新聞「リビングひろしま」に杉蒸篭が掲載!時短料理レシピに興味深々ちや♪

2018年3月 8日

杉蒸籠,蒸篭,せいろ


竹虎に2018年2月17日発行の新聞「リビングひろしま 1752号」が届きましたぞね。どうして広島の新聞が届いたかというと、竹虎の杉蒸篭が掲載されたからながです。第5回SHUFU-1グランプリ・料理部門入賞に輝いた岡野陽子さんが蒸籠を使ったレシピもドドーンと8品も紹介してくれちょります!


寅子が注目したがは「温野菜のスライスサラダ」スライスした人参、蓮根、サツマイモ、レモンを順に重ねて蒸すだけ。レモンか~、レモンの爽やかさがなんだか恋しいちや。生産量日本一、広島産の露地栽培レモンは10~5月が旬だそう。そろそろ春らしくなったき、ポカポカ温まる蒸篭は仕舞おうかと思いよりましたけんど、初夏の頃までじっくり楽しめそうやね(^0^)


もう一つ!蒸し豆腐も気になりますぞね。モヤシの上にワカメ、豆腐を置いて蒸し、胡麻ダレで食べる。材料費をザッと計算して150円以内で収まりそう。家事を支える主婦にも、新生活で一人暮らしを始める人にも嬉しい限りやね~。何と、下の鍋ではゆで卵やみそ汁も作れる!さすがSHUFU-1ミセス、時短に抜かりがないちや...。


「重ねて調理する時は真ん中を開けて円状に食材を置くと蒸気が通りやすく、段の順番を時々並べ替えると均等に熱が通りやすい...」ふむふむ、まっこと参考になるちや~。セイロ料理で寅子も岡野さんみたいな出来る主婦の仲間入り、ぐふふふ♪あっ!その前に嫁入り先を見つけないとやった(^^;)












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹の鬼おろしの使い方にコツあり!

2017年9月28日

鬼おろし,使い方,コツ


秋刀魚に!みぞれ鍋に!竹の鬼おろしが活躍する季節ちや。さてさて、そんな鬼おろしに先日アメリカ在住のK・K様から嬉しいお声が届いたがです。


「通常の大根おろし器と比較すると食感も有り、美味しく感じました。最近は蕎麦や素麺を頂く際に大根おろしを食しています。竹材の美しさにも喜びを感じ、美味しい大根おろしを楽しませて頂いています。感謝!」との事。遠く海を越えたアメリカでも竹の鬼おろしが食卓を彩っているなんて、まっこと嬉しいちや~(^0^)K・K様、こじゃんとありがとうございます!


そしてお声には、気になる感想も...。「おろし方に最初は気付かず、普通に前後に振り回していましたが上手く行かず、商品の案内書に手前に引くようにと書かれている事を発見し、その後は上手に出来るようになりました。更に使い慣れたら、素早く仕上げられるようになると思います。」


そうながです!鬼おろしの使い方にはコツがあって、手前一方向に引くようにおろすと上手におろせるがです。詳しくは「鬼おろし大根おろし使い方(レシピ)」のページにも書かれているのでチェックしとうせ♪


レシピコーナーに紹介されているりんごヨーグルトは寅子もお気に入り。夜に小腹がすいた時の定番です。ヨーグルトの酸味がやわらいで食べやすく、りんごのシャキッとした歯触りがあるので食べてるという感じがして満足できるがです。「手前に引くように」のコツをおさえて、食感楽しい野菜おろしをぜひ試してみとおせや(^^)












| コメント(0) | トラックバック(0)


寅子のおすすめレシピ~蒸籠編~

2017年8月31日

蒸籠,蒸篭,せいろ,セイロ


8月も今日で終わり、明日からは9月ですぞね。ああ、夏が終わる...。竹は涼感を活かす夏が出番ではあるのですが、秋から冬に活躍する竹製品もたくさんあるがです。ぽかぽかお風呂に竹酢液や、ふわシャキ大根おろしがつくれる鬼おろし、そしてそして!蒸し料理が簡単おいしい蒸籠!!


先々週、竹虎にお中元の冷凍豚角煮まんが届いたがです。レンジでも調理できたがですけんど、もちろん蒸篭で蒸しましたぞね。角煮にもしっかり熱が通ってふんわり出来立てみたい♪次の週は、九州の職人さんが名物の軽羹(かるかん)を送ってくれたがです。山芋を使ったういろうみたいな和菓子で、そのままでも美味しいがですけんど蒸すともっちり。何個でも食べられます(^0^)蒸籠は水蒸気が外に逃げるので、ベチャベチャしなくて食感よく仕上がるがです。


ではここで、そんな蒸篭を使ったレシピを一つご紹介。蒸篭にクッキングシートを敷いて爪楊枝で数か所穴をあけます。そこにほうれん草を入れて、玉ネギやシメジ、人参など好きな野菜をのせる。そして鮭の切り身をドドーンと乗せて蓋をして蒸す。時々様子を見て鮭の色が白っぽくなって火が通れば出来上がりですぞね♪最初に穴をあけておくと野菜から出た水分が落ちて水っぽくなりにくいがです。塩コショウを振ってポン酢で食べとうせ~。野菜もたっぷり摂れるき、一人暮らしの人にもおススメですぞね。


秋といえば芸術の秋、スポーツの秋ですけんど、なんと言っても食欲の秋ちや!!蒸篭で秋の味覚をこじゃんと楽しんどうせや~(^^)/












| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹茶の新茶ができましたちや♪

2016年3月10日

竹茶葉


竹虎には「竹茶葉」というお茶があるのをご存知ですか?実は、日本唯一の虎竹の葉で作られたお茶。ふんわりと甘くて優しい香りと味がするので、寅子は温かいうちに飲んでほっと一息つくことが好きなんです。ところが、ここしばらくは虎竹茶がなくなってしまい、竹虎でも入れられるお茶が虎竹茶ではなくて普通のお茶になっていたがです。味の違うお茶を飲みつつも、


「はやく、虎竹茶をまた飲みたい」


と思っていたがです。ついに!新しい虎竹茶が完成しましたぞね!さらに今回は、より香りをよくするために青々とした竹葉だけを使っています!


虎竹茶の竹葉集めには寅子も参加しましたちや。前回は切り落とした枝を少し置いて乾燥させていたのですが、今年は竹葉を乾燥させず新鮮なままで製茶工場さんに持っていくということになりました。竹葉をいざ集めようとしたところ、去年と同じように軍手をはめた手で引っぱっても、新鮮な葉っぱ枝にくっついているのでなかなか上手く取れません。なので、農作業でも使われるような剪定バサミを使って、一つ一つ手摘みで摘み取ることにしたがです。


竹葉集めの時期は冬場に年に一度だけなので、2月に一週間、社員みんなで作業をすることになりましたぞね。虎竹の竹林で高知は冬でも日がさす場所にいればポカポカと温かいのですが、山の中ではそうもいきません。たくさん着込んでいても足先からじわじわと寒さが伝わってきましたちや。そんな中、職人さんたちはすいすいと坂を上りながら竹葉を集めていましたぞね。慣れない作業をする社員たちも、せっせと竹葉でコンテナをいっぱいにしていました。竹虎みんなが頑張ってやっとできた虎竹茶ながですよ~~。


それにしても、何日も一日中竹林の中にいるということは初めてでしたちや。不思議と作業の大変さはあまり覚えていません。朝露に濡れた青々とした竹葉、風が吹いたときに竹林全体から聞こえるサラサラという音、あちらこちらを飛び回るヒヨドリの鳴き声です。ああ、虎竹の里はやっぱり、のどかでいいとこだなぁ~としみじみと感じましたちや。出来上がった虎竹茶からは、竹茶集めをしていた時の竹林のすがすがしい香りがしますぞね!虎竹の香りに包まれて、虎竹の里を思い浮かべとうせ~~(^^)












| コメント(0) | トラックバック(0)


国産伊達巻き卵用巻きす(鬼すだれ)でライオン恵方巻!?

2016年2月 1日

ライオン恵方巻き


「鬼はそと~♪福はうち~♪」


ぱらっぱらっぱらっぱらっ、まめのおと~♪と懐かしい童謡を聞く季節となりましたぞね。2月の最初の行事といえば節分ですが、みなさん準備はしていますか?大豆を炒って、柊鰯を飾りつけて...でも寅子の節分の楽しみは、やっぱり食べ物ちや!毎年、2月3日には家で作った特製恵方巻きをみんなで食べることが恒例です。今年の方角は南南東ですよ~!そして、竹虎スタッフの一人が節分に向けてちょっと変わった太巻きをつくりましたぞね~~!


国産の鬼すだれは、おせちの伊達巻きの時期に人気ですが、年に1回だけではなく1年中使ってほしい!そう考えて作ってくれた料理が伊達ライオン巻きです。初めての挑戦でしたので、ライオンの顔を上手く作れるようになるまで何度も試行錯誤してくれたがですよ~!ライオンのニコニコ顔と卵のたてがみが可愛いですちや~(^^)


ご飯の黄色いところはパエリアなどにに使われるターメリックを加えて色を付けているそうながです。竹虎クックパッドに作り方がありますので、ぜひ興味のある方は挑戦してみてください。お休みの日などに親子で作るのにもおすすめですよ!!伊達巻き卵を巻いているので、卵のお寿司に味が近く、お子様も好きな味だと思います。季節の行事やお祝い事での賑やかな食卓にもピッタリちや~~。


さて、節分の主役といえば鬼ですが、竹虎にも赤鬼がいますぞね。この顔を覚えておりますか?


赤鬼四代目


2015年の年賀状の赤鬼四代目ちや。顔は怖いですけれど、愛嬌のある鬼ですき、鬼退治と豆まきは勘弁しとうせ(^_^;)だれか、赤鬼四代目の太巻きも作ってくれんろうか~。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹職人さんから頂いた小夏

2015年6月22日

竹職人さんから頂いた小夏


高知県も梅雨に入り、虎竹の里では道端でぴょん、ぴょん元気に跳ねるアマガエルを見かけることもあります。雨が上がると、白い霧が山々を包みこんでいく景色が何とも幻想的♪だと思うがです。雨が続きますと、外出する機会が減って、家の中でゆっくり過ごす事が多くなります。ある時、居間でくつろいでいますと、棚の上にある竹ざるに盛られたフルーツが目に留まりました。「そうや!果物食べよう!」と寅子は立ち上がります!


竹ざるには、色んな種類の果物を置いたままやったがです。バナナにびわ、柑橘類などのフルーツが。「あ、残っちゅう!」とある果物が目にとまりました。それは数週間前、竹虎四代目から頂いた竹職人さんが育てた小夏が数個残っていました!もらった時には、家族でいくつか食べたのですが、勿体ないのでわずかに残したままにしてたがです!以前、虎竹の里は果物の産地だとブログで紹介させていただいたがですが、小夏なども生産され
ているのです♪小夏は、外側の薄い皮を抜くだけで、中の白い皮も一緒に食べることのできるフルーツながです♪特に!冷蔵庫で冷やした後に食べますと、冷たくて最高に美味しいがです!


...そういえば、県外から帰ってきた友人が、都会に帰る前に、小夏をお土産にと何個か買って渡したことがありました。その後、小夏は珍しいので皆が喜んでくれたと言っていたエピソードを思いだしたがです!もうすぐ!小夏の旬は過ぎでしまいますので、その前に職人さんにいただけたのは、有難く♪思いました。頂いた小夏は、スーパーで販売している小夏よりも、実が大きく、ボリュームがあるのです!虎竹の里の豊かな気候で実もスク
スクと成長したんじゃないのか...?表面はツヤツヤで綺麗とは言えず傷がところどころにあったりしますが、職人さんが一生懸命に育てて下さった果物ですので、他の果物よりも美味しそうに見えるのです。


さっそく、冷蔵庫で冷やして、黄色い皮を剥ぎました。 4分の1カットに切り、竹ざるへどんどん乗せていきます。最後に竹楊枝を刺してできあがり♪雨がわずかに上がったので、庭に持っていって小夏をパックと一口頂きます!「さっぱりしちゅう♪」じわっとした酸味と甘みが口の中に広がります。さすが、職人さんの小夏!とても口辺りがまろやか。すぐ食べずに置いていたせいか、酸味よりも甘みが強く、美味しくいただくことができました。


普段、竹製品を一生懸命に作られている職人さん。じっくり味わっていると、職人さんの姿がふわっと浮かび上がりました。梅雨が明けるのを心待ちにしながら、再び雨が降り始めた庭でかたつむりを眺める寅子でした。












| コメント(0) | トラックバック(0)


「竹の風味がする!美味しい」

2015年6月19日

「竹の風味がする!美味しい」


「そうだ!たけざきに行こう♪」


たけざきと言いますのは、須崎にある創業40年程のお店で、卵焼きとおむすびを専門に販売している黄色の看板が目印のお店ながです!最近は人気があって、高知市内へも店舗が出来ていて、見つけた時には驚きました。


さっそく、お店に寄っておにぎり2個と卵焼きが1個入ったセットを注文しました。そのまま、食べても確かに美味しいのですが、せっかくならもっと!美味しく食べられるよう一工夫することにしたがです♪一度家に帰り、キッチン棚を探ります。「...あった、あった!」と言いながら取り出しました。


国産竹皮に包もう♪」


おにぎりと言えば、やっぱり国産竹皮!だと寅子は思うがです!以前、竹皮に包んだおにぎりを食べたことがあり、とっても美味しかった!ことを記憶しています。...あの味は忘れられません!竹皮を水で湿らせて、さっとキッチンペーパーで拭きます。入れ物から国産竹皮へ中身を移し、竹皮の紐を巻いて、最後に結んで完成です!きちんとおにぎりセットの中身は全部、一枚の竹皮に納まりました。「できた!」とにっこりする寅子です。


国産竹皮を包む


家に一度帰ったものの...「どこで食べようかな?」と思いました。せっかくの日和が良い日です。家で食べるよりも、外で食べたい♪と思ったがです。すると...、おにぎりを買った時、近くの川がキラキラと光っている風景を思い出しました。


「新荘川でご飯にしよう♪」


新荘川とは、絶滅したニホンカワウソが最後に発見された川と言われており、そのカワウソをモチーフに須崎のB級グルメの鍋焼きラーメンを被った須崎市のご当地キャラクターしたしんじょう君も誕生したところながです。


他にも竹虎が「ザ!鉄腕!DASH!!」の番組で、巨大水鉄砲を発射させた!あの舞台となったところでもあるがです。日本全国の竹屋さんに断わられ...、竹虎に依頼をして下さり、竹虎にとっても大きな挑戦やったがです。あの時は、寅子もわくわくして巨大水鉄砲作りを一部お手伝いさせてもらった一人です!職人さん達が、何度も何度も!試行錯誤して作られた大きな大きな!水鉄砲が放送までに完成したがです!撮影のときに、なんと!?虎竹の里へTOKIOの長瀬さん、松岡さんが来てくださいました!テレビの放送で竹虎四代目や職人さんが鉄砲を発射させた姿を見て、思わずドキドキワクワク♪したのを覚えています。こうした竹虎とも縁の深い新荘川!竹皮のお弁当箱を持って、いざ新荘川へ出発します!


さっそく、河原に降りて腰を下ろしました。そよそよと気持ちの良い風が頬を撫でていきます。お昼から大分時間も経ったので、膝に乗せて竹皮の包みを開きます。ふわっと竹皮の独特の良い香りがしてきました。ペットボトルのお茶がしばらくすると温くなる程の気温の高い日でしたが、竹皮弁当箱の中身は全く大丈夫で良かった!おにぎりを手に取ると頬張る寅子。


「竹の風味がする!美味しい」


たけざきのおにぎり自体、もちろん美味しいのですが、竹皮の良い香りに、風味が増していっそう美味しく感じました。たまごも柔らかくて、甘い!あっと言う間に平らげてしまったがです。やっぱり、一味違う!のでまた竹皮に包んでみよう♪青空に広々とした川が流れていきます。また誰かと行きたいな!穏やかな川の流れを見つめていると、もしかしたら、ニホンカワウソはどこかで生きているのかも...?とそんな気持ちが不思議と湧いてきたがです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


お裾分けの大きなお豆

2015年5月21日

お裾分けの大きなお豆


「うわあ、大きいお豆!」


寅子の目の前には、それはそれは綺麗な緑色のお豆が!あったがですよ。まるまるっとしている姿がとても立派!


「これ、そら豆、少ないけど...美味しいき食べてや。」


なんと!ご近所の方が畑で育てているそら豆をもらったがです。そういえば、近頃近所の畑を通った時、身がぷりぷりしていて美味しそうなお豆があったのをすでに見つけていたんですが、まさかそのお豆を分けていただけるなんてラッキー♪


「エイがですか?ありがとうございます!」


頂いたそら豆は竹ざるに置きました。そういえば、そら豆は、古代エジプトでも栽培されており、後に日本へやってきたお豆と言うのを聞いたことがありました。しかも、4~6月が旬だそうでまさに今が食べ頃!枝豆や大豆の小さなお豆と違い、実が大きい!お豆が食べられるので気分もウキウキ♪してきます!


「でも、どうやって食べようかな...?」


さっそく、どう頂くか悩む寅子ながです。天ぷらやサラダ、茶碗蒸しにしてもいいなあ!う~ん、どれもきっと美味しいし、どうしよう!でも、素材そのものをまずは楽しみたい!と思って、コンロで焼いて食べる事に決めたがです!


棚からコンロを取り出して、カチッと火をつけると魚の編み焼き器を置いて、その上に洗ったそら豆を並べていきました。


「まだかな~?」


少し時間がたつとすべり止め五膳箸で裏返しました。両面に茶色の焦げ目がついてきたのでできあがり!


「いっただきま~す♪」


すべり止め五膳箸でさやを開くと、お豆一個をつまんで口に入れていきます♪


「ほかほかやあ!」


お豆から水分が溢れて、豆の甘みがじわっと出てくる味わいでした。さらに、もう一個、もう一個と食べ進みます。うん...さっぱりして香ばしい♪おつまみにもなりそう!お次は、塩をふってみましたが、これも豆の甘さが出てきて美味しい♪


「いいなあ、食べたい!」


しばらく、お豆を食べていると家族が集まってきたので、すべり止め五膳箸を渡して皆で食べることになりました。もう、無くなってしまいそう!ちなみに、すべり止め五膳箸で食べると、豆がコロコロ転がらず掴みやすかったので、家族にも渡したがです。


「また、おすそわけしてくれないかな?!」


季節の美味しいものが届くと、次も何か届かないか?とついつい期待♪してしまいます。寅子も何かおすそ分けできないかな?お裾分けは、人を幸せな気分にしてくれるがです!












| コメント(0) | トラックバック(0)


お家でモーニングセット、半熟たまごの幸せ♪

2015年5月20日

お家でモーニングセット、半熟たまごの幸せ♪


パラパラ...雑誌を開く寅子です。実はモーニングに行く店をリサーチしていたのです。


「わあ、ここも行ってみたいな!」


雑誌には、美味しそうな朝食の写真が出ています!おにぎりセットにパン...色々あるがです。


「ここにしよう!」


ついに決定!この店は少し遠くの街なのですが景色も良いですし、もし朝食に間に合わなくてもお昼は限定メニューもあるらしいですし、見れば見るほど行きたくなったがです!


ところが、朝起きると...ザアザア...


なんと!雨が降っていました。天気予報で確認しても降水確率は50%。おまけに少し寝坊をしてしまったのでまた晴れた日に改めて行くと決めたのでした。...なんだか、がっかりな気分。


けれども気を取り直して、朝食を作ることにした寅子。和食もいいですし、洋食もいい!何にしようかなぁ...少し迷いましたが、今回は、洋食にしました♪


パンをトースターで焼いてバターとジャムを塗ってお皿へ。そのお皿に、サラダと焼いたソーセージをのせました!次に、半熟のゆでたまごを作ります♪お鍋で水を沸騰させると、冷蔵庫に入れた卵を入れて、6分茹でます。茹で終わったら、氷水に3分程つければ、完成!!です。できあがったゆでたまごは、虎竹エッグスタンドに載せればOK。最後に、コーヒーをカップに注いでモーニングセットの完成です!!


朝食を作っている間に、雨が止んだようで窓を開けて食べることにしたんです。雲間から太陽の光が差し込んできて、窓を開けると心地の良い風がサワサワ...と吹いてきます♪


「いただきます~♪」


やっとできた朝食。始めにトーストにかじり付いて、どんどん食べていきます。


「もう、無くなった!トーストお代わりしよう~♪」


次もあっと言う間に食べ終わってしまい、最後にゆでたまごだけが残りました。卵の殻を上部分だけ剥いで小さめのスプーンでいただきます♪


「うん、とろとろ~♪」


どうやら、卵はきちんと半熟の状態になっていました。成功して良かった♪卵の黄身の甘さがなんとも言えません!!エッグスタンドに置くと、たまごが定位置にあるので、奥のとろっとした白身まで綺麗に食べることもできました。


「もう一個、食べよう!」


半熟のゆでたまごが気に入った寅子。続けて、虎竹エッグスタンドへゆでたまごを置きます。同じように卵の上部分の殻を剥ぎますが...今度はスプーンを使いません!!


「うん、これも美味しい♪」


そのまま卵の中身を吸っている訳でもなく、次に使ったのは、スティック状にしたパン!でした。トロトロの黄身をたっぷり♪付けていただきます!パンと黄身の相性がバッチリで、とろっとした食感に、サックとした食感が続いて手が止まりません♪


「あ~満腹♪」


半熟のゆでたまごは特に美味しい♪ので、最後に食べるととても幸せな気持ちになるんです!モーニングを食べには行けなかったけど、家で少し豪華な気分の朝食が食べられて嬉しかったのです♪












| コメント(0) | トラックバック(0)


食物繊維たっぷり♪簡単!ベジタブル丼

2015年4月24日

食物繊維たっぷり♪簡単!ベジタブル丼


「よし!丼ものを作ろう♪」


今日は、家でご飯を作ってみることにしたんです!どんな丼をつくろうかな?親子丼は良く食べるし、カツ丼はトンカツを作る手間がかかるし...。色々と考えあぐねた結果以前テレビで見たことのあった、不思議な!?すりおろしキュウリ丼!が気になったので、さっそく作ることにしたんです。


今回は、すりおろしキュウリだけでは寂しいと思い、他の野菜も入れたベジタブル丼!を作ることにしました。材料は、キュウリに大根、山芋とマグロ♪にご飯。まずは、鬼おろしを取り出して、キュウリをすっていきます。キュウリは、さっと水で洗い、端っこのヘタを取ります。あっという間にざくざくとすれるので、やさしくゆっくりするのが!おすすめです。


「あ、綺麗な緑色♪」


すぐにキュウリがすりおろせました。次に大根!大根は適度な大きさに切って皮を剥ぎ水洗いし、鬼おろしですっていきます。


「楽しい~♪」


鬼の歯でスライスするとざくざく大根がすれて、とても面白いのです!鼻歌♪を歌っている間に、簡単!大根おろしの完成です。最後は山芋!山芋は持つ部分以外を皮で剥いぎます。鬼おろし器をしっかり持って、やや力を入れおろします!竹皿を見ると、すぐに白いヨーグルトのようにとろろができました。


最後に、炊き立てのご飯を丼によそって、とろろ、大根、キュウリ、マグロの順でいれます!見かけが、白、緑、赤と並ぶと、色鮮やか♪仕上げは、ワサビ醤油をかけていただきます!


「うん、さっぱり♪」


キュウリと大根がとてもさっぱりしていました!水気も程よく、野菜の甘みがするのです!とろろとマグロの相性も良く、どの素材も喧嘩せずに美味しくいただけました♪最初、キュウリ丼はそこまで美味しいとは思っていませんでしたが、すりおろすと食べやすくてびっくり!したのです。二日酔いの日や、お腹の調子が悪い時でも食べやすいのだと思います。


食物繊維がたっぷり♪で、野菜のビタミンもそのまま入ってると思うと、体にも優しいですし、野菜たっぷり♪なので食べるだけで、ダイエットにもなりそう!完成までに、30分もかからずに作れたんです!すぐにできてしまう、時短料理なので楽ちん~♪洗い物も沢山ありません!鬼おろしでできる、すりおろしレシピ!まだまだ作れそうです♪












| コメント(0) | トラックバック(0)


1  2  3  4


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.