥ぎする竹も一本一本違います。たくさんの竹を割ったり剥いだりする過程で、割りにくかったり剥ぎにくかったりを繰り返しながら、竹という素材を少しずつ知っていけると思います。


この砥石の面直しを第一歩として、自分も含めて、みんなで一緒に成長していかねばと思うのです。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


ゴム張り手袋

ゴム張りの手袋


竹を割ったり、剥いだり、編んだりする時には一般的には手袋などしませんが、山に入って竹を切ったり、トラックに積み込んだり、束にしたりする場合には手袋をはめて作業をします。手袋にもいろいろあって、軍手やゴム手袋、皮手袋など様々で、用途に応じて使い分けています。


自分がいつも使っているのはゴム張り手袋と言って手のひらの部分にゴムの貼っているものです。これは通気性もあり、柔らかく、すべらないという点で一番使いやすいと思うのです。冬の朝、山に行くと夜露で竹が濡れていても、滑らず、ゴムを貼っているので濡れにくいという点でも、この仕事には最適な手袋だと思っています。


私が入社したころにはトラックも何台もあり、山にも毎日ひっきりなしに竹を取りにいくほど竹も出ており、それに従事する社員さんも何人もおりました。その時の先輩社員さんたちがみんなはめていたのが、このゴム張り手袋でした。


その先輩たちにならってこの手袋を使いだしたのですが、竹を運んだり、扱う分にはこの手袋はクッション性もあり、荒い作業をしても手が痛くなく、みんなが使っている意味がよくわかりました。


しかし竹を出荷する時に荷造りとしてきっちりヒモでしばっていく時に、この手袋は厚みがあるために細かい縛り方が非常にしづらくて、慣れるのに随分と時間がかかったことを覚えています。しかし何十束も束にしていると締め上げたヒモが手に食い込んで、痛くなってきます。それを和らげてくれるのもこの手袋でした。


もう30年近くもこの手袋を使っていて、他の手袋を使う気にはなません。すべる軍手でトラックのロープを締め上げても締りません。一日中山で鉈を振る時もすべる軍手とすべらない手袋では能率や疲れ方も違ってきます。この手袋も大事な仕事道具の一つなのです。





人気ブログランキング人気ブログランキング<木工芸・竹工芸>へ



 
| コメント(0) | トラックバック(0)


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11