竹灯篭用の孟宗竹

2016年10月27日

1610274000.jpg


以前に竹灯篭用に大きな竹が欲しいとの問い合わせがありました。直径が10cm以上の竹というと日本で最大の竹の孟宗竹くらいしかなく、孟宗竹をお勧めしていましたが、まだ伐採の時期ではなく、お客様に待っていただいていました。


竹を切る時期は竹の種類によって違いますが、秋から冬にかけての時期が伐採時期とされています。その時期は竹が水分をあまり持ってなく、変色や虫が入りにくいと言われています。伐採の時期に入り、孟宗竹を伐採し、入荷してきた竹からお客様の希望に近い物を選別し、油抜きをしました。


このお客様が作る竹灯篭は1本の竹に足をつけて立て、竹に大小の穴をいくつも開けて、中から照明を照らして模様を見せるというような竹灯篭のようでした。


直径10cm以上、長さは1m、厚み1cm以下で両端に節の来ない竹で、できるだけ節が少なく、キズなどのない綺麗な竹というご希望でしたが、たった1本の竹の、それもこんな細かい希望のある注文を受けてもらえるのだろうか?というのが最初のお問い合せでした。


考えてみれば、中国産の黒竹や白竹などはホームセンターなどでたまに見かけたりもしますが、都会に住んでいる人が孟宗竹をどこで買ったらいいのかさえわからないと思います。そんな中、竹虎を見つけていただき、お問い合せをいただけたということは大変ありがたいことです。


日本唯一の虎斑竹はもちろんここにしかありませんが、日本全国どこにでもあると思い込んでいる孟宗竹も、実際に買うとなるとなかなか買う場所がないというのが現状のようです。そんな竹をお客様のご希望に添って、できるだけご用意させていただくことも、竹虎の使命のように思うのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ステファンさんの竹家具

2016年10月13日

1610134000.jpg


昨年の2月にストックホルム国際見本市にドイツ人、ステファン・ディーツさんがデザインをした竹家具を出品しました。ジャパンクリエイティブさんの紹介で、2度もこの虎竹の里に足を運ばれて、竹でできることと、できないことを説明しながら、試行錯誤しながらステファンさんの想いを形にしたことでした。


孟宗竹の青竹で作り、足は組み立て式にしました。組み立てと言っても竹を削り、本体に巻きつけるだけの簡単な仕組みなのですが、足が開かないようにロープで繋ぎ、そのロープをステファンさんならではの方法で締め上げる方法が独特で、それをその場で思いつき、自分でやってみせてくれたことが印象深く残っています。


そのステファンさんの依頼で、再度竹の家具を作ることになりました。青竹で作ることによって、竹本来の汚れや変色、またカビや虫害など、課題はたくさんありますが、今回も青竹で作ってほしいとの要望でした。


今回もジャパンクリエイティブの事務局の方がわざわざ虎竹の里に来てくださって、いろいろと打ちあわせをしたのですが、虎竹の里に初めて来られた方がいて、竹林に案内しました。その前に竹虎工場を案内したのですが、工場内の油抜きをした虎竹を見られた時よりも、竹林の虎竹の美しさにすごく感動されていました。


ステファンさんもこの竹林を見て感動し、そのままの竹の美しさや空気感を出したかったからこそ、課題がたくさんあっても、そのままの青竹にこだわったんだと思うよという話を聞いて、あーなるほどと腑に落ちたところがありました。


油抜きし、製竹した虎竹を虎竹と呼び、それを当たり前のように製品として出荷していますが、普段見慣れた竹林の美しさや、空気感をもっと出せないか?そんなことを考えた竹家具作りとなりました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


スタッフのお土産

2016年9月29日

スタッフのお土産


事務所の机の上に、たまにこうしてお菓子がおいてあることがあります。休日の後や前日休みだった社員がどこかに出かけ、お土産といって、他のスタッフや工場の職人たちに買って来てくれて、それを配ってくれたものです。


お土産の他にも休憩時のおやつにと、チョコレートやクッキーなどのお菓子をそっと机の上におすそ分けしてくれて置いてくれる時もあります。実はあんまり甘いものを食べたり、間食をするほうではないので、すぐには食べずに机の上にしばらく置いてあることも多いのですが、ふとした時に食べたくなって頂いています。


行き先は今回のように大阪のユニバーサルスタジオであったり、どこかのイベントであったり様々ですが、そのお土産に行かれた場所が垣間見れ、楽しい休日を過ごしたんだろうなと嬉しくなるお土産です。


どこかに出かければお土産を買ってきてくれて、みんなに配り合うというのが、当たり前のようになってきました。買って来なくてはというようになってはいけませんが、社員さん同士が仲良く、コミュニケーションを取りながらやってくれているのを見るのは本当に嬉しく、ありがたいことだといつも思います。


お客様に喜んでいただくには、まずスタッフが楽しくやれることが大事だと思っています。そんな現場にしたいなといつも思います。それをみんなでやってくれているので、自分としてはどれだけ助けられているかわかりません。そういう意味でも本当にありがたい、嬉しいお土産でもあるのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


矯めるということ

2016年9月15日

竹を矯める


竹は立っている時は真っ直ぐに伸びているイメージがあると思いますが、伐り倒して見てみると、曲がっている竹が多い事に気づかされます。竹は筍の状態から生えてきて、たった3ヶ月で大人の大きさに成長します。しかし大人の大きさに成長しても、身はまだ柔らかく、2~3年をかけて固く成長し、虎竹のような色の付く竹は少しずつ色がついてくるのです。その柔らかい時期に風に吹かれたり、隣の竹や木に邪魔をされたりしながら曲がってくると自分は考えています。


その曲がったままの竹では内装材や細工物に使うのに、使いづらいので、油抜きをしながら、その熱を利用して竹を真っ直ぐにすることを矯めると呼んでいます。固く大きく、厚みのある木の板に、竹に合わせていろいろな大きさの穴を開け、その穴に竹を差し込んで、曲がった部分を矯正していくのです。節の部分を起点に、曲がりとは逆の方向に曲げて、熱によって柔らかくなった竹の繊維を伸ばしていきます。そのことを竹虎では「ころす」と呼んでいます。しっかり曲げてその部分をころしておくことで、竹の熱が冷めても竹が元の曲がりに戻らないようになります。


1本の竹の中にあるたくさんの節のその1節1節、その竹の曲がった部分と方向を見極め、的確に曲げてころしていくことには経験が必要になってきます。竹虎でも今では自分ともう一人の職人しかできない仕事なので、最近になって若い職人に覚えてもらうことにしました。曲がっている竹を真っ直ぐにするということは、なんとなく分かるようなのですが、どこをどのように、どの方向に、どれくらいの強さで押していけばいいのかが、まだわからないようです。またその押し方は竹への熱の入れ方の具合や、その竹の性質によっても微妙に違ってきます。


また竹によっては同じ方向に曲がっているものばかりではなく、捻じれているものや、あちこちに曲がっているものも少なくありません。それを見て、押すべきところだけを的確に押して、ころしておき、竹が冷めてから、真っ直ぐに仕上げていきます。前にいる人がバーナーで油抜きをして、熱を加えた竹をどんどん後ろに流してきます。それをどんどん捌いていかなければなりません。熱の入った竹をしっかりころして置いておき、冷めたころに真っ直ぐに仕上げていきます。真っ直ぐにする技術も必要ですが、同時に早さも必要です。遅ければ矯めかけの竹がどんどん自分のところに溜まってきてしまいます。


職人というのは綺麗にうまくやることは当然ですが、速くやるということがコストを抑える面でも非常に大切です。捌けなくてどんどん溜まっていく竹は自分の技量不足でしかありません。隣の職人がどんどん捌いていってるのに自分のところはどんどん溜まっていくことは自分の技量不足を思い知るいい機会です。私もやり始めたころは、なかなかうまくいかず、どうやったらいいのかわからず、どんどん溜まっていく竹に苛立ちながら仕事をしていた時期がかなり長い時間あったことでした。それが少しずつ分かってきて、少しずつ早くなり、なんとか人並みに捌けるようになりました。


「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、その後には、「百見は一考にしかず」、「百考は一行にしかず」、「百行は一果にしかず」と続きます。自分たちの仕事は見て知っているだけでなく、その後考え、行動し、成果を出してこそ本物になります。今まではなんとなく見て知っているつもりの矯めるという作業を実際にやることによって、その難しさや技術を理解し、竹が1本1本違うことを肌で感じ、そして成果を出してこそ、本当の意味で矯めるということを知っていると言えるように思います。


いつになるのかわかりませんが、この若い職人が矯めるということを本当にわかってくれて、竹というものをまた一つ知り、わかってくれるのを期待しています。と、同時にそういう自分はどれだけわかっているのだろうか、竹という素材や竹の仕事をどれだけ本当に知っているののだろうかと考えた時、知らないことがまだまだ多いと思わずにはいられません。












| コメント(0) | トラックバック(0)


インターンシップ

2016年9月 1日

インターンシップの学生さん


竹虎では毎年、お盆明けに大学生や専門学校生を対象に職場体験のインターンシップを行っています。今年も8人の学生が本社工場や店舗配送の現場で1週間、職場体験をしてもらい、その現場作業のホームページを次の1週間で製作するというプログラムで行っています。


自分が担当するのは本社での1週間です。まずは朝礼に参加してもらい、大きな声を出してのあいさつの練習や、毎日読む職場の教養という本の感想を自分の言葉で人前でしゃべってもらうという体験から始めます。


自分の意見や考えを人前でしゃべるということはなかなか難しいことではありますが、お客様の前で自分で考え、判断し、わかりやすくしゃべるということは社会に出ると当然必要になってくることですので、毎朝の朝礼では全員でその練習をして、少しでも成長できるようにと考えています。


学生さんもうまくしゃべれる人とそうでない人がいますが、誰にでも今日からやろうと思えばできることが、大きな声を出してのあいさつです。竹虎に来られる学生さんは皆さん意識が高く、進んでできる人が多いのですが、中にはできない人もいて、その学生さんに少しでも声を出してもらおうと毎朝声掛けをさせてもらっていました。


インターンシップという職場体験に参加しようとしてくれたことがすでに素晴らしいことではあると思うのですが、ほんの2週間の竹虎での職場体験で少しでも成長した姿を見られるのは本当に嬉しい事でもあるからです。本社研修の最終日にはまだまだではありますが、初日よりも大きな声であいさつもでき、感想も言えたのが嬉しかったです。


毎日のいろいろな体験の中で、少しずつではありますが、気づきや発見があったようで、学生さん達の毎日の日報を読むのが楽しみな1週間でしたし、またその声や姿勢に気づかされたことも多い1週間となりました。


若い職人とインターンシップ生


何より嬉しかったのは、最終日に最後の日報を書いてもらっている時に、工場での作業で担当していた職人2人がやってきて、最後のあいさつをしてくれたことでした。日頃お客様などに接する機会も少なく、誰かに教えたり説明したりすることもほとんどない2人も一緒に勉強してもらおうと思って担当してもらっていました。


自分たちで進んでやってきて、学生さんを前にうまく教えられなかったかもしれなかったけれど、ありがとうございましたと話してくれた時には本当に嬉しかった。自分が言うのは偉そうではありますが、一番成長できたのはこの職人2人かもしれないなと、感じたインターンシップの本社研修となったのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


真夏にバーナー

2016年8月18日

1608184000.jpg


毎年のことですが、年々夏の暑さが厳しくなっているように感じます。自分の年齢的なこともあるのかもしれませんが、夏の暑い時期の工場内の暑さは尋常ではなく、じっとしていても汗がたらたらと流れてくるのです。


それでも自分はまだ冷房のかかった事務所に座ることも多く、一日中工場内で作業している職人はさぞかししんどいことだろうと心配もし、彼らに申し訳ない気持ちで事務所に座ることも多いのです。


それともう一つ悪いなと思うことに、この真夏のバーナーがあるのです。秋から冬にかけて虎竹の伐採があり、山から伐り出した虎竹を選別して買い取り、順に工場内に取り込んで、色や大きさや竹の良し悪しによって規定のサイズにカットして、工場内に片づけていきます。


そしてそのカットした虎竹を、その竹によってバーナーの窯を使って油抜きしたり、あるいはその熱を利用して真っ直ぐに矯正したりする作業を製造の合間にやっているのですが、春から夏にかけては竹皮スリッパや虎竹縁台、えびらなど他の製品作りに追われ、どうしても後回しになることが多いのです。


今年もまだ少し油抜き矯正作業が出来ていない虎竹が残っています。4人がペアでやりますし、その中には自分も入るため、予定のある日や他の製造がある日はできません。製造状況や予定を見ながら、暑い夏に暑い工場内で、バーナーの火をつけての作業が待っています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


籠の角補強

2016年8月 4日

16008044000.jpg


四角や六角に起こした籠の角は、実用品であれば使用中に籠の角が傷まないように底の部分の角を補強することが多く、またその角補強がされているかいないかによって、その籠の価値は大きく違ってくるように思います。


工芸品などはその籠の装飾の意味も込めて、十字しばりや虫止めなどといった籐かがりをして、装飾と補強を兼ねている場合もあります。また補強という意味の他にその籠の足といった意味もあり、その角補強で籠を安定させるという意味合いもありますし、茶道具などでは床や卓に傷をつけないようにという意味もあるようです。


虎竹買い物かご(だ円)の角の補強にこのような足をつけました。これは割った虎竹を火で炙り、熱を加えてねじりながらUの字に曲げ、差し込んだだけの簡単な角補強になりますが、竹が薄すぎると強度がなく、すぐに割れてしまいますし、厚すぎると強度は出ますが、うまくねじって曲げられません。


また差し込むだけで簡単に見えますが、簡単に差し込めるものは簡単に外れてしまいます。熱の入れようを加減して曲げすぎないようにしておき、少し開き気味のU字を縮めながら差し込んでいきます。そうすることでU字の開こうとする力が働き、かっちりと固定される足となるのです。


縁や縁巻き、手や角の補強など、しまい部分の仕上げの良し悪しによって、出来上がりの籠は大きく違ってくるのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ローソン須崎安和店

2016年7月21日

1607074000.jpg


竹虎本社前にあるローソン須崎安和店。人口720名のこの虎竹の里唯一の食料、日用品を販売しているお店でもあります。小学校の全校生徒数が30人足らずというこの地域も、ご多分に漏れず老人が多く、独居老人や交通手段を持たない方が多く暮らしています。


そんな人にとってはこのローソン安和店は毎日の暮らしに無くてはならない大切なお店となっています。もちろん自分をはじめ、当社社員もほとんど毎日数回は利用していますし、前を走る国道の通行人の方々にも大変便利なコンビニとして、このお店は存在しています。


そのローソン安和店が突然の7月いっぱいでの閉店というお知らせを店舗に貼りだしたのが7月に入ってからのことでした。本当は1週間前の告知と言われていたそうですが、この地域の現状と後々の事も考えてオーナーさんが早めに告知してくれたようです。


こんな小さなところのお店ですし、そんなに売り上げが多いとは思っていません。オーナーさんも頑張ってやってくれており、閉店も苦渋の経営判断だと思っていました。ところがオーナーさんは継続意志があるのにローソン本部の今後を見ての判断で、契約更新をしてくれないということがわかりました。


この地域での唯一の食料、日用雑貨販売店でもあるローソン安和店の存在は、この地域の人にとっては本当に大事な大事なお店です。そのことをオーナーさんも理解してくれており、なんとか継続の道を模索してくれていたようです。


地域の声を本部に届けることで、考え直してくれるかもしれないということで、藁をもすがる気持ちで安和地区民とローソン利用者、1400名分の署名を5日で集め、それを添えて請願書を送らせてもらいました。


請願書の届いた夜には、考え直してくれるとのお返事をいただき、条件付ではありますが、契約更新のめどがついて、本当にほっとしました。8月からローソン安和店が無くなるということを想像しただけでも、この地域の寂しさや、何より日々の生活をこのお店に頼っている方々にとって、どれだけ不便で大変なことか。


今回は時間がなく、見切り発車での署名集めとなりましたが、地域の人たちのおかげでたくさんの署名を短期間で集めることができました。苦情も届き、自分のしていることは勝手なことなのかと思ったこともありましたが、ギリギリセーフでの契約継続となり、本当にやってよかったと思っています。


よそに住んでいる人がわざわざこの地域を助けてはくれません。今後はこのローソン安和店閉店の危機を、自分たち自身でこの大好きな地域の先をみながら、やれること、やらないといけないことを本気で話し合っていけるいい機会にしなければいけないなと思うのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹の里の水鉄砲

2016年7月 7日

1607074000.jpg


竹の水鉄砲といえば2013年に「ザ!鉄腕!DASH!!」で放送された長さ15mの巨大水鉄砲作りを思い出します。あのときは番組のADさん二人が1ヶ月もこの虎竹の里に滞在し、朝から夜遅くまで、一緒にどうやって巨大水鉄砲を作ろうかと考え、いろんな方法を何本も試作しながら作ったという楽しい思い出があります。


水鉄砲といっても今はプラスチック製のいろいろな種類の水鉄砲があるようですが、昔ながらの竹の水鉄砲も親子やイベントで手作りしたり、水の出かたもさまざまで、それはそれで味のあるおもちゃです。


節を一節つけて、その節に水の出る穴を開け、穴の大きさで水の勢いや出る量が変わり、押す棒に巻きつけたスポンジや布の感じで綺麗に水を押し出せるか、あるいは緩いと水が手元のほうにかえってきてしまったりと、簡単に見えてなかなか難しいおもちゃではあります。


水鉄砲を保育園の親子イベントで手作りをしたいので、材料がありませんか?とのお問い合せをいただきました。しかしお客様が思われているような白竹ではなく、ここは虎竹の里です。筒はもちろん虎竹で作り、押す棒は細い黒竹で作りました、


保育園児ですので、水鉄砲自体も初めて手作りする子どもたちがほとんどだと思うのですが、その素材自体も日本唯一の虎斑竹で、初めて見る園児がほとんどではないかと思うのです。水鉄砲作りの思い出と共に、虎斑竹という竹のことも少しだけでも知ってほしいと思うのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


わくわくチャレンジ in すさき

2016年6月23日

1606234000.jpg


竹虎では毎年夏休みを利用して、大学生や専門学校生を受け入れてのインターンシップを行っています。最初の1週間は暑い工場内での虎竹の目打ちや、油抜き、そして梱包、発送作業場での梱包作業などを通じて、竹虎の実際の現場を体験してもらい、次の一週間でそのインターンシップのHPを製作するというプログラムです。


今回、地元須崎市の中学生の「わくわくチャレンジ in すさき」、通称「わくチャレ」という職場体験学習で3日間の短い間ではありますが、中学生を受け入れることになりました。


この事業は、中学生を地域社会に預け、職場体験を通じて、豊かな感性や個性、創造性などを育もうとするものであり、同時に、地域の人たちに子どもたちの姿を見てもらい、学校、家庭、地域が連携を取りながら、子どもたちを守り育てることを趣旨としているようです。


業務が忙しい時期でもあり、中学生を受け入れることには少しためらいがありましたが、希望している中学生が竹虎や虎竹のことに興味があると聞いて、それならばぜひということで今回の「わくチャレ」となりました。


小学生のころから本社前をいつも通って通学していて、見かけてはあいさつをしていた生徒さんですが、職場体験では緊張しながらも、しっかりとあいさつも出来て、2日目には少しだけ大きな声も出せるようになってきました。


商品を包んだり、梱包をするということは、自分がやったことが、そのままお客様のところに行くということです。そういう意味で、すごい緊張があったようですが、素直に「はい!」という返事をしながら、彼女なりに考えながら、どんどん覚えて動いてくれました。


3日間という短い期間ではありますが、少しでも虎竹や竹虎を知ってもらい、また少しでも仕事や人とのコミュニケーションなどの気づきがあり、竹虎に来てよかったなと思える「わくチャレ」になればいいなと思うのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


<<< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.